ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Acid

木木 風格思 – Found Rave Cassette Vol. 1

 木木 風格思 - Found Rave Cassette Vol. 1

 – Tracklist –
 01. hexagonal
 02. moscow
 03. inari
 04. metrik
 05. surplus
 06. kargo
 07. space



 - 06. kargo


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.21
 Label : Sleep Directory

 Keywords : Acid, Ambient, Cassette, IDM, Rave, Retrospective, VaporWave.


+ + + + + +


先日紹介したばかりのレーベル/コレクティヴ、Sleep Directoryより。木木 風格思(何て読むんだ?)の作品がリリースされています。レーベル的には2番目のリリースとうたっているので、前回触れたPambuの“2019”はカウントされていないようですね。

ファウンダーと思しきPambuの作品もポロポロと聴いているのですが、Okkoto / / 돌로にしろ、この木木 風格思にしろ、やっぱり作風、ヴァイブレーションが似ているんですよねえ。Pambuの変名じゃないのかな? まあそこを勘繰ることが今作を聴く上でさして重要なわけではないのですが。

このホームビデオから抜粋されたと思しきワンシーンを使ったジャケットイメージはどうですか。何だか怖いですね。クルッと振り向いたら顔がおかしいんじゃないかという恐怖の予感よりも、私はこの子供の視線の先に何が存在しているのか考えるのが怖いです。何もないし誰もいないのに、“誰か、いる”とか言われたら、たまらなくドッキリします。

と、そんな妄想は置いておいて、今作はモコッとしたVHS/カセット感を漂わせた、ソフトレイヴな作品です。レイヴとはいってもアッパーな調子は皆無で、Okkoto / / 돌로の作品にも通じる不穏な空気を感じさせてくれます。スローモにした(Vaporizedといってもよいのかな)SynthWaveというような感じもします。

この翳りのあるノスタルジアっていうんですかね、ちょっと暗い思い出みたいな、あるいは忘れていた幼少期の凄惨な記憶というか、そういうちょっとダークなイメージが浮かんでくるサウンドで、私大好きなんですよね。スティーヴン・ギャラガーの“戯れる死者”とか思い出しちゃう(正直話は忘れてるんだけどな!イメージですよイメージ)。

妙に音量も抑え目だし、力の抜けた感じがまた、独特のドリーミィなタッチに結びついているように思います。多分感じる人はいるでしょうが、IDM/Electronicaのエッセンスというのもここにはあるんです。それがまた好ましい。ビートはフラットですが、冷たく柔らかいシンセの音色は妙に抒情的に響く瞬間があって、ハッとさせられるのです(M-4の‘inari’とか)。その弱弱しい電子の点滅は、宇宙のどこかにある深い森からひっそりと発信される信号のような。遠くとおくから離れた感傷性が地球に届くころ、時間のズレがきっとレトロに結びつく(何を書いているか自分でもよく分からない)。

Vol. 2も待ってます!


+ + +


Music curation – 木木 風格思.
Album art – 78.0 angel.



VRUMZSSSR – Simple Abstraction [BL_11]

 VRUMZSSSR - Simple Abstraction

 – Tracklist –
 01. Morni
 02. Kawaii Kills
 03. OKeGo
 04. Zato-d
 05. Neo Tokyo Poster
 06. Abstraction



 - 05. Neo Tokyo Poster


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ Last.fm ] / [ mirror ] Download Free!

 Release Date : 2012
 Label : BleepLove

 Keywords : Acid, Chiptune, Electronic, Melodic.


 Related Links :
  ≫ VRUMZSSSR on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on VK (VKontakte) / on PROMODJ


+ + + + + +


ロシアのChiptuneを扱うネットレーベル、BleepLoveより。VRUMZSSSRの作品がフリーでリリースされています。これまでにも同レーベルから複数リリースがありますし、他にも8BittersBurgなどからリリースがあり、活発に活動を行っています。

今作にしても、特に最新作というわけではなく。このジャケット画像に目を奪われたというのが、ピックアップのきっかけになっている。今作の内容を象徴している、というわけでもなさそうだけれど、このセンチメンタルなドット画は実に魅力的だ。夜空の下にそびえたつ、高層ビル群。それに背を向け、アスファルトの道を歩く、一人のガール。それは女子高生でもいいし、OLのお姉さんでもいいし、生活に疲れた主婦でもいいんだけど、彼女のシンプル、質素な服装は、夜空の下に存在する都会の喧騒に背を向けるという、その行動と、シンクロしてはいまいか。長い髪をなびかせ、伏し目がちで、口は堅く結ばれている。顔の半分には影が落ちている。漂うロンリネス。ザ・孤独。極めつけは頭にかぶったヘッドフォンだ。どこにも自分の居場所はない、ここ―ヘッドファンの中だけが安らげるのだといわんばかりに、バカでかいヘッドフォンをかぶる、陰気な顔のガール、たまに見かけませんか? ファッションじゃない、その佇まい。私はそういうガールが気になる。いったいあの娘の両耳の間にはどんな世界が広がっているのかと、逆にこちらが想像にふけってしまう。そこにあるのはもしかしたら、こんなChipsoundかもしれない―

なんて考えながら、今作を聴くのも楽しいかと思うんですが、この作品は彼のサウンドとしては、メロディ、突進力、共に、ちょっと控えめな印象がある。前半がちょっとだけアブストラクトな傾向があるせいだろう。なんとなく流れて行ってしまうのだけれど、’Zato-d’あたりから、メロディとドライヴ感があいまって、本領発揮の展開に。目立つのはリズム面のAcid感ですかね。軽やかではないけれど、ミニマルで連打されるリズムは、勢いがあって、とてもエネルギッシュだ。加えてゲームの破裂音というか爆発音のような、ドカドカ、バスバスしたエフェクトをリズム的に持ち込んでいる節があるので、メロディはPopなのにバックでストレンジなサウンドが乱れ飛んでいるという、なんだかすごくカオティックな音像も持っている。ChipstyleとAcidって、決して離れてはいないと思うんですが、だいたいAcidの方が表に出てきてしまって、Chiptuneのきらびやかな響きを生かしたメロディは、その背後に隠れてしまいがち。なので、こういう形でのドッキングというのは面白く感じます。気になった方は、他の作品にも是非、耳を傾けてみてくださいませ。


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0