ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Beats

ブルックル – discography 2018

 ブルックル - discography 2018 Cover

 – Tracklist –
 01. ひばりが丘 [dvdkm]
 02. im like so desperately social
 03. i dont even say a word
 04. memory…
 05. shes so cute
 06. she controls my emotion
 07. eternity【不安と短い金髪】
 08. me and you (it never works out)
 09. ピンクパラソル
(※私が初めて目にした時よりトラックが増えているので、今後も追加されるのかもしれません)



 - 08. me and you (it never works out)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.01
 Label : Not On Label

 Keywords : Beats, Hip-Hop, Indie, Lo-Fi, Trap, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ ブロックル on SoundCloud / on bandcamp / on YouTube / on Twitter


+ + + + + +


ノスタルジアとグロテスクなイメージはこと私の中ではなぜか結びつきやすい。なぜか。そこに純粋な何かがあるからだろうか。ブルックル(あるいはブロックル)の作品にある、ノスタルジックで、でもグロテスクで(それは主に視覚的な部分による)、無垢なイメージは、私の中できれいに結びつく。そこに違和感はない。

抒情的なピアノの旋律を活かしたBeatsなトラックが主になっているようで、VaporWaveというよりはBeats/Hip-Hopに寄っているような気がします(チキチキビートはTrap経由だろうか)。でもこれまでの作品の中ではもっともVaporWaveに接近しているのかもしれない。nemuri winter系というにはちょっと煙っぽくて、memory cardsに近しいような気もするけれど、あんなにドリーミィではない。M-2なんか十分にドリーミィじゃないかって言われるかもしれないけれど、この日曜日の昼下がりに何もすることがないときの空気みたいな、ダルッとした調子、どちらかというと憂鬱ではあるまいか。M-3にあるような日本語のセリフをサンプリングしたスタイルも珍しくはないけれど、そこから醸される恋愛に関しての思い悩みは多分に思春期的で、やはりそこには無垢なイメージがよく似合う。

リノリウムの床と、ちょっと暗い体育館と、紺色のブレザーを着たあの娘と、いつも晴れない私の気持ち。頬杖ばかりつく机の上。正面玄関、下駄箱の前に植わっていたのはサルビアで、その蜜を吸っていたのは、もっと前の記憶か。懐かしいけれど、特別に楽しくはない記憶が、フワリとよみがえる―明るくもなく、ちょっぴり憂鬱な毎日。それを懐かしく感じさせてくれるのが、音楽の素敵なところ、かもしれない。いつか見ていた景色も、意味のあるものに、思わせてくれる。喜びも、悲しみも、やがて懐かしさに変わる、のか。しかしそこにあった無垢で、それゆえにグロテスクな憧憬はいずこへ――果たしてそれは、懐かしさと共に、蘇る、のか――


intentional.trauma / 君へ恋文



+ + +


 Note :

tracks i released by themselves or on compilations in 2018
please support the people who helped share my music by supporting the tapes im featured in
credits

dvdkm

Some rights reserved. Please refer to individual track pages for license info.



PLAYLIST : 2018.04





 JUST LIKE YOU.



PLAYLIST : 2017.06



 cennetin kapısını kapatır.



PLAYLIST : 2017.05



 どんなにそれが絵空事でも 飛ぶしかない夜





Various Artists – 人間指南

 Various Artists - 人間指南 Cover

– Tracklist –

 01. sususu&56loop – 霓虹過客
 02. LinFeng – Memories Of Reiko
 03. Fantasy Girl 1985 – Musicassette
 04. Goldchild – Feeling Lucky
 05. soulspeak – Aliens Born Chinese
 06. Fcyco – 颈椎病植入DNA1999
 07. Radiax – Touch
 08. Zean – Make It
 09. JoyGInger – Battle
 10. Lofimaker – Black Or White (LOFIMAKER Remix)
 11. Ops.7 – Schizophrenia



 - 03. Fantasy Girl 1985 – Musicassette


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.04.24
 Label : Babel Records

 Keywords : Beats, Future, Hip-Hop, Neo-Soul, SynthWave, Urban, 90s.


+ + + + + +


中国は北京のレーベル、Babel Recordsより。2016年の“夏日賓館”に続くコンピレーション“人間指南”がリリースされています。

世界のシーンすら見えていない私に中国のシーンなど分かるはずもありませんが、調べてみると、どのトラックメイカーもこの界隈のレーベルと何かしらの形で関わりがあるようで、色々なところで名前を見ることができます。ただ惜しむらくはそうやって調べないと情報にたどり着けないところ、でしょうか。どうもあまり対外的な活動をみなさん行っていないようで、各トラックメイカーのSoundCloudを覗いても、必ずしも今作への収録トラックが公開されているわけでもなし、リリース情報が掲載されているわけでもなし。それをいったら、そう、レーベル側からアーティストのネットスペース―何がしかのアカウントへのリンクも貼られていないようだ。だからこそ穿り返すことの楽しみもあるわけだが・・・もう少しオープンでもよろしいのではあるまいか。などと考える。

そう思うのは今作が積極的に耳を傾けるに値する、素敵な作品だからです。90年代のPop musicをビンテージなアナログトーンでもってサンプリング、というのが今作にある一定の方向性のようで、これによって90年代の中国を未来的に再形成する、描いて見せる、というのが、意図としてあるようです。

何の基盤も持たない私はサンプリングソースについてはもちろん、“ビンテージなアナログトーン”についても具体的な言及できないわけですが、おっとそう、今作はまあHip-Hopと言える作品になっておりまして、どの作品もメロディを使っていて、そこにモコッとした楽器音が入ってくることで煤けたセピアなカラーを塗りながら、それでいてシンセサイズな電子音をぶつけてきたりもするので、まさにレトロフューチャリスティックな過去から見た未来が描かれているような。たとえば90年代の中国の在り方―政治や経済などがどのような状態であったのか、そこと関連づけて今作を聴いたり論じたりするのも楽しみ方の一つかと思うので、興味のある方、そしてできそうな方は是非やってみてください。

どのトラックもみんなフックがあって良いんですが、最も好きなのはM-3‘Musicassette’です。SynthWave meets Hip-Hopっていうか、ちょっとChiptuneっぽい響きもあって、経済成長の時代に夢見たロマンチックな未来、その都市の夜景、みたいな(その未来は今ではないのだろうけれど)。けれどFantasy Girl 1985の素性がつかめない。ほかの作品でも出てくる名前なのですが、レーベル、チャンネル、コレクティヴ、あるいはプロデューサーのチームのような、複数名の集合体なのでしょうか。

Michael Jacksonの‘Black or White’を使ったM-10も面白いですね。どことなくオリエンタルなフレーズを挿入したり、原曲のエモーショナルな歌唱が生かされていて、肉体性もあり、作中でも異色(というよりRemixとなっているから他トラックとは毛色が違うのは当然なのかもしれない)。

他トラックメイカーもなかなか名前を拝見したことのない方が多かったので、せっかくなので他作品からのトラックも―



 - sususu;Cattzim – sweet​,​sweet tone (from “Before Midnight”)



 - ​VISUDY;阿克江 – Seaside Motel​ (from “夏日賓館”)


+ + +


 Note :

以未来之声重塑一个八九十年代的中国场景为主题,来自北京的电子厂牌BabelRecords在4月末发行了一张令人瞩目的复古合集《人间指南》,这是自去年的《夏日宾馆》后他们再次高调发声。
Reshaping a 90’s Chinese scene with a futuristic vibe, Babel Records has just released a compilation full of vintage elements —‘人間指南’. The collection of tracks makes a strong follow-up to their previous compilation ‘Hotel Summer’ released in 2016.

整张专辑中,12首作品都融入自己的思考,采样90年代流行金曲或者运用你熟悉的模拟音色,让回到过去的思维与身处当下的空间感相互融合,重塑一个充满矛盾的复古又未来的八九年代中国场景。

The tracks of this compilation have a sonic coherence. sampling 90s’ pop music with vintage analog tones. Let your mind intermingle with time and space, and reshape a space which full of the contradictions of 90s’ China.

Cover Art by Lofimaker & 重型燈



PLAYLIST : 2017.03






 This world is but a canvas to our imaginations.





honda civic & heaven chord – sunlit ridge {ep}

 honda civic & heaven chord - sunlit ridge {ep}

 – Tracklist –
 01. antique
 02. subtitle
 03. sunlit ridge
 04. shadow sketch
 05. into color



 - 01. antique


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.11.10
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beats, Downtempo, Dream, Electronica, IDM, Melodic, VHS.


 Related Links :
  ≫ honda civic on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter
  ≫ heaven chord on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


水道の蛇口から漏れる水滴の音も、かしましい井戸端話も、仕事を告げる電話の呼び出し音も、すべてはここでは無視することが許される。いやここにはそもそも入り込んでこない。入り込ませないことが許される。昔は夜眠れないときに、今この瞬間だけは何も考えずに、眠っていいのだと、いいんだと、自分に言い聞かせたりしていたけれど、それと似たような感覚、に襲われた。曖昧な、ぼやけた調子の、答えのない、だからこその、心地よさ。すべての厄介ごと―ストレスを、ハッキリと認識せずに、自分からは遠ざけて、安心する。ただ少し、懐かしいような、いや、ここにある乳白色の(やはり曖昧な)スクリーンの中に、自分が拠り所にしているいつかの記憶、というやつを、いつかのシーンを繰り返し、再放送して、ただそこで、やはり曖昧にされた答えに可能性を持たせ、自分自身を慰め、安心させる。精神世界の桃源郷。

主体はhonda civicのようだけれど、heaven chord自身もトラックメイカーとして活躍しており、自身のbandcampで作品を公開している(こちらも素敵だ)。粒子の荒い、ざらついた、それでいてゆるやかに動くレイヤー。VHSなノスタルジア感。強くはないが確かなメロディ。Hip-Hop/Beats感のあるDowntempoなリズム。私はElectronica/IDMとして聴いているけれど、人によってはHip-Hop/Beatsの文脈で聴くかもしれない。実際honda civicはビートテープも公開しているけれど、どちらの畑なのか、ということはよく分からない。しかしこの、スムースになりすぎることもなく(つまり鼻につかない)、ビートが耳に障ることもなく(つまり押しつけがましくない)、夢幻の心地よさだけをフンワリと残すこのバランス感覚は、まことに見事。

この作品においてはheaven chordとのコラボレーションが行われているけれど、たとえば“coexistence”ではlight blending inと一緒にやっていたり、derrick boogarretttile kidなどを招いたトラックもある。またheaven chordはheaven chordで、Nozu-Dethvalenceや、Orchidsevrynseng°meta angelsave me、そのほか複数のトラックメイカーとの共演がある。そしてさらには、それらトラックメイカーの間でまた別のつながり、コラボレーションがあったりするのだけれど、特にコレクティヴのようなまとまりを作っているわけでもなさそうで、それぞれがそれぞれに作品を公開している。スタイルに若干の違いはあれど、みんな幻想的で夢見心地な作品を作っていて、すべて辿ろうと、聴こうと思ったら、なかなかに終わりが見えず、それはそれで非常に楽しみ。今作を聴いて興味を持った方は、そんな沼にハマってみるのもいかかでしょうか。

下にいくつか―



 - honda civic & light blending in – belonging (from “coexistence”)



 - derrick boo – restless (from “restless ep”)



 - save me – hy w/ seng°