ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Dark

Omega Sapien – New Intelligence [TKX-400]

 Omega Sapien - New Intelligence [TKX-400]  Cover

 – Tracklist –
 01. Drifts
 02. Evolution
 03. Stalker
 04. Above All Others
 05. Proud Dystopia
 06. Ruins (ft. Sangam)



 - 02. Evolution


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.10.26
 Label : TKX

 Keywords : Ambient, Creature, Cyberpunk, Dark, Haunting, Space-age.


 Related Links :
  ≫ Omega Sapien on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


東京為替がリブランディング(商標変更とはよくいったもんだ)後のTKXよりリリースされた記念すべきカタログ番号400番。

醜く、まがまがしく、それでいて厳かで神々しい空間。Hauntingで思わせぶりな、つまり雰囲気たっぷりのDark Ambient/Drone作品。そのさまはまるでクトゥルフ神話(いや前にも書いたように私はファンではないけれども)。

サウンドトラック的な佇まいで全編行くのかと思いきや、Techno~Hard Vaporなアプローチも見せる中盤~後半部に意表を突かれる。シンセチックなレイヤー(ジョン・カーペンターみたいだ)や、マシーナリーなビートから漂いくる、Space-age、サイバネティクスのヴィジョン。そこにある性急さが不安を駆りたてる。宇宙時代に太古の遺跡に眠るアンノウンな存在から逃げまどう未来人はあまりにも無力で。シネマティックでIndustrialな‘Proud Dystopia’で、なすすべない圧倒的存在の気配を感じさせて(決して姿は見せないのだ。それが恐怖をあおる)、ラストの‘Ruins’では抒情的なフレーズで以て、破壊後の悲哀を漂わせる。

何ら新しいことってのはないのかもしれないけれど、ここにある、ここで見せるイメージが私はとても好きです。初聴きで思い出したビデオゲームがあって、それがセガ・サターンや、PlayStationなどの(あの頃の)次世代ゲーム機用のソフト、“Creature Shock”なのです(懐かしいなオイ)。確か中古で買ったけど難易度激高で結局かなり序盤で挫折した記憶がありますネ・・・。同じような設定だと“ENEMY ZERO”も思いつくんだけど、そっちじゃあないんですよね。

で、どんなゲームかって気になるでしょう? 以下に貼りますよ。この絶妙なノスタルジアと(私にとって謎なまま終わっているが故の)アンノウンなところが、今作と共振するんだろうな。そしてその辺りが、やはりVaporWaveの何たるかと通底しているようにも思う。その絶妙なさじ加減、バランス感覚はさすがのTKXというべきか。ジャケットデザインもグッド。



+ + +


 Note :

Artwork by @baojiaxiang www.instagram.com/baojiaxiang/

“Thick limbs, disproportionately small thorax, hairs sprout out of the skin like weeds in a desert. That repulsive odor.
Keeping us chained, leaching, a parasite. Sucking the life blood out of us, blinded by their own instinct. That same blindness, their achilles heel.
They destroyed themselves like they destroyed us, it was only a matter of time until the next rose from their ashes. The new intelligence nestled in their ruins.”



전자와 혈액 – 육지

 전자와 혈액 - 육지 Cover

 – Tracklist –
 01. 지난 달
 02. 한밤중
 03. 월광
 04. 위성
 05. 오아시스


+ + +


 Release Page Deleted!

 Release Date : 2016.11.04
 Label : Crypticorps

 Keywords : Ambient, Dark, Electronic, Industrial, Oriental, VaporWave.


+ + + + + +


イギリスのレーベル/コレクティヴと思しきCrypticorps。調べてもちょっと情報が出てこなくて、SoundCloudもFacebookもTwitterもないのだろうか、なかなかの潔さ。誰かの名義だろうかとも考えたが、空隙の作品のリリースなどもあり、その可能性も考えにくい。

作り手の전자와 혈액に関しても同様に情報はない。名義は韓国語で、訳すなら“電子と血液”となるようであり、かつて“electronicsandblood”というアカウントでbandcampが存在したようだが、それも今はない。横のつながりのようなものも、今のところ見受けられない(私のサーチ力のなさというところもあるかもしれないが)。唯一今作に関してはコラボレーションの相手として、Herculesという名のトラックメイカーが表記されていて、彼/彼女のbandcampへとはたどり着ける。一旦はそこで行き止まりに思えたが、Herculusは空隙とコラボレーションした過去もあり(“Tormenta Oscura”)、かつてNinety/총/Fiveという名義を使っていたことが分かる。しかし現在はHerculusというひとつの名義に統一されているようで、そこから先へはやはり進めなかった。

というのはちょっと脇道に入り込み過ぎている気がしなくもありませんが、作品に関して書くと、今作はVaporWave以降に位置づけられるかもしれません。たぶんもともとはそっちの人ではないような気がします。VHS感やモコッとしたウェットな質感は感じられますが、料理でいうなら使われている素材が違うというか、調味料が違うというか、“らしくない”聴き心地なのです。いきなりショッキングなのが、Dark Ambientな空気とOrientalな旋律、重金属なビートが合体した‘한밤중’。VaporWave/Industrialってのはまあ珍しくないと思いますが、このOriental感が新鮮です。ドラムはしかしエコーイックではなくて、とがった輪郭で以て鼓膜をビリビリと刺激するのです。ウェット・アンド・ドライな触感は、まるでサクサクパイとトロ~リシチューが合体したポットパイみたいな(なんか例えが上手くない気もするが許してください)。

その流れを引き継いだ‘월광’は、重厚さは共通しながらも、“らしい”トラックに。Wavyなシンセとエコーイックなドラムの7分間。続くトラック‘위성’ も重々しいのですが、ドラムが徐々にフェイドアウトして、スローモでシネマティックなサウンドスケープへと変化していく個所があって、この辺がHerculesっぽい気もします。Herculusもヘンテコなトラックの作り手でして、Orientalな音色やOrchestral/Classicalな意匠でシネマティックな空間を作りながら、そこにBreakcore/Industrialな破壊的リズムを持ち込んだり、かと思えばLow-bitでファニーなメロディを鳴らしたり、ビデオゲームからのヴォイスサンプルを突っ込んできたり、唐突に無邪気な側面を見せたりする(その混乱具合はサンプルに由来するのかもしれないが)。お勧めするなら現時点での最新作“Hajimashite”(5トラックで5分にも満たない!)か、“Colossus”(deleted)。せっかくなので1曲―



 - Cathedral (from “Hajimashite”)

なんだかHerculusの紹介みたいになってきましたが、話を전자와 혈액に。そう上に書いたように、“전자와 혈액”の和訳は“電子と血液”という言葉になりますが、これが言い得て妙だと思うわけです。一見相容れなさそうなものが、同居しているこの不思議な空間。面白い作品だと思います。VHS感漂うジャケット画像もよい感じ。モノクロ画像に毒々しい赤。不吉な哀愁とでもいうか。ああそれは、ラストのトラック―鳴りはAcousticなんだけど、たぶん極端にスローにしてるんでしょう、ブヨブヨしてて、寝起きの意識みたいなもどかしい気だるさ―にピッタリあてはまる気がする。


+ + +


collab with hercules-antaeus.bandcamp.com



わたしのココ – hue drone

 わたしのココ - hue drone

 – Tracklist –
 01. wh
 02. tmk
 03. r15
 04. char
 05. omatsuri
 06. r4-2
 07. k11
 08. 2
 09. scanal
 10. k6
 11. atair
 12. aocma
 13. r12
 14. canon
 15. kj
 16. eien
 17. k15
 18. odom
 19. 7
 20. yuurei



 - 02. tmk



 - 07. k11



 - 16. eien


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2016.02.14
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, Ambient, Dark, Dream, Drone, Techno.


 Related Links :
  ≫ わたしのココ on Last.fm / on bandcamp / on YouTube


+ + + + + +


ななめ上からきた! きてしまった! 以前に“落穂拾い2010​-​2013”(あえなくデリート! 残念)を紹介しましたが、そのときに私は何と書いただろう。“これ以降、どんな方向に舵を切るのか分かりませんが、私個人としてはこの路線が続くとうれしいなあって、素直にそう思います。”と、そう書いています。だが全然そうはこなかった! “そう”ってどうなの?って話ですが、それは前の記事を読んでもらえばよいんですが、簡潔に言うと、ジェイポッピーなサウンドと、“つらいこともあったけど今は何とか元気にやってます”な歌詞が、すごく励まし(慰めじゃなくて)を与えてくれる、とても風通しの良い、清々しい作品だったのです(実際コンピレーション的なニュアンスが強かったようですが)。

ところが今作はどうだ。まさかのAmbient作品になっている! しかもダークだ! ビックリした! 歌すらほとんど入っていない。色のない空間、息苦しい圧迫感、徐々に心を蝕んでくる不安感、それはさながら精神世界の迷宮のよう。そういった世界を舞台にした映画やゲームのBGMにすらなりそうな、そんな感想を持ちました。

確かにそういった鬱屈した音像っていうのは、もともと持っていた要素だし、まったくこういったサウンドのエッセンスがこれまでに見られなかったわけではありません。Ambient, Dark。できる限り耳を通してみた中では、kessonshoujo名義でリリースされている“An-Min”が一番近しいサウンドではないかと思います(実際タイトル違いで重なってるトラックもあります!)。しかし今作の方がトラック数も増え、よりその路線は強化されている。不安な中にも不思議な聴き心地があって、何だろうって考えたら、どこかドリーミィなところなんですよ。不安なのにドリーミィってどういうことだよって思われるかもしれませんが、たとえばAphex Twinの“Selected Ambient Works Volume II”とか“Drukqs”っていえば、伝わりますでしょうか。実際今作ではときおりピアノの小品が差し挟まれていて、これがまたほかのトラックとの対比もあるんでしょう、たいそう抒情的なものになっていて、自然と“Drukqs”を想起したのも確かです。

今作を一言でいうなら、“不安な夢”ってのがピッタリくるわけですが、たとえばデビッド・クローネンバーグの映画が内臓感覚といわれることがありますが、聴いているとどこかグロテスクな映像がイメージされてくるという部分では、今作も内臓感覚を内包しているような気がします。まあこちらは音楽ですけれど、でも私は音楽で内臓感覚を生じたことがなくて、強いていえばNine Inch Nails(NIN)くらいなのです(でもあれもビデオの映像によるところが大きいのかもしれない)。そういえばNINのキャリアの中でも、ときおり“Still”や“Ghosts I-IV”というインストゥルメンタルのアルバムがリリースされているけれど、これまたなんとなく、今作にはそこに重なるイメージを抱いてしまったのです(ホントにちなみにだけど、“Still”は当初ライヴアルバム“And All That Could Have Been”のボーナスCD扱いだったのです。のちに単体で発売もされますが。きわめて評価が高い作品です)。

こんなように、人を不安にさせるアルバムを作れるってことは、当然ながら本人の中にそういった不安というかメンタリティがあり、それが見事に音像化されているということだと、私は思うんです。浮世の不安と、浮世を離れること(拡大解釈すると“死”)に対する憧憬というか恍惚というか、それらが表裏一体、背中合わせになって、ここに存在している、ように感じたのです。そしてそれは言うまでもなく、これまでのわたしのココの作品にも内包されていた要素なわけで。それがDarkなAmbient、Drone、Techno的なサウンドになって表面化しただけで、確かに根底にあるものは何も変わっていない。より抽象性が強いかもしれないけれど、しかしわけのわからない、モヤモヤとした不安のようなものは、だからこそ、よりハッキリと、描かれているのかもしれません。しかしそんなことより何より、私は“落穂拾い2010​-​2013”からのふり幅のデカさにビックリ笑いを発してしまった。

しかしこのジャケットイメージなんだろう、最初見たときはブラウン管に吸盤が現れているのかと思ったけれど、よく見たら向こうに車が見えるので、電車とかバスとかの窓に目玉、眼球がへばりついているシーンなのかもしれない。いずれにせよ、やはり先に書いたような、不安感、内臓感覚(ブヨブヨとした不快感)といったグロテスクな精神世界に結びついていく。とてもよいジャケットイメージだと思います。今作、完全フリーですし、欲しい人は今の内に手に入れておくべきですよ! さあ! 

あと、個人的にはM-5の‘omatsuri’が好き。重苦しい空間の向こうから、かすかに、でも確かに聴こえてくる祭囃子のメロディが、とてもスウィートな、向こう側の世界を呼び起こすのです、私の頭の中に。ノスタルジアと死が結びつくような。真夜中の散歩道。遠のいていく現実感覚。

下にあるのは、NINの“Still”収録曲。せっかくだから、貼ってもよいでしょうか。共振するもの、伝わるでしょうか―


+ + +


Nine Inch Nails – Adrift And At Peace, The Persistence Of Loss




TREEREFLECTION – OVERCAST [BLCR – 0028]

 TREEREFLECTION - OVERCAST [BLCR - 0028]

 – Tracklist –
 01. MORNING
 02. AWAKE IN THE SLEEP
 03. WET
 04. BODY WITHOUT A SOUL
 05. ESSENCE
 06. LAST BLOOM
 07. I AM (FEAT. PLAYA DEL ANKH)



 - 03. WET


+ + +


 Release Page Download Free! * = pay what you wish.) :
  ≫ [ main* ] / [ MEGA

 Release Date : 2016.02.25
 Label : Bloody Carpet

 Keywords : Ambient, Beats, Dark, Drone, Nature, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ TREEREFLECTION (a.k.a. 木の反射) on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ PEGA (a.k.a. PEGA速力) on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


苔むした樹木の表面を映したこのジャケットイメージに惹かれたわけですが、よくアーティスト名を見てみると、TREEREFLECTIONとある。TREEREFLECTION? 直訳すればTREE = 木、REFLECTION = 反射。どこかで見た名前ではないかと思って、リリースページにあるSoundCloudへのリンクをたどると、その先でたどり着いたのは、やはり“木の反射”のbandcampであった。そして彼―木の反射が2015年末に2作目にあたる“Body [Disc II]”をリリースしていたことも知ったわけですが(ついでにいえば、同時期にNo Problema Tapesから、1作目と2作目を合わせた“Body [Disc I] + [Disc II]”を、カセットテープでリリースしている。デジタルフォーマットでも入手可能) 、そちらは前作を踏襲したNewAge~Orientalなフィーリングを持ったmeditativeなAmbient/VaporWaveになっていました。

おそらくそのあとに名義を“木の反射”から“TREEREFLECTION”に変更したのではないかと思うのですが、もしかしたら今後も使い分けていくのかもしれません。木の反射はもともと“PEGA速力”(現在は“PEGA”)として、Smooth JazzやLounge、AORの要素が強い、ストレートなMallsoft/VaporWave作品を作り続けていましたが(今も続けてます)、その一方で木の反射名義で、VaporWaveの手法を利用したAmbient作品を作ってきたわけで、ここにきて名前を変えるということが、果たして何らかの意味を持っているのだろうかと、考えてしまったわけですが、とりあえず聴いてみると、これがまたPEGAとも木の反射とも違っていたのです。おそらく何の手がかりもなければ、同じ人物が作ったとは見抜けなかったでしょう私。

Dark Ambient~Beats musicを感じさせる、非常に暗い作風になっています。ジャケットイメージやタグからもおそらくは自然をイメージしていると思われますが―森でしょう―、なるほど確かに、鬱蒼と樹木が茂る暗い森を音像化したような聴き心地。厳かな雰囲気も持った、Droningされたレイヤーは、森に立ち込める白いミストのよう。M-2‘AWAKE IN THE SLEEP’などは、あるかなしかの人声(ささやくような)がミストの向こうから聴こえてくるような、絶妙なエフェクトがほどこされていて、ミスティックなイメージを描くことに成功しています。

そんなダークなイメージを持つ流れの中で、異彩を放つのが、M-3‘WET’やM-7‘I AM (FEAT. PLAYA DEL ANKH)’、前者はAphex Twinの“Selected Ambient Works Volume II”にも通じるような涅槃を見せるAmbient/Drone、後者はDeepでコズミックなレイヤーの立ち上がりから、やがてエモーショナルなギターが鳴きはじめ、けれどそれはVaporWaveの音作りとはどうやら違うように感じられるという、意表を突くトラック。

M-4‘BODY WITHOUT A SOUL’にしても雨音と振動するビートの合体であったり、M-5‘ESSENCE’やM-6‘LAST BLOOM’も、変調するシンセレイヤーの滞留が神秘的でありながらも仄暗いシーンを演出するなどしていて、これまでの作品では見せていなかった部分を如実に感じることができます。そう考えると、名義の変更というのがやはり作風の変化と結びついていると捉えることもできますが、果たしてこれから先も今作のような作風で通すのか否か、気になるところですが、そこは要注目ということで。



Old Village – Infinito [TFR578]

 Old Village - Infinito [TFR578]

 – Tracklist –
 01. Da Ancestralidade ao Infinito (Ancestry of Infinity)
 02. Na Rota do Espanto (On the Route of Astonishment)
 03. Encantos Perdidos (Lost Charms)
 04. O Despertar das Estrelas (The Awakening of the Stars)
 05. Destino (Destiny)
 06. Abyss (Abyss)
 07. Aislin (Aislin)
 08. Passagem por Sagittarius A (The Passage Through Sagittarius)
 09. O Findar dos Tempos (The End of Time)
 10. Canção das Bruxas (Witches Song)
 11. Mar Antigo (Old Sea)



 - 02. Na Rota do Espanto (On the Route of Astonishment)


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror1 ] / [ mirror2 ] / [ Download RAR ] Free!

 Release Date : 2012.11.20
 Label : Torn Flesh Records

 Keywords : Ambient, Ancient, Dark, Folk, Heathen, Melancholy.


 Related Links :
  ≫ Old Village
  ≫ Old Village on Last.fm / on Facebook / on REVERBNATION / on YouTube


+ + + + + +


ポートランドのネットレーベル、Torn Flesh Recordsより。Old Villageの作品がフリーでリリースされています。Old VillageはJoao Ribeiroのソロ・プロジェクトですが、そのときどきでゲストを招きいれて作品を作っているようで、彼を核としたユニットと捉えるべきでしょうか。今作のオリジナルのリリースは2010年、これよりあとにも他の作品がリリースされているので、完全な新作というわけではありません。

Neo-Folkという言葉で紹介されたりもしているのだけど、正直その言葉の何たるかを私は知らない。 そしてこの作品は、リリースページにある、”influenced by legends, folklore, beliefs, landscapes, cosmos and visions of lost worlds.”という言葉で、いくらか形容されうる。およそ音楽のジャンル/カテゴリを指し示す言葉ではないのだけれど、不思議とこの言葉たちは、彼の音楽から得られるフィーリングを、われわれに想像させる。

全編で印象的に用いられている、チェンバロ(ハープシコード)、ないしはそれに類似した電子音。なぜかしら、中世の時代に対する漠としたイメージが、頭の中に立ち上がってくる。ピアノや重々しいストリングスなどのクラシカルなサウンドと、Doomyなリズムや呪術的声部といったDarkな要素、そしてElectronicなAmbience。これらが融合して、電子的な響きも多分にもった、Dark Ambient、メランコリックなElectronic musicが作り上げられている。冒頭から挿入されている雨の音、あるいは中途で聴こえてくるカエルやカラスの鳴き声などが、陰鬱、不吉なイメージを掻き立てる。外部から隔絶された、ひなびた村。古来から残る因習。崩れかけた、物言わぬ神殿。毎夜ささげられる祈り。松明の灯りと行進。異教、あるいは先史時代の宗教のような、ミステリアスなイメージ。そこにはどこかロマンがあるように感じられる。

‘秘められた暗さ’とでもいうやつが全編から放射されているのだけど、それ一色ではないところがまた今作の魅力ではなかろうか。たとえばM-3やM-7には陽性の力があるように思う。暗い風景の中で放たれる一筋の光は、救いを示しているのだろうか。特にM-3は、やわらかいAmbienceの中をピアノの旋律が流れていく、ドリーミィなトラックになっていて、短いながら、異彩を放っている(タイトルの’Lost Charms’は何を示しているのか)。このような暗くメランコリックなサウンドを好み、自らの世界観とする一方で、そのような光あるトラックもまた作り出せる、その二面性に、彼の個性を感じる。格別メロディに富んでいるというわけではなくて、過去の作品にまたがっても、似通ったフレーズは散見される。それをプラスに評価するかマイナスに評価するかは分かれるところだろうけれど、まずは、そのサウンドの一貫性、強固な世界観には恐れ入る。

今作の前にも同レーベルから”Temores Lendas e Tradições”がリリースされていますし、他にも複数のリリースがあります(彼のHomepageからダウンロード可能)。おススメするならその”Temores Lendas e Tradições”か今作といったところだが、’AncientなAmbient music’といった観点からいうと、今作に軍配が上がる(前者はElectronicなタッチが強く、Ancientなフィーリングが今作に比べて損なわれているように思う)。というわけで、今作は現時点で、彼の作品の中では最も完成度が高いのではなかろうか。アルバム全体で、一つの強固な世界が構築されている。


+ + +


(CC)  by - nc - nd 3.0