ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Deep

mLaD3n° – UNKNOWN ISLAND [012]

 mLaD3n° - UNKNOWN ISLAND

 – Tracklist –
 01. #_Q
 02. !ERR
 03. (G
 04. )()()()()
 05. “¤{{ DD
 06. SS=W
 07. E#!.-



 - 02. !ERR


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.20
 Label : TV FEH

 Keywords : Ambient, Deep, Future City, Underwater, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ mLaD3n° on bandcamp


+ + + + + +


小さいころ、自分が雨の日を好きだったのは、それが外に出なくてよい口実になっていたから、かもしれない。“雨降ってるし”、という言い分。“お腹が痛い”とか“熱がある”とかと同じ理屈なんだろう。そうやって自分だけの空間、時間に逃げ込むことで、安心を手に入れていたのだろう。当然、大人になればそんな理屈は通りにくくなるし、それと合わせるように私は雨の日が嫌いになってきた。

今の私がたびたび逃げ込むのは深海、海中のイメージだ。その人知の及ばない神秘的なイメージに惹かれている人は多くいるだろう。そのある種の異世界は現実から自分を切り離し、身を沈めるのに打ってつけではある。しかし実際深海まで潜れるわけもないし、よしんば潜ったところで怖すぎるので(ワガママだ)、私が好むのはあくまでイメージに留まっている。

そう、水族館もその異世界感に近しいものを醸しているけれど、しかし周りに第三者がいるという時点で、少なからず現実は残ってしまう。・・・そういえば、自分の身の回りに水族館の年間パスを持っている人がチラホラといて驚いたことがあるが、案外その事実に潜んでいるのは、現実とは異なる世界を欲する心なのかもしれない。なんて。

深海や水中のイメージといえば、それをコンセプトにしたビデオゲームも存在する。“アクアノートの休日”…は、プレイしてないな。PSの“DEPTH”はよくやった。



最近だと“ABZÛ”が記憶に新しい。スリリングな側面もあるけれど、プレイヤーがデッドすることはないし、総じてリラクシンだ。独特のグラフィックも美しく、魅力的。



あとは“SOMA”もある。深海探索SFホラーアドベンチャーであるけれど、ストーリーは自己の在り方を問うような、悩ましいものになっている。ラストに待つ希望と絶望のコントラストに何を感じるかは人それぞれでしょう。これは恐怖も孕んではいるが、神秘的な世界観がもつ没入感は極めて強い。



と、遠回りをしていますが、音楽の存在を忘れてはいけません。水族館やビデオゲームも結構ですが、深海や水中のイメージをもった音楽も古今東西たくさんあるでしょう。いつも挙げるのは深海Dark Ambientの傑作、Nubiferousの“Behind The Megalithic Walls”ですが、ベクトルは異なりながらもこの“UNKNOWN ISLAND”もかなりの深海、水中感でもって、私を包み込んできます。没入。Discogsなんかでみると、アーティスト名がUNKNOWN ISLANDとなっていますし、レーベル側ではレーベル名のTHE FEHとなっているんですが、mLaD3n°のbandcampからもリリースされているので、ここではmLaD3n°名義にしております。

“UNKNOWN ISLAND”というよりは、個人的には海中に建設されたドームの中にある未来都市といったイメージです。ドームの天井に映されるのは架空の空。絶対的に地上とは何かが違っていて。そこにある悲しみやミステリーの気配。深海の閉塞感と同居する、奇妙な安心感。いいですね。頭の中に広がる世界。没入。M-2とか水中での目覚めみたいな、不思議なサウンド。音の揺らぎは水中を、鳥のさえずりが朝の訪れを、告げる。幻想的です。作中では長尺のM-6もよい水中感。鼓動と同期するようなリズムと、スローな音の波と、わずかな電子感。深海でパワースーツ着て機械端末いじってる光景。少し危険、みたいな。

mLaD3n°はTV FEHを基盤にして多くの名義を使って作品をリリースしている様子なので、気になった方はぜひ他の作品もチェックしてみてください。同名義の“(専用イダ)”も好きです。


+ + +


 Note :

SECRETS INSIDE THE CITY
UNKOWN ISLAND
RESORT



School Of Crystal Healing – Lightworkers Delight [TNRFREE010]

 School Of Crystal Healing - Lightworkers Delight [TNRFREE010] Cover

 – Tracklist –
 01. Influx
 02. Boutique Sternway
 03. Parallax Oasis
 04. Seven Stages Of Empathy
 05. Lavender
 06. Cherry Blossom
 07. Lonely Planet
 08. Fruity Loom



 - 05. Lavender


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ Ektoplazm ] / [ Troll N’ Roll Records* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2016.06.18
 Label : Troll N’ Roll Records

 Keywords : Ambient, Deep, Downtempo, Drone, Meditation.


 Related Links :
  ≫ School Of Crystal Healing on Facebook / on SoundCloud

  ≫ Gubbology on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


Troll N’ Roll Recordsというと(ちなみにスウェーデンのレーベルだ)、コテコテのトランス・ミュージックばかりだと思っていたのだけれど。それは私の勝手な思い込みだったようだ。レーベルでもありトランス・ミュージック全般のポータルサイトでもあるEktoplazmからもリリースされている今作は、実に私好みの、DeepなAmbient、あるいはDrone作品だった。

Gubbologyの名前でも活動するOlof Ejstesのもう一つの顔が、このSchool Of Crystal Healingで、2012年には同レーベルから“Form And Frequency”をリリースしている。そちらも今作に負けず劣らずよい作品なのだけれど、私の中ではこちら“Lightworkers Delight”に軍配が上がる。

それはおそらく今作の方がメロディに寄っているからだろう。Ambient/Droneの趣が強い作品について述べる言葉としては語弊があるかもしれないが、総じて聴きやすい。シンセティックな音色で作られる、ドローニングなレイヤーの起伏、またそのかすかな瞬きは、森林(あえて深林と書いてもいい)、あるいは深海のような、ディープ、深遠なイメージへと私をいざなう。この手の音楽だと、一本調子のように誤解されるかもしれないが、なかなかどうして各トラックはバラエティに富んでいて、そのこともやはり聴きやすさに結びついている―複数のレイヤーが絡み合うような音作りや、また鳥や獣の鳴き声、水音のような環境音を差し挟んだりといった細かい演出、さらには和楽器の音色やDowntempo的なリズムを用いたりと、Ambient/Droneで一本筋を通しながらも、そこになされる肉付けは多種多様になっている。

その結果、聴取感についても、トランシー、サイケデリックなものから、ドリーミィ、メディテイティヴなものまで幅広く、この一作でさまざまな効用、効能を得ることができる。トランス一直線なものは敬遠しがちな私が耳をひかれている理由も、やはりその辺りにあるのだろうと思う。どのトラックも好きなのだけれど、フェイバリットを挙げるのであれば、M-5‘Lavender’―この浮遊感、望郷感たるや、背後にたなびくスペーシーなオーラもいい、そして順番は前後するがM-4‘Seven Stages Of Empathy’―冒頭から続くシンギングボウルみたいな断続的な持続音がやたらとトランシーなくせに、そこに絡んでくるのが優美でエモーショナル、抒情的なシンセメロディっていう、この不思議な組み合わせ。そしてやがては冒頭のエスニックなイメージに回帰していくのだけれど、そのめくるめく精神世界的なイメージが好き。


+ + +


(CC) by – nc – nd 4.0



s a k i 夢 – 虹色[PS_29]

 s a k i 夢 - 虹色[PS_29]

 – Tracklist –
 01. 混乱しました
 02. 水中カリンバ
 03. 赤と緑 / 虹色
 04. ダブルテール



 - 01. 混乱しました


+ + +


 Release Page Download Free! * = pay what you wish.) :
 ≫ [ main* ] / [ mirror ] 

 Release Date : 2016.05.20
 Label : Pizzabox Society

 Keywords : Ambient, Deep, Fish, IDM, Techno, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ s a k i 夢 on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter

  ≫ Kai Beckman


+ + + + + +


アメリカはカリフォルニア州のレーベル、Pizzabox Societyより。fishvaporを標榜するs a k i 夢の作品がリリースされています。本体は(おそらく)Kai Beckman。もともと“魚の音楽”と銘打って多くの作品をリリースしてきていますが、そこから派生してのサイドプロジェクトになっているようです。コンセプト的には、ペットの魚がみる夢、という形になっているようで、他の作品においても彼(fish)のモノローグのような短文が付されています。

今作はs a k i 夢としては“夢の中で失われました”、“ノヴァーリス”に続く3つめの作品となっています。“ノヴァーリス”から始まった“水族館 series”のpart2にもなっています。音楽っていうのはやっぱり空間を形作る大きな要素になり得るので、空間演出の目的で使われることが多くありますが、当然水族館(という空間)を演出、テーマにした作品というのも、少なくないと思います。私が真っ先に思いついたのは、かつてPeace Records(HAYABUSA LANDINGS内のレーベルでしたが今は機能してないですね多分…)から発売されていた、その名も“aquarium”というコンピレーション(2004年リリースですってよ! 時間が経つのは早い)。音楽的にも遠からずで、重なる部分は多くあると思います。

VaporWaveというワードも用いられていますが、それを期待していると、間違いなく肩透かしを食らうでしょう。個人的にはVaporWaveらしさというやつはほとんど感じられません。ちょっとモコッとした音作りは影響受けているのかなと思いますが、それはVaporWaveに直結するわけではないし、アダルティなブラスの挿入とかがきっとVaporWaveらしさになるのかなあ…という程度。あからさまなChipped & Screwedがあるわけでもありません。

核になっている音楽性はDeep Ambient/Deep Technoなんでしょうね。それはKai Beckmanの音楽を聴いていても感じることです。Kai Beckmanに関してはもう少しメロディに意欲的な傾向があるし、使われている音色も豊富であるような気がしますが、大きく異なる音楽をやっているわけではないようです。s a k i 夢も、以前の作品にはちょっとNewAge調の部分もあったりして、素直にVaporWaveの影響を認めることもできましたが、今作に関してはAmbient/Drone調のレイヤーを使っていながらも、そういったフィーリングはなく、あくまでDeepなAmbient/Technoのまま、全編が流れていきます。

リズムを入れずにAmbientな浮遊感を押し出して、ドリーミィなタッチを強調してもよかった気がするんですが、リズムパターンもDrum‘n’Bass調のものがあったりしてフラット一辺倒ではないので、逆に単調さを回避しているのかなと思ったりもしますし、幻想的な中にもエモーショナルな部分が感じられて、それはそれで面白い、ユニークな部分です。

“新たにやってきたペットの魚が入れられた水槽は、自分がいる水槽とは部屋の反対側にあって、彼の姿はよく見えない。彼の体は赤色だと思うんだけど、たまになぜだか緑色に見えたりもして、でもきっとそれが彼の名前が“虹色”である理由だろう”というファンタジックなメッセージ、それを補強するジャケットイメージ(この仄暗さにあるちょっとした内向性というかミステリアスな空気、最高です)を頭に置きながら聴くと、よりディープに楽しめると思います。

Kai Beckmanの音楽もすてきなものが沢山あるので、いくつか貼らせてください―



– proxy and things(from “sleepingfish ep”)



– Lieben (from “Ein”)


+ + +


the human brought in yet another fish today. his tank is on the other side of the room since there is no more space on the owner’s desk. I can’t really see him from here, but I think he is red. it is weird though, because sometimes he looks green. maybe that’s why his name is nijiro…

part 2 of the 水族館 series.



Blue Bliss & Stray Theories – Lucid Dreamer

 Blue Bliss & Stray Theories - Lucid Dreamer

 – Tracklist –
 01. Blue Bliss – Sorrow
 02. Stray Theories – Find My Way
 03. Blue Bliss – Adrift In Mind
 04. Stray Theories – Tomorrow



 - 04. Stray Theories – Tomorrow


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2013.01.12
 Label : SilentSpace Records

 Keywords : Ambient, Cinematic, Deep, Drone, Electronica.


 Related Links :
  ≫ Blue Bliss on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ Stray Theories
  ≫ Stray Theories on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr / on Twitter


+ + + + + +


ニュージーランドのネットレーベル、SilentSpace Recordsより。テヘラン出身、カナダ在住のBlue Bliss(Alireza Zaifnejad)、そしてニュージーランドの、Stray Theories(Micah Templeton-Wolfe)。二人のミュージシャン/コンポーザーによる、スプリット作がフリーでリリースされています。

ジャケットイメージには、“Lucid Dreamer”というタイトルに対する日本語訳とみられる、“明快な夢みる人”という言葉。暗い空間の中央で、膝を抱えた胎児のような姿勢で、眼を閉じる彼/彼女こそ、そのDreamerなのでしょう。このタイトル、ジャケットイメージ、すごくいい雰囲気です。

サウンドもその雰囲気を損なわず、DeepなタッチのAmbient/Droneが軸になっています。でもピュアなトーンのAmbient/Droneとは異なって、シンセの起伏だけを延々繰り返す形にはなっていません。両者ともAmbient/Droneのテクスチャーに、リズムやエフェクト、淡いメロディなどを巧みに持ち込み、景色に変化をつけています。これによってサウンドはグッと音楽的な方向に近づいていて、聴きやすさが増しています。結果として、ここには、抒情性をもちつつも、Calmな空間が生まれています。

Stray Theoriesのサウンドの方が、雑食性が強く思えます。Post-ClassicalやPost-Rockの領域とも無縁ではないでしょう。そのせいでしょうか、感情性を感じさせるサウンドスケープ。対してBlue Blissの方は電子音に比重をおいているようで、Deep Technoを彷彿させるような質感もあり。こういったAmbient/Droneを下地にしながらも、異なる手触りのトラックが交互に配置されることで、リスナーにとっては心地よい緩急が生み出されています。耳を飽きさせません。

どのトラックも好きなんですが、M-1とM-4が特に好きです。M-1は、静かな水面を眺めているような出だしから徐々に音の層が増していき、中途では歌声がふいに挿入されることで、一瞬緊張感が漂います。Ambient/Droneでありながら、そういった張り詰めた瞬間があるのも面白いですし、サウンドが徐々にビルドアップされていくようなスタイルも、ユニークに思います。M-4はAmbient/Droneのテクスチャーにノスタルジックな電子音が瞬く前半から、徐々にPost-Rock経由のギターが響きはじめ、終盤で悲しげなコーラス(?)と共に一気に広がる音空間が、景色を切り替える瞬間が、カタルシスです。先にも書いたようにわりと音楽的な方向に寄っているので、いわゆるAmbient/Droneサウンドに苦手意識がある方でも聴きやすいかと思います。

そして気になった方は、両者とも今作以外にも作品を公開・リリースしていますので、SoundCloudやbandcampを訪問してみてください。Blue Blissは同レーベルからアルバムもリリースしています。ただ、レーベル自体はそれ以降沈黙の期間に突入しているようで、現時点では目立った動きがないようなのが、残念。


+ + +


Mastered by Alireza Zaifnejad
Artwork by Funi – funi.deviantart.com


Tmmrw – Vision EP [ENDPR010]

 Tmmrw - Vision EP [ENDPR010]

 – Tracklist –
 01. Mchnsm
 02. Vision
 03. Rain
 04. In The Nature (To Mend)
 05. In The Nature (To Mend) (Aeirs TV Edit)



 - 02. Vision


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mediafire ] Download Free!

 Release Date : 2012.12.07
 Label : Endless Plains Records

 Keywords : Ambient, Deep, Drone, Glitch, Water.


 Related Links※all links are dead.) :
  ≫ Tmmrw on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


イギリスの新興ネットレーベル、Endless Plains Recordsより。プロフィール不詳ですが、Tmmrwなるミュージシャンの作品が、フリーでリリースされています。

Ambientと深海のイメージというのは、なぜかしら相性が良い。なぜか。ここで考えてみる。地球のほとんどが水で覆われているということは、多くの人が知る事実であるけれど、はたして深海というものがどういう定義で、どの程度の範囲に広がっているものなのか。Wikipediaによれば、“一般的に海面下 200 m より深い海を指すが、厳密な定義は存在しない”ということだ。さらに、“地球の海の平均水深は 3,729 m であり、深海は海面面積の約 80 % を占める”とある。なんと海面面積の80%が深海であるという、衝撃の情報。続けて、“21 世紀の現在でも大水圧に阻まれて深海探査は容易でなく、大深度潜水が可能な有人や無人の潜水艇や探査船を保有する国は数少ないなどから、深海のほとんどは未踏の領域である”と、記されている。

人智を超えた、ミステリアスな領域(そこにはある種のロマンも含まれている)。暗く静かで、スローなイメージ。倫理が存在しない、虚無的な空白がみちびく、不思議な解放感。なるほど考えてみると、まさにAmbientを聴取した際のフィーリングと、深海に対するイメージには、共通するものがある。

そしてこのTmmrwの作品は、その深海のイメージというヤツに、非常によく合致する。Ambientといっても、種々さまざまだ。深海とは対照的に、おだやかな空中飛行をイメージさせる作品だってあるし、精神世界へのダイヴを促すような、スピリチュアルな傾向のものだってある。その中にあって、この作品は、深海だ。

全編で水の音が聴こえてくる。風の音のような電子雑音のような、ザワザワとしたエフェクトが、さびしさを誘う。重なり合い、リフレインするDeepなシンセと、エコーするコーラスは、ゆるやかにめぐる、深海の水の流れを思わせる。隙間から湧き上がるようなシンセ音は、水中を上る泡をイメージさせる。重く、それでいて浮遊感のあるレイヤーは、海底の暗さと、重苦しさに、つながっていく。M-3では強いGlitchが用いられているけれど、これも考えようによっては、奇妙な造形の、深海生物たちを想像させはしまいか(トラックのタイトルは‘Rain’であるけれど)。

作中でひときわ静かな‘In The Nature (To Mend)’に続くのは、aeirs tvによる、そのリミックス。オリジナルよりもアナログ感を強調し、鼓動のようなリズムと、遠いささやき声、かすかなGlitchを加えたアレンジは、より深海のイメージをたくましくしている。

netalabel/netaudio界隈で、すぐれた深海Ambientというと、私の中ではNubiferousによる“Behind The Megalithic Walls”があるのですが、今作もそこに仲間入りです。静かに浮遊し、深く潜り込むようなサウンドは、とても瞑想的で、神秘的だ。ちなみにTmmrw、今作と同時に、bandcamp上で“Echoes”という作品をやはりフリーでリリースしています。今作でみせたスタイルとはやや異なり、DeepなAmbienceにリズムを加えて、 けれどDeep Technoとはまた異なる、IDMにも通じるサウンドを鳴らしています。興味のある方は是非。