ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Dream

teams. – VGM 1

 teams. - VGM 1

 – Tracklist –
 01. cave (seiken densetsu 2)
 02. avalanche (final fantasy 7)
 03. pk starstorm (earthbound)
 04. sorry, but it looks like I won’t make it back (chrono cross)



 - 02. avalanche (final fantasy 7)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.10.07
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Dream, Electronica, Fantasy, VGM.


 Related Links :
  ≫ teams. on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


ビートメーカー、teams.の新しい作品は、VGM(Video Game Music)。teams.っていうから、グループとかコレクティヴだと勘違いしていましたが、個人活動ということでよろしいでしょうか(間違っていたらスミマセン)。

これまでにもアンビエンス漂うHip-Hop/Beats作品を多くリリースしてきていますが、今作はビートがございません。自身が最も好んでプレイしてきたビデオゲーム―時代的には一昔どころではなく前になるけれどしかし不朽の名作である“聖剣伝説2”、“ファイナル・ファンタジー7”、“MOTHER2(英題はearthbound)”、そして“クロノ・クロス”、これらの音楽を作ってみた、というのが今作、今シリーズのコンセプトのようです。作ってみた、と書いたのは、オリジナルをアレンジとかリミックスしたわけではなくて、自身でゲームの特定のシーンをイメージして作ってみた様子だからです。というのも私は“聖剣伝説2”と“クロノ・クロス”のオリジナル・サウンドトラックは所持していますが、おそらくこのteams.の作品に入ってるトラックはそこには見てとれないからです。

でも完全オリジナルってなると、サンプリングありきのHip-Hopの手法からは外れるし、それはteams.っぽくないような気もするので、もしかしたらサンプル使用とか、極端なアレンジとかいう可能性もありますが、少なくとも私には分からない。オリジナルを使っているにしても、コレは、とピンとくる素材は使われていないように思います。

まあ、それはさておき、非常にAmbientに傾いた作風です。これまでも包容力あるサウンドを多く作ってきていますが、先にも書いたようにココにはビートがない。夢の中にきらめく星明り、あるいは電子の瞬きか。ドリーミィなサウンドスケープの中にある電子的冷たさが、ビデオゲームの空気を醸している。聴き方によってはShogaze/Noise的な側面も見いだせるかもしれません。

各トラックには題材になったと思しきゲーム名が付されているけれど、どれも特別にゲームのシーンを思い出させるような作りにはなっていなくて、説明がなければおそらくそれぞれのゲームに関連付けられることはないだろうと思います。なので件のゲームをプレイしていない人が楽しめないということは全くなくて、純粋にAmbientとして魅力を持った作品になっています。逆にプレイしてきた人は、思い出のシーンに当てはめてみるのも楽しいかもしれません。トラックタイトルもその助けになるでしょう。

今作はシリーズの第一作ということで、続編も控えているようなので、期待しましょう。お気に召した方は、過去作の“visual novel.”も近しいサウンドかと思いますので、ぜひ。


+ + +


 Note :

when i started making music I started off making video game music, bgm etc. This is the start of a small series of video game music I do. This one consist of my favourites like final fantasy 7, chrono cross, earthbound and seiken densetsu 2. There are more soundtracks of these games I did. Just got to get around finishing them. Series 2 will be up soon.


+ + + + + +


ちなみに、ということで、せっかくなんで、私の好きな、“聖剣伝説2”と“クロノ・クロス”からのトラックをいくつか以下に―


時のみる夢(from “クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック”)
とはいってもコレは本編では使われていないはず。






海月海(from “クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック”)






時の草原(from “クロノ・クロス オリジナル・サウンドトラック”)






天使の怖れ(from “聖剣伝説2 オリジナル・サウンドトラック”)






ねがい(from “聖剣伝説2 オリジナル・サウンドトラック”)




Hotwax – Communicator

 Hotwax - Communicator

 – Tracklist –
 01. Aerotropolis
 02. Visionary ft. Navigateur
 03. Between the Rivers
 04. Titania
 05. Isopod
 06. Overpass
 07. Cyclical
 08. Rockaway ft. Steffaloo
 09. Gunlock Ave
 10. Skygrid
 11. Celestial
 12. Eternal



 - 01. Aerotropolis


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 :: cassette tape is also available. ::

 Release Date : 2017.06.30
 Label : 2060 Records

 Keywords : Ambient, Chill, Downtempo, Dream, IDM, Trip-Hop.


 Related Links :
  ≫ Hotwax on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


アメリカの2060 RecordsからリリースされているのがHotwaxの“Communicator”。今作が初作ではなくて、これまでにも自身のbandcampから複数作品をリリースしていますし、またVacant Magicから“Dawn Emerges”、“Crystalline EP”のリリースがあったりしますし、SoundCloudでも多数のトラックを公開しています。

一発聴いて思ったのは、レーベルメイトでもあるLost Integrityのサウンド(最近動きがないですねえ…)。ということはさかのぼればBoards of Canadaも見えてくるということですが。白く濁ったアンビエンスと、ミドルテンポの安定したリズム、丸く柔らかいシンセのメロディ。作りとしては簡素だと思うんですが、でもそこに現れるドリームなスケープは確かに両耳を通じてリスナーを包み込んでくるし、また心地よいものなのです。エフェクトやサウンドの組み合わせの妙なのでしょうか。

サウンドは見事に統一されていて、まさに夢の中の散歩といった調子なのですが、‘Visionary’‘Rockaway’のようなヴォーカルトラック(これがまたいい)だったり、ラッシュ感のある‘Titania’を織り込むことで、その道程には絶妙に緩急がついている。先に出した“Crystalline EP”、それから自身でリリースしている“Captivate EP”などを聴くと、見せる景色は似通っているが、その耳触りは似て非なるものになっている。まずシンセのアタックが強いし攻撃的な印象もあるし、メロディも控えめで、SynthWaveというのは言い過ぎかもしれないが、ところどころ80sなサウンドを感じさせる部分もあったりする。作品によって、というよりは、自身のスタイルを模索している過程がそのまま作品に現れているような気もします。もちろんここでフィニッシュというわけではないでしょうが、確かに今までの中では完成度はもっとも高いと思います。しかし見る限りでは2011年の“Open Eyes EP”ですでにスタイルはほぼ出来上がっているので(特にWashed Out’sの‘Echoes’をサンプルにした‘Escape’がよいですね)、らせん状に上に上っている感じでしょうか。



 - ‘Escape’ (from “Open Eyes EP”)


さて、今作、全編一本調子(気味)なのはプラスに考えればそれだけひとつの夢にたゆたうことができるということ。十分Ambient的ですが、個人的にはもっとAmbientに傾いても好きですね。気に入った方は是非ほかの作品、トラックも聴いてみてくださいね。


+ + +


Guitar on “Visionary” by Nate Wagner.
Vocals on “Visionary” by Navigateur.
Vocals on “Rockaway” by Steffaloo.
Mastered by Drew Porras.



PLAYLIST : 2017.07

PLAYLIST : 2017.06

PLAYLIST : 2017.05

PLAYLIST : 2017.03

Purl – Childhood Dreams [ETNLR09]

 Purl - Childhood Dreams [ETNLR09]

 – Tracklist –
 01. Childhood Dreams





+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.14
 Label : Eternell

 Keywords : Ambient, Dream, Drone, Memory.


 Related Links :
  ≫ Purl on SoundCloud

  ≫ Alveol on SoundCloud / Ziyal on SoundCloud


+ + + + + +


自分にとって、世界はもう長いこと―本当に長いこと―、輝いていない。いつ以来だろうと、思いを巡らせたときに、いつも思い出すのは―

学生生活を終えたものの就職できなかった私は、実家のある田舎に引き戻された。ドがつくほどの田舎ではないが、それでも町の中心部からは程遠い、近くのドブ川を跨げばすぐに隣りの市に入るような、隅っこにあるのが私の家だった。実家住まいでバイト暮らしと言えば金は貯まりそうだが、選んだ仕事の時給の安さでそうも上手くいかず、私が都内に出るときはいつも数時間かけての鈍行だった(まあ鈍行でも上れるんだから悪くはない環境だった、今思えば)。

都心に出て、異性(この書き方はいやらしいか。有体に言えば彼女だ)と、映画を観た。単館上映の映画で、地下にあるちっさい館内で、でっかいスクリーンを見上げながら、二人で涙ぐんだ。そこからきっと魔法にかかったんだろう。昼食を食べ、街をぶらつき、夜になり、帰るはずの時間にも、私(たち)は帰路につかなかった。宿泊という選択で一夜を明かした私たちは朝になってようやく家路に向かったわけだが、電車の時間を見誤って、バイトの時間が迫りまくっていた私は超がつくほど焦っていて(真面目だな)、地元の最寄駅に停めてあった自転車に跨るや猛スピードでペダルを漕いだのだった。しかし、急ぎペダルを漕ぎながらも、私の目に映るすべての景色は、確かに輝いていた―朝日を反射する川面、その川沿いに繁茂する名も知らぬ植物、空を流れる雲、道路を走る車たちやガードレール。あれほど世界が輝いていることを実感したことは、あれ以降ないと断言できる。机の上の埃にさえ、輝きを見出したことだろう。

文字通り息を切らしてバイト先へ駆け込んだ私は前髪の乱れを気にしながら他のスタッフにあいさつをしたが、いつもより早く到着した私は怪訝そうな顔で出迎えられ、変にきまずい空気が流れたのだった。

そのときのことは別のブログに記してあって、しばらくは読み返すたびに、その世界の輝きが私の中にカムバックしてきたものだった。しかしいつしかその効果も時間の流れと共に薄れていき、ついには魔法は解けてしまった。つまりは世界は輝かなくなってしまった。

この作品を聴いて世界が輝きだしたということではなくて、かつて世界が確かに輝いていたことを思い出したのです。メモリー。記憶。思い出の物語。スペル・イズ・ブロークン。それは大人になることとは違うんだろうけれど。

ああ、上記の映画、私は珍しくパンフレットを買って、それは今でも本棚の端に鎮座ましましている。


+ + +


Ludvig Cimbreliusはこの他にも多くの名義を使っていくつも作品をリリースしてるので、気になってしまった人は探ってみてくださいね!


+ + +


 Note :

Made long ago (sometime in my late teens) from the warm light of early autumn, the soft undefinable longing of the cool evening breeze playing with the leaves that just started to turn colors, just beginning to fade…

Music by Ludvig Cimbrelius

Cover art by Brian Young –
www.flickr.com/photos/stillespace/
www.instagram.com/losingtoday/



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。