ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Dream

PLAYLIST : 2017.06

PLAYLIST : 2017.05

PLAYLIST : 2017.03

Purl – Childhood Dreams [ETNLR09]

 Purl - Childhood Dreams [ETNLR09]

 – Tracklist –
 01. Childhood Dreams





+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.14
 Label : Eternell

 Keywords : Ambient, Dream, Drone, Memory.


 Related Links :
  ≫ Purl on SoundCloud

  ≫ Alveol on SoundCloud / Ziyal on SoundCloud


+ + + + + +


自分にとって、世界はもう長いこと―本当に長いこと―、輝いていない。いつ以来だろうと、思いを巡らせたときに、いつも思い出すのは―

学生生活を終えたものの就職できなかった私は、実家のある田舎に引き戻された。ドがつくほどの田舎ではないが、それでも町の中心部からは程遠い、近くのドブ川を跨げばすぐに隣りの市に入るような、隅っこにあるのが私の家だった。実家住まいでバイト暮らしと言えば金は貯まりそうだが、選んだ仕事の時給の安さでそうも上手くいかず、私が都内に出るときはいつも数時間かけての鈍行だった(まあ鈍行でも上れるんだから悪くはない環境だった、今思えば)。

都心に出て、異性(この書き方はいやらしいか。有体に言えば彼女だ)と、映画を観た。単館上映の映画で、地下にあるちっさい館内で、でっかいスクリーンを見上げながら、二人で涙ぐんだ。そこからきっと魔法にかかったんだろう。昼食を食べ、街をぶらつき、夜になり、帰るはずの時間にも、私(たち)は帰路につかなかった。宿泊という選択で一夜を明かした私たちは朝になってようやく家路に向かったわけだが、電車の時間を見誤って、バイトの時間が迫りまくっていた私は超がつくほど焦っていて(真面目だな)、地元の最寄駅に停めてあった自転車に跨るや猛スピードでペダルを漕いだのだった。しかし、急ぎペダルを漕ぎながらも、私の目に映るすべての景色は、確かに輝いていた―朝日を反射する川面、その川沿いに繁茂する名も知らぬ植物、空を流れる雲、道路を走る車たちやガードレール。あれほど世界が輝いていることを実感したことは、あれ以降ないと断言できる。机の上の埃にさえ、輝きを見出したことだろう。

文字通り息を切らしてバイト先へ駆け込んだ私は前髪の乱れを気にしながら他のスタッフにあいさつをしたが、いつもより早く到着した私は怪訝そうな顔で出迎えられ、変にきまずい空気が流れたのだった。

そのときのことは別のブログに記してあって、しばらくは読み返すたびに、その世界の輝きが私の中にカムバックしてきたものだった。しかしいつしかその効果も時間の流れと共に薄れていき、ついには魔法は解けてしまった。つまりは世界は輝かなくなってしまった。

この作品を聴いて世界が輝きだしたということではなくて、かつて世界が確かに輝いていたことを思い出したのです。メモリー。記憶。思い出の物語。スペル・イズ・ブロークン。それは大人になることとは違うんだろうけれど。

ああ、上記の映画、私は珍しくパンフレットを買って、それは今でも本棚の端に鎮座ましましている。


+ + +


Ludvig Cimbreliusはこの他にも多くの名義を使っていくつも作品をリリースしてるので、気になってしまった人は探ってみてくださいね!


+ + +


 Note :

Made long ago (sometime in my late teens) from the warm light of early autumn, the soft undefinable longing of the cool evening breeze playing with the leaves that just started to turn colors, just beginning to fade…

Music by Ludvig Cimbrelius

Cover art by Brian Young –
www.flickr.com/photos/stillespace/
www.instagram.com/losingtoday/



honda civic & heaven chord – sunlit ridge {ep}

 honda civic & heaven chord - sunlit ridge {ep}

 – Tracklist –
 01. antique
 02. subtitle
 03. sunlit ridge
 04. shadow sketch
 05. into color



 - 01. antique


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.11.10
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beats, Downtempo, Dream, Electronica, IDM, Melodic, VHS.


 Related Links :
  ≫ honda civic on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter
  ≫ heaven chord on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


水道の蛇口から漏れる水滴の音も、かしましい井戸端話も、仕事を告げる電話の呼び出し音も、すべてはここでは無視することが許される。いやここにはそもそも入り込んでこない。入り込ませないことが許される。昔は夜眠れないときに、今この瞬間だけは何も考えずに、眠っていいのだと、いいんだと、自分に言い聞かせたりしていたけれど、それと似たような感覚、に襲われた。曖昧な、ぼやけた調子の、答えのない、だからこその、心地よさ。すべての厄介ごと―ストレスを、ハッキリと認識せずに、自分からは遠ざけて、安心する。ただ少し、懐かしいような、いや、ここにある乳白色の(やはり曖昧な)スクリーンの中に、自分が拠り所にしているいつかの記憶、というやつを、いつかのシーンを繰り返し、再放送して、ただそこで、やはり曖昧にされた答えに可能性を持たせ、自分自身を慰め、安心させる。精神世界の桃源郷。

主体はhonda civicのようだけれど、heaven chord自身もトラックメイカーとして活躍しており、自身のbandcampで作品を公開している(こちらも素敵だ)。粒子の荒い、ざらついた、それでいてゆるやかに動くレイヤー。VHSなノスタルジア感。強くはないが確かなメロディ。Hip-Hop/Beats感のあるDowntempoなリズム。私はElectronica/IDMとして聴いているけれど、人によってはHip-Hop/Beatsの文脈で聴くかもしれない。実際honda civicはビートテープも公開しているけれど、どちらの畑なのか、ということはよく分からない。しかしこの、スムースになりすぎることもなく(つまり鼻につかない)、ビートが耳に障ることもなく(つまり押しつけがましくない)、夢幻の心地よさだけをフンワリと残すこのバランス感覚は、まことに見事。

この作品においてはheaven chordとのコラボレーションが行われているけれど、たとえば“coexistence”ではlight blending inと一緒にやっていたり、derrick boogarretttile kidなどを招いたトラックもある。またheaven chordはheaven chordで、Nozu-Dethvalenceや、Orchidsevrynseng°meta angelsave me、そのほか複数のトラックメイカーとの共演がある。そしてさらには、それらトラックメイカーの間でまた別のつながり、コラボレーションがあったりするのだけれど、特にコレクティヴのようなまとまりを作っているわけでもなさそうで、それぞれがそれぞれに作品を公開している。スタイルに若干の違いはあれど、みんな幻想的で夢見心地な作品を作っていて、すべて辿ろうと、聴こうと思ったら、なかなかに終わりが見えず、それはそれで非常に楽しみ。今作を聴いて興味を持った方は、そんな沼にハマってみるのもいかかでしょうか。

下にいくつか―



 - honda civic & light blending in – belonging (from “coexistence”)



 - derrick boo – restless (from “restless ep”)



 - save me – hy w/ seng°



PLAYLIST : 2017.02

PLAYLIST : 2017.01

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。