ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Drone

Tone Color – Everything You Know Is Wrong [AF39]

 Tone Color - Everything You Know Is Wrong [AF39] Cover

 – Tracklist –
 01. Via Lucherini
 02. The Last Day
 03. City of Three Rivers
 04. GRM Bloom
 05. Yatha Bhuta
 06. MAX~
 07. Forward Then Back
 08. Maria Casarès
 09. A Thousand Summers
 10. Oltrarno
 11. Voight-Kampff
 12. Neither an end nor a beginning



 - 10. Oltrarno


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 :: Limited Edition CDR is available. ::

 Release Date : 2018.05.06
 Label : Assembly Field

 Keywords : Ambient, Drone.


 Related Links :
  ≫ Tone Color on SoundCloud


+ + + + + +


前の作品も紹介してたよな、と思って、見返していたら、5年も前の作品だった。ええ、ってことは、このブログもう5年以上経ってんの?って、我ながらちょっと衝撃だったので書いておきましょうか。

ということで5年ぶりのアルバムということでよいんでしょうか。イギリスのAssembly FieldからリリースされたTone Color(Andy Lomas)の作品です。

この作品の10曲目、‘Oltrarno’、これは私の中で新たなAmbient/Droneのマスターピースです。これまでNetaudioの界隈で出会ったトラックで、記憶に刻み込まれているものがいくつかありますが、この‘Oltrarno’もそこに仲間入りです。このBrian Eno感。いやそれが重要なわけではないんですが、この深遠な気配と、静かな水面にポトリと落ちていくような、そこを滑るような、ピアノの音色、その余韻。たまりません。引き込まれます。

私は不安を回避するように寝不足を選ぶことがある。足りない睡眠のせいで頭が冴えなければ、理性の芯はぼやけ、思考は鈍り、ひいては不安の表面化が少しでもし抑えられるんじゃないかって、そんなふうに考えて、寝不足を選択する傾向があります(とりあえず職場のみなさんに謝罪)。若干の睡眠不足を意識しながら今作のようなAmbient/Droneを聴いていると、気づくことがあって、この頭の芯のしびれ具合というか、ボヤケ具合が助長されるのである。ロングトーンのピュアなAmbient/Droneは特にそうだ。私の好きな小説家が“音楽を聴いて理性的になるなどありえない”と書いていたけれど、まさにそうで、ここにおいては、理性は静まり、不安は遠のき、ややもすると恍惚が訪れる。そしてやがて眠りが私をつかまえに来るという、幸福なサイクルがそこにはある、ように思われる。目覚めたころでまた不安は襲ってくるのだけれど、たとえ短い時間でも不安を遠ざける今作の力は、音に反して頼もしい。タイトルの“Everything You Know Is Wrong”ってのも、どこか力強さ感じます。

ちなみに前作のタイトルは“The Last Day”。今作の2曲目にも同名のものがあります。どういった意味合いで用いているのかは分かりませんが、Tone Colorにとって重要なイメージなのかもしれないですね。


+ + +


All tracks composed and recorded by Andy Lomas
Mastered by Wil Bolton
Artwork by Andy Lomas



Hevel – Insides

 Hevel - Insides Cover

 – Tracklist –
 01. Lines Run Through
 02. Curls
 03. In Springtime
 04. Throw Me High



 - 02. Curls


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.08
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Memory.


 Related Links :
  ≫ Griffin Duffey on SoundCloud
  ≫ Hevel on bandcamp


+ + + + + +


技術的なことは詳しくないけれど、DroningされたPost-Rockともいえる音風景(それはおそらくギターにエフェクトをかけているという意味で)は、この界隈では私などはLowercase Noises(Andy Othling)が真っ先に頭に上ってくる。実際Hevel(Griffin Duffey)のSoundCloudでは、Lowercase Noisesがフォローされている。

warmlyなAmbient/Droneが4トラック。トラック間で大きな差異はなく、どこにおいても、春先の陽光のような、心地よい暖かさをもったレイヤーが、沁み渡ってくる。“Insides”というタイトルにどんな意図を込めたのか、分からない。けれどここには、たとえば我が家に帰りつき、その扉を開けた時のような、安心感というヤツが流れているように、私には感じられる。M-2が私にとってはクライマックスで、この何というんだろう、夏の日の夕暮(さっき春先とは書いたが、ココは夏が似合う)のような、ボンヤリとした、心地よい消耗感。それがどこか幼い日の記憶とリンクするのだろう。そしてそれが私の中の“ホーム”につながっていくのだろう(それはうがった見方をすれば“子宮”にもつうじるんだろうか)。だから私はここにノスタルジアを感じるのだろう。それは恍惚という言葉で言い表せるほどに、危ういバランスで、私の中に発生する。

Ambient/Droneを聴いていていつも思うのは、明確なメロディがあるわけではないし、エッセンスとして取り入れるならまだしも、そのサウンドがピュアなトーンに近づけば近づくほど、トラックごとの弁別は困難になる。にも関わらず、やはりそこには確かに違いというヤツがあって、たとえば私がどんなAmbient/Droneにもノスタルジアを感じて恍惚とするのかといえばそれは違うわけで。私の頭の中にどんなスイッチがあるのか分からないけれど、不思議だな、神秘だなと、いつも思う。昔エモいバンドをやっていた知人に“最近どんなん聴いてるの?”と聴かれて“Ambient”と応えたら、“あのタルいやつ?”と一笑に付されたので、どんな人にもこういうスイッチがあるわけではなさそうだ。

M-4などは中途から荘厳な様相をみせてくるのだけれど、前半部のこの間(ま)をたっぷりとったパート、余韻がもう、たまらない。呼吸のような、波のような。ディレイが消え去ったあと、一瞬の空白、静寂に、いつかの記憶がちらつく。つかめそうでつかめない。もう手の届かない思い出。



ppg choir – WINDOWS

 ppg choir - WINDOWS Cover

 – Tracklist –
 01. floater
 02. growing
 03. arrpps**
 04. haze tower
 05. plus/minus
 06. consciousness.rar
 07. EXE



 - 01. floater


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.13
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, NewAge, Soundscape, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ ppg choir on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


雑踏の中に、ふと面影を見出して、曳かれることがある。他人の後ろ姿に、見知った誰かが重なることがある―歩き方、服装、髪型、背格好、どこかが、私の記憶に触れ、私の視線を引き連れていく。そんなことがある。こんなとこにあの人がいるわけがない、それは分かっているのに、視線は正直だ。目は口ほどにものをいう、とはよく言ったものだと思う。視線は他人を追いかけ、それが知らない人だと明確になった時点で、私がガッカリしているのか、ホッとしているのか、自分でもよく分からない。諦めているのは確かだ。

同じ場所に立って、同じ景色を見ていても、心が違えば、見え方は違う(心って何だよってツッコミは却下)。私はいつか自分が見た、見ていた景色を、音楽の中に見出すことがある。言うまでもなく、音の中に景色はない。つまりは音から喚起される感情、それがいつか特定の景色を見ていたときの私の感情とリンクしたときに、私はその景色を、脳内に再び立ち上がらせる。ことがある。しかし明らかに、年齢を重ねるごとに、その景色が立ち上がる頻度は減ってきた。かつて心に焼き付けられた感情も薄れ、またこれから感じるであろう感情も、かつての比ではないのかもしれない。やはり多感な時期―思春期のような―はいつまでも続かないのだろう。か。

何となくボンヤリと、そのようなことを感じていたのだけれど、この作品を聴いて、久しぶりに、くすぶっていた感情を刺激されたのか、いつかの景色(のようなもの)が、私の中に立ち上がってきた。いやあるいは、どこにもない、“いつか”を、音楽の中に探し続けていた。そんな時間を、思い出す、ような。

ミニマルで、スローモで、ウェットなサウンド。モコモコとした耳触りと、フワフワとした浮遊感の中に、ときおりたなびく輝きは、とてもヘヴンリー。決してクリアにならない、くぐもった音像がまた、記憶の中のワンシーンのような、あいまいなセピア色のシーンを演出する。そこには思い出はなくて、ただ懐かしさだけがあって。天上に保管され電極につながれた脳が、電流を流されるたびに、ただただ懐かしさに打ち震えるような、空しさ。だがその感覚は嘘ではない。

私の大好きなmemory cardsの‘All The Things You Saw In Me’の中で、‘想い出に抱かれて今は’がサンプリング、エディットされている。冒頭に書いたような、雑踏の中で面影に曳かれてしまったとき、私はいつもこの歌の歌詞を思い出す。私はまだ想い出に抱かれているのかと。いやそんなはずが。いや、ここでこんな文章を書いている時点ですでに――

ppg choirはどこのどなかたまったく存知ないのですが、よい作品だと思いマス。明確にVaporWaveを標榜してはいないけれど、そっちのファン(特にノスタルジア指向のVaporWaveファン)にもアピールするサウンドだと思います。ボヤけたスカイな、思い出をくすぐるような、ジャケットデザインもハマってる。気になった方はほかの作品も是非。


+ + +


 Note :

all tracks produced by nicholas hohn in

grand rapids, mi
traverse city, mi
eugene, or



MIXTAPE : MYSTICAL ZONE




Forget it.


– Tracklist –

 [00:00] Imachi Akira – Noise Dreams
  from “Lycoris radiata EP” [e09](2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [05:42] PACIFICO CORP/国際 – ジャングルに深く
  from “アフリカへの旅” (2015)


 [09:02] Magnétophonique – Ghosts Dance
  from Les Halles / Magnétophonique – “Split II” [CR-08] (2013)


 [11:06] .onion – surfing the deepest
  from “YOU ARE LOST . . .” [LMV-110](2016)/ [ mirror


 [14:35] Un Vortice Di Bassa Pressione – to repel ghosts
  from “Anonymous said” [ioenl cdr 002](2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [20:05] Friendzone – CHUCH
  from “’COLLECTION I (REMASTERED)” (2012)


 [23:24] Okkoto / / 돌로 – 420 / / 음식
  from “5F Dept. Store” (2015)


 [26:10] Karen Weatherly – Magical Passes
  from “A Separate Reality (2nd Edition)” (2015)


 [28:48] AirMosaic – Speculative Bubble
  from “Executive Horizons” (2015) / [ version


 [32:44] Mel – Un
  from “Un” [BP018] (2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [35:52] Amun Dragoon – Secret Whispers From The Tamate Box
  from “Sinews of Shadows, Temple of Darkness” (2013) / [DL


 [39:12] Adam Lempel – Claire De Lune
  from “Synthetic Classical MIDI Scores” (2009)


 [44:16] iN. – Snowtrap
  from “Nowhere Here” [FQP#004](2010)


 [47:47] Foresteppe – Little Bird Cherries
  from “No Time To Hurry” (2013)



CORPORATE災害 – エリカの歌

 CORPORATE災害 - エリカの歌 Cover

 – Tracklist –
 01. 結婚式は滝の下で開催された
 02. 月光の下でハネムーン
 03. 性交
 04. セールスマンの死
 05. 欲望と孤独
 06. 胎児の死亡
 07. 記念碑
 08. 沈む感じ
 09. すべてが寒い
 10. 彼女は自殺した。
 11. 最後のメモ
 12. 引導



 - 06. 胎児の死亡


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.04.09
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Requiem, Shoegaze, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ CORPORATE災害 on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ ImCoPav on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


みなさんは、つのだじろうさんをご存知ですか。漫画家であり、心霊研究家でもある。“うしろの百太郎”や“恐怖新聞”が代表作でしょうか。1970年代~80年代に続く、心霊ブームの火付け役といっても過言ではないでしょう。

とまあ、つのださんの紹介はそのくらいで。ちょっとマニアックかもしれませんが、つのださんの書いた短編漫画で、“霊魂の唄が聞える”というものがありました。調べると、初出は月刊ムーの第11号なのかな。第13号まで続く“唄が聞える”シリーズの、第一作だったようです。私が読んだのはムーではなくて、コミックだったのですが、はて何に収録されていたのかが、うろ覚えです(“メギドの火”だったかなあ)。内容については“「ムー」ランド”さんが明るいので、気になる方はそちらを参照。

と、延々と遠回りしておりますが、何が言いたいのかという話ですね。このジャケットイメージ、ちょっと不気味でしょう? どっから引っ張ってきたのか分かりませんが、モデルさんと思しき女性たちが並べられ、その目元が隠されている。匿名性、隠すという行為から連想される、いかがわしさ。加えてこの題字。ちょっとヘタウマな感じからも漂う、歪さ。そんないかがわしさと歪さが結びついたおどろおどろしいイメージの中、タイトルは“エリカの歌”となっている。正直そこに秘められた意味は分からない。何の意味もないのかもしれない。しかし私の中では、ビジュアルから醸される気味の悪さと、“歌”という字面がドッキングして、果たして上記の“霊魂の唄が聞える”という作品の記憶が、遥かなる時を超えて掘り起こされたのだった。

作品としてはAmbient/Droneだし、あえてVaporWaveってカテゴライズする必要もないと思うけれど、何らかのサンプルをDroningしているという点では通じる部分もあるのだろうか(つまりそれほどその側面は強調されていない)。むしろ他作品―“孤独”の収録曲‘望郷’はAphex Twinの‘Rhubarb’を、Cyber Dream Recordsからの“仮想風景”は、Harold Budd & Brian Enoの“Ambient 2: The Plateaux of Mirror”収録曲を、それぞれメロディを保つ程度にChopped & Screwedして引き延ばしている―ので、そちらの方が、よりVaporWaveらしいと言えるかもしれない。

とまあ、“そう”であるかどうかはさておき、私はここに漂う“死”の気配に惹かれる。惹かれてしまう。並んでいるタイトルを見ても、あまり前向きに受け取れるものはない。いずれも抑うつ的なイメージをもっているように思える(そして何らかのストーリー性も予感させる)。そのものズバリ“死”に結びついているものも、いくつかある。そういうところも、上記のような気味の悪さを呼び起こした原因になっているのであろう。

ソフトなShoegazeともいえる、白濁したサウンドスケープは、mistというよりもfog、重さをもったウェットなレイヤーは沈痛のイメージを引き起こし、まるで鎮魂歌のようにも聴こえてくる。と同時に現実とは切り離された、浮世離れ、ドリーミィな側面も確かにあって、それが死を飛び越えた甘美な何か、あるいは飛び越える寸前の甘い誘い―死線―を感じさせるのです。

そういう死にまつわるエトセトラなサウンドイメージもあるのかな、私が今作を聴きながら読んでいたのは、法月綸太郎の“密閉教室”であった―


+ + +


 Note :

私は彼女を愛していた。
私は彼女を崇拝した。
しかし、最後には
私は彼女を捨てた。
そして、今私は価格を支払う必要があります。
私を許して。



PLAYLIST : 2017.04






 To love is to suffer.





School Of Crystal Healing – Lightworkers Delight [TNRFREE010]

 School Of Crystal Healing - Lightworkers Delight [TNRFREE010] Cover

 – Tracklist –
 01. Influx
 02. Boutique Sternway
 03. Parallax Oasis
 04. Seven Stages Of Empathy
 05. Lavender
 06. Cherry Blossom
 07. Lonely Planet
 08. Fruity Loom



 - 05. Lavender


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ Ektoplazm ] / [ Troll N’ Roll Records* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2016.06.18
 Label : Troll N’ Roll Records

 Keywords : Ambient, Deep, Downtempo, Drone, Meditation.


 Related Links :
  ≫ School Of Crystal Healing on Facebook / on SoundCloud

  ≫ Gubbology on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


Troll N’ Roll Recordsというと(ちなみにスウェーデンのレーベルだ)、コテコテのトランス・ミュージックばかりだと思っていたのだけれど。それは私の勝手な思い込みだったようだ。レーベルでもありトランス・ミュージック全般のポータルサイトでもあるEktoplazmからもリリースされている今作は、実に私好みの、DeepなAmbient、あるいはDrone作品だった。

Gubbologyの名前でも活動するOlof Ejstesのもう一つの顔が、このSchool Of Crystal Healingで、2012年には同レーベルから“Form And Frequency”をリリースしている。そちらも今作に負けず劣らずよい作品なのだけれど、私の中ではこちら“Lightworkers Delight”に軍配が上がる。

それはおそらく今作の方がメロディに寄っているからだろう。Ambient/Droneの趣が強い作品について述べる言葉としては語弊があるかもしれないが、総じて聴きやすい。シンセティックな音色で作られる、ドローニングなレイヤーの起伏、またそのかすかな瞬きは、森林(あえて深林と書いてもいい)、あるいは深海のような、ディープ、深遠なイメージへと私をいざなう。この手の音楽だと、一本調子のように誤解されるかもしれないが、なかなかどうして各トラックはバラエティに富んでいて、そのこともやはり聴きやすさに結びついている―複数のレイヤーが絡み合うような音作りや、また鳥や獣の鳴き声、水音のような環境音を差し挟んだりといった細かい演出、さらには和楽器の音色やDowntempo的なリズムを用いたりと、Ambient/Droneで一本筋を通しながらも、そこになされる肉付けは多種多様になっている。

その結果、聴取感についても、トランシー、サイケデリックなものから、ドリーミィ、メディテイティヴなものまで幅広く、この一作でさまざまな効用、効能を得ることができる。トランス一直線なものは敬遠しがちな私が耳をひかれている理由も、やはりその辺りにあるのだろうと思う。どのトラックも好きなのだけれど、フェイバリットを挙げるのであれば、M-5‘Lavender’―この浮遊感、望郷感たるや、背後にたなびくスペーシーなオーラもいい、そして順番は前後するがM-4‘Seven Stages Of Empathy’―冒頭から続くシンギングボウルみたいな断続的な持続音がやたらとトランシーなくせに、そこに絡んでくるのが優美でエモーショナル、抒情的なシンセメロディっていう、この不思議な組み合わせ。そしてやがては冒頭のエスニックなイメージに回帰していくのだけれど、そのめくるめく精神世界的なイメージが好き。


+ + +


(CC) by – nc – nd 4.0