ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Dubstep

Aika – Neon Pink EP

 Aika - Neon Pink EP Cover

 – Tracklist –
 01. Hotline
 02. I Love You, Goodnight
 03. Neon Pink (ft. Hana)
 04. Lovestruck (Neon Edit)

 - 02. I Love You, Goodnight


+ + +


 Stream Neon Pink EP from desktop or your mobile device

 Release Date : 2018.03.16
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Dubstep, EDM, Future, Pop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Aika on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on Spotify


+ + + + + +


SoundCloudに現れた頃から耳の早い音楽ファンの間では注目されていたAika。ふと目と耳を話していたすきに、SoundCloudのフォロワーは1万人を超えているし、リリースもコンスタントに重ねているし、精力的な活動をしているではないですか。

そして相変わらず作品のクオリティが高い。

基本的にはEDMやDubstepなどを経由した―Future Bassとも無縁ではないだろう―今様なElectronic musicなんだけど、何といってもどのトラックにもメロディが流れている点が特徴です。M-2‘I Love You, Goodnight’なんてこのファンタジック/ノスタルジックなな出だしはどうですか。一発で引き込まれてしまう。ここではVocaloidかな、ヴォーカルを入れているけれど、EDM然としたハイプレッシャーな音像ながら、Melodicなウタモノとして機能している。どっしりしたリズムとシンセの絡みから立ち上る雄々しさ(のようなもの)、そこはかとなく滲む抒情。実にエモーショナル。鳥肌が立つ。

M-3‘Neon Pink (ft. Hana)’のこのロマンチックなイントロも好き。じきにいつものサウンドに移行していくのだけれど、ホントにメロディ指向、Pop指向だよなあと感じます。リズムとシンセの組み方だけでも十分に聴かせてくれるのだけれど、歌の力もあるし、またこのトラックに限ったことではないけれど、和楽器の音色や、Chipsoundをスパイス的に散りばめることで、雅な響きや煌びやかさがフワッと漂ってくる瞬間があって、(正直それらがなくても成立はすると思うんですが)、一粒で何度も美味しいトラックになっています。こういう情報量の多いトラックを作る人ってどういう頭になってるんだろうっていつも不思議です。試行錯誤の結果だとは思うんですが、音楽の作り手ではない私はいつも感心するばかりです。パズルのピースのように当てはめていくにしても音色のチョイスもあるでしょうし、どうやって組み立てるのか、気が遠くなりそう。

ラストの‘Lovestruck (Neon Edit)’のファニーなイントロもフックがあるし、どのトラックも傾向性は似てるんだけど、違った魅力を持っていて、器用だよなあ、才能だよなあ、これは沢山の人に聴かれるよなあと、人気獲得にも納得。でも正直もっともっと爆発的人気でもいいと思うし、プロフェッショナルな活動もできると思うんですよ。そうなってないのはやっぱり埋もれちゃってるってことなんでしょうか。私がこういう傾向の音楽にあまり執心していないので、気づいていないだけで、ジャンル的に観た場合は、特別に飛び抜けていないんでしょうか。そんなことないと思うんだけどなあ。いや逆に私の耳にも入るくらいってことは、やっぱりスペシャルなんだと思いますよ。

今後も要注目なトラックメイカーであることは間違いない。聴いたことない方はSoundCloudを訪れて色んなトラック聴きまくってください。全部良い。あと今作、FutureでサイバーでDreamなジャケットイメージもグッド。

 - Make Believe : 割と控えめだけどやっぱり雅でPopだし。いい按配。

 - Camellia : 走りながら、泣きながら忘れようとするような。加速するノスタルジア


+ + +


Artwork: TheRyDesign
twitter.com/TheRyDesign
www.therydesigns.com



Buhay – Hallelujah EP

 Buhay - Hallelujah EP

 – Tracklist –
 01. Intro
 02. Creation (Yup!)
 03. Title Sequence
 04. Hallelujah
 05. Hallelujah (Tours Remix)



 - 04. Hallelujah


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2013.03.31
 Label : Young Latitudes

 Keywords : ChillWave, Dubstep, Electronic, House, Melodic, Synthesizer.


 Related Links :
  ≫ Buhay on Facebook / on SoundCloud / on Tumblr / on YouTube / on Twitter


+ + + + + +


スペインおよびイギリス基盤のレーベル/ミュージック・コレクティヴ、Young Latitudesより。BuhayことJoseph Matickの作品が実質フリーでリリースされています。

Hallelujah(ハレルヤ)というタイトルに象徴されているように、どこかに賛美的なムードがある作品だ。シンセチックなイントロのM-1からはじまり、Houseなリズムに転じて入り込むM-2においては、讃美歌(とはちょっと違うと思うけど)のようなコーラスが大胆に取り入れられていて、中途からBass muiscのようなBleepyなサウンドや、Dubstepなリズムが聴こえてきても、このムードは変わらない。あくまで陽性の空間が広がっている。リズムもフラットになったり多段的になったり、フレキシブルに変化する。それは加速と減速ともいえそうな聴取感を生み出していて、特異なカタルシスがある。

M-3は割とストレートなDubstep/Psychedelicなトラックだ。怪しく漂う声部だったり、ダビーなベースライン、とがったシンセが作り上げる眩惑的な空間。クールダウンというと何だかおかしいけれど、作品の流れの中では一息つける部分ではなかろうか。M-4がやはり、タイトルトラックだけあって、今作の中ではクライマックス、ハイライトになっている。同じくDubstepやBass musicの影響はみえるものの、どこかアラビックなシンセの旋律だったり、人声を思わせる断片的なフレーズだったり、語弊はあるかもしれないけど、宗教的な輝かしさをもった(ないしは神々しい)空間が広がっていて、非常にユニークだ。そのユニークさ―Dubstep/Bass musicの上に、ChillWave的なBlissfulサウンドから転じたような、賛美・祝祭のムードを作り出している―が今作の大きな特徴になっている。

Dubstepと一言でいっても、中身は種々さまざまなんだけれど、私などはどうしても全体的に暗いイメージを持って接してしまう。ところが今作はそんなイメージを払拭してくれる、珍しく、そして面白い作品です。ミニマルを回避するようなリズム面での緩急(Houseの地平とDubstepの谷を行き来するような)や、一瞬の溜めで生み出されるエモーショナルな部分も、魅力のひとつ。なんともエキサイティングだ。レーベルメイトのToursが行ったリミックスも良い。オリジナルのフレーズを断片化し、電子的なイメージを拡大、さらにはBreakbeatを生かした硬質な音作りで、IDMという形容が似合う仕上がりになっている。

SoundCloudでは他のオリジナルトラックも聴けるんですが、今作のものとは少し毛色が違うのが意外だった。“違う”ということは、ここにあるのは、彼のスタイルのひとつにしか過ぎないということになるから。意図的にこのサウンドを作ったのであれば、それはそれで評価されるべきだけれど、これを自分のスタイルとして前面に押し出さないのは、なんだか惜しい気がします。これからどうなっていくのか、すごく気になるミュージシャンです。彼がこれから作るサウンドに要注目です。


+ + +


Music :: Buhay
Cover :: Buhay

Mastering/Engineering :: Charlie Winkler
Co-Production on ‘Hallelujah’ :: Nick “SkyShaker” Pitts
Production on ‘Hallelujah Remix’ :: Dylan Sieh aka “Tours



IG88 – Breathing Suit [NF119D]

 IG88 - Breathing Suit [NF119D]

 – Tracklist –
 01. Drowning in Pinwheels (feat. Bed of Stars)
 02. Oxen Free
 03. A Subtle Separation (feat. Jenni Potts)
 04. Writing Your Name On Foggy Windows
 05. Patiently Waiting
 06. Breathing Suit (feat. Michael Harris)
 07. Trail of Bread Crumbs
 08. Less Than 3
 09. Lethargic Swans Trumpeting Yawns
 10. Fedora the Explorer
 11. Amoeba in Reverse (feat. Michael Harris)
 12. Dot to Dot



 - 03. A Subtle Separation (feat Jenni Potts)



 - 07. Trail of Bread Crumbs


+ + +


 Release Page :
 [ main ] / [ bandcamp ] Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2013.04.02
 Label : Nueva Forma™

 Keywords : Ambient, ChillWave, Dubstep, Electronica, IDM, Melodic, Trip-Hop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ IG88 on MySpace/ on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


オレゴン州はポートランドのレーベル、Nueva Forma™より。シアトルのミュージシャン、IG88ことBranden Clarkeの新しい作品が実質フリーという形でリリースされています。私が彼を知ったのは、2009年にIDMf Labelからリリースされた“Mutual Mastication”でした。2010年にはSummer Rain Recordingsから“EP”をリリース(現在レーベルはクローズ。作品は上記IG88のbandcampから入手可能です)、2011年には“Blackberry Light”をセルフリリースと、コンスタントにリリースを行ってきています。近年は活動のペースがあがっているようで、2012年には今作と同じレーベルから“A Loom And Not Me”のリリースがありますし、またJesus Chris WIllisと組んだNever Beenとしても、Heaven Noise Recordingsから“Fever”のリリースもあります。さらには、リミックス・ワークも広く行っていて、いずれも高いクオリティを保っていることから、シーンにおけるその知名度・評価は、決して低いものではありません。

以前と比べても、今作のクオリティはさらに高いものになっていると思います。音の厚みや複雑さが増し、音に立体感、一体感が生まれている。それぞれの音が独立して響きながらも、複雑に絡まり合い、ひとつのトラックを形成している。結果として、とても空間的な音楽ができあがっている。確かに以前の作品もAmbient、空間的な要素は多分にあったけれど、今作の方がフラットなサウンドイメージが払拭され、包容力では上を行っている。

また彼のサウンドの特徴として、ヴォーカルを取り入れたウタモノがある。作中のいくつかのトラックにヴォーカリストを招いて、メロディを唄わせるという、これまでにもあったスタイルが、今作においても披露されている。これがまた素晴らしい。冒頭の‘Drowning in Pinwheels’だけで、もう惹きつけられる。唄っているのはBed of Starsというオルタナティヴ・バンドのEvan Konradのようですが、このさびしげで伸びやかな歌声。弦楽器の音色と、丸みのあるリズム、Electroacoustic/Trip-Hopテイストのサウンドと結びついて、とてもエレガントな(そして少し物憂げな)空間を作り出す。これまでにも協演したことのある女性シンガーソングライターJenni Pottsを招いたM-3、‘A Subtle Separation’もよい。ノスタルジックな天上のきらめきを思わせるハープのような音色、対するダビーなベースラインと煙ったリズム、その真ん中で浮遊する、甘く美しいヴォーカル。ふとBowsの“Cassidy”を思い出したりした(Bows – Luftsang on YouTube)。Michael Harrisを招いたトラックは、重厚なリズムと、ソウルフル、エモーショナルなヴォカールが印象的な、ある意味まっとうなウタモノになっている。タイトルトラック‘Breathing Suit’の、美しさの中にある力強さなどは、Massive Attackを彷彿させる。

ウタモノがTrip-HopやDowntempeoであるとするなら、対してそれ以外のトラックには、ChillWave/IDMを感じさせる部分があって、その対比具合が作品にメリハリを与え、リスナーを飽きさせない役目を果たしている。Ambientな音空間と、ドリーミィなシンセのメロディ、アナログタッチのリズムが導き出す、スローな景色の流れは、とても甘美だ。ときたま挿入されるアコースティックな楽器の音色―ピアノや弦楽器などの響きが、いくらかの感情性、人間性を生み出していて、いわゆるストレートなChillWave/IDMサウンドとは一線を画している。

DubstepやHip-Hop、Trip-Hopといったブラックなエッセンスをもちながらも、決してそちらには傾きすぎず、ChillWave/IDM的なドリーミィ、幻想的な空間作りが行われている。さらには、Electroacousticな、フラジャイルな一面もあるんだけど、すべてがバランスよく配合されていて、全編聴いても、リスナーの中で作品のイメージは一定に保たれる。凸凹とした歪さがないのだ(この辺がすごい)。ややもすると類型的なサウンドに落ち込んでしまいそうなんだけど、どこにもハマっていない。まさにハイブリッドな作品。すばらしい! なので紹介せざるを得なかった。気になった方は是非ぜひ、他の作品も軒並みチェックしてみてくださいね。


+ + +


Artist(s) featured: IG88