ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Electronic

polu – waffle

 polu - waffle

 – Tracklist –
 01. Fortissimo (feat. KuTiNA)
 02. waffle
 03. Fortissimo (feat. KuTiNA) (instrumental)
 04. Fortissimo (feat. KuTiNA) (Famires Remix)
 05. Fortissimo (feat. KuTiNA) (stepic Remix)



 - 01. Fortissimo (feat. KuTiNA)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.06.04
 Label : Synthikate

 Keywords : Electronic, House, Pop, Remix, SynthWave, Vocal.


 Related Links :
  ≫ polu on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


シンクロニシティというヤツを皆さんは信じるだろうか。この界隈において私にままあるのが、“あのアーティスト何やってるのかなあ”と思いめぐらせたときに、そのアーティストの新譜に出くわすという事象である。これがなかなかの頻度で起こる。タネを明かせばおそらくはどこかで何がしかの情報を目にしており、それが脳内のいずこかにインプットされ、しかし私はそれを忘れ(あるいは気づかずに)、そのインプットが引き金となって、先の思い巡りに至っているだけなのかもしれない。が、そうではない可能性もある。第六感。セブンセンシズ。いやそれは違う。なんてな。

少し前に私が思いめぐらせていたのは、“はて4ruは今何やってるのかなあ”ということである。“そういえば名前変えてたよなあ”、というところまではたどり着けたのだが、そこから先に進まず。ついぞ彼の近況にたどりつくことはできなかった。4ruというのは韓国のトラックメイカーで、オフィシャルなリリースはほとんどなかった。私の知る限りでは、今作と同じ韓国のコレクティヴであるSynthikateからの“MileFeuille”にRemixで参加したのと、“Coloridium”のコンピレーションに‘Melon Cream Soda’を提供しただけ、ではないでしょうか。いつもWIP = Work In Progressな短いトラック(あるいは断片)をSoundCloudに挙げては熱心なファンを喜ばせ、そしてすぐに消すということを頻繁に行っていました。エモーショナル(emoって言っていいのかなあ)でメロディに富んだサウンドは、カラフルなメイクを施され、いつもPopで、アップロードの度に私も耳を傾けていました。

でも変名後の彼にたどり着けなかった私は意気消沈。もういなくなってしまったのかと半ば諦めもありました。が。ふとSoundCloudで流れてきたこのリリース。あれ、これ、もしかして、4ruの新しい名前じゃなかった?なんて思ってたら、polu = 4ruの文字を見つけ、ああまたもやシンクロニシティ(ちょっと意味違うかもな)と、ビックリうれしい驚きと、相成りました。

そして今作、‘Fortissimo’とそのインスト、そしてRemixが2つ、プラスタイトルトラックということで、実質的にはシングルのようなイメージですね。韓国のヴォーカリスト/ヴォイスアクターであるKuTiNAを迎えた‘Fortissimo’は2分ちょっとの短いトラックなんですが、変わらずPopでニンマリです。この手のElectronic/Popなトラックにありがちなウィスパーな儚げヴォーカルではなく、スキャットじみた冒頭からその歌声は力強くリスナーを刺激する(私の中ではこういうヴォーカルの方がPop musicのイメージに近い)。言葉は韓国語なのかな、ちょっと意味は分からないんですけれど、その摩訶不思議な聴き心地も愛おしく感じる始末。ヴォーカル抜きのインストも収録されているけれど、声という感情表現の手段が抜かれたことで新たな聴き心地が獲得され、しかし主たるメロディが消えたことによる物足りなさはないのだから、恐れ入る。

Remixも聴きごたえあり。Famiresで誰だろうと思ったら、omoshiroebiさんの新しい名前だった。よりシンセサイズで、EDMライクなアタックの強さもあり、ギターかな?エモいフレーズも挿入されていて、すごくエキサイティング。オリジナルとは違う魅力で良Remixです。対するstepicのRemixが対照的で、スローダウンしたエコーイックでファンタジックな音像から始まり、アコギやピアノもまぶしつつ、やがて訪れるダイナミックな展開とオリエンタルなメロディでカタルシス。これまた良Remixです。こうして聴くとそう、‘Fortissimo’は、そのインスト、そのRemixたちと、みな違った聴き心地があって、一粒で4度楽しめるのです。

その上、タイトルトラック‘waffle’も収録されている。物憂げな雨の効果音とマッチする、丸いサウンドのイントロ。やがてさまざまなサウンドとメロディ、フレーズが交錯し、カラフルな世界が描かれ、その最中にもキュートなヴォイスやエディットヴォイスで巧みなブレイクを差し挟み、また物憂げな雨のシーンに返っていくという、雨の日に羽ばたく想像の翼を音像化したような、素敵なトラック。

常にその才能をうかがわせるトラックたち、間違いなく優れたトラックメイカーだと思っていますので、名前も変わったことだし、ここからはコンスタントにリリースしてほしい! ちなみにこのカバーイラストもpolu本人が描いているみたいですよ。



Gossip Palace – Torsi

 Gossip Palace - Torsi Cover

 – Tracklist –
 01. Cloud Tube
 02. Ghosting
 03. Pepermint Peaks
 04. Firepower
 05. Izzy Black
 06. Jonquil
 07. White Flowers from a Saint
 08. Soda Rot
 09. Nap Aches
 10. Solar Powdered
 11. Vivite Somnia


+ + +


 Release Page Deleted!

 Release Date : 2017.02.17
 Label : Silver Throne Records

 Keywords : Electronic, Future Beats, Hip-Hop, Melodic, Swamp.


+ + + + + +


アメリカ合衆国はミシガン州デトロイトのレーベル、Silver Throne Records。前身はOCCULT DREAMSであると勝手に解釈しているが、間違っていたらスイマセン。

このあたりのBeats~Future Beats(と書いてはいるが、私はよく分かっていませんよ勿論)系のアーティストは、VaporWaveのそれよりはマシかもしれないが、やはり誰が誰やらよく分からない。聞いたことない名前だから新しい人かと思ったら誰かの変名とかは改めて書くまでもなくよくあるパターン(書くまでもなく、といいながら書いているが、ご愛嬌だ)。つまりこのGossip Palaceもよく分からないということで。

この金で作られた(あるいはゴールドプレート―金メッキかもしれないが)オブジェは何であろう。じっと見つめながら視点をあちこち彷徨わせてみるが、判然としない。何かのキャラクターのようにも見えるが、私の知っている中にはないようだ。ショーケース、ガラスケースに展示されている様子のそれは、衆人環視の状態でありながら、しかし意味を持たないようにも見える。意味のあるものを組み合わせたようで、それでいてその実何も表しておらず、あまつさえ“金”という、一般的には価値のあるもので仰々しく存在感を放ち、人目をひきつける。そう、それはまるで“Gossip”―噂話。

音楽的にも一言では表現できない、とは言っても複雑怪奇なものでもなく、Hip-Hopを下地にした、Melodicなフレーズが頻出する、聴きやすい作風ではないかと思う。シンセチックな電子音や、フワフワとしたAmbientな音色を使う一方で、ダビーに振動する‘Firepower’や、‘White Flowers from a Saint’が作品を引き締め(後者はSILENT POETSを想起した)、またラストの‘Vivite Somnia’ではメロディでもって幾ばくかの抒情性を漂わせる。アブストラクトな側面もあるけれど、トラック自体が決して長くないので、飽きずに最後まで聴けるというのも特徴だろうか。各トラックがフックを持っているというのもあるかもしれない。不思議と引き付けられる魅力がある。

さまざまなサウンドを用いたシンセサイズな音像が醸す冷たい人工感。そう、言いたかった言葉は“イミテイション・ゴールド”だ。だがここにある音楽がゴシップを揶揄する意味でイミテイション・ゴールドな佇まいを持っているのか、私にはよく分からない。こじつけすぎかもしれない。



Hana Sent – Lampoooni [51bts052]

 Hana Sent - Lampoooni [51bts052] Cover

 – Tracklist –
 01. Escape
 02. La Maison Démontable
 03. Kikiwon
 04. Wonderlust
 05. Hanarcade Summer
 06. Mooncup



 - 02. La Maison Démontable


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! / * = pay what you wish.
  :: SUPER LIMITED CASSETTE EDITION AVAILABLE. ::

 Release Date : 2017.04.07
 Label : 51beats

 Keywords : Electronic, House, IDM, Synthesizer.


+ + + + + +


イタリアン・ネットレーベル、51beatsからリリースされたHana Sentのデビュー作です。彼/彼女は、イタリア基盤のアーティストであることが明かされていますが、他はいっさい謎。リリースページには“ghost electronic music composer”と記されています。

4つ打ちHouseなビートにチープなシンセをまぶした、あっさり仕上げのエレクトロニック・ミュージック。今どき(って言ってしまうと語弊がありますね。どこにおける今なのかって話ですが)のコテコテなシンセサウンドにはなっておらず、音数も少ないし、ゆえに(もちろんサウンドメイクもあるけれど)音の輪郭もはっきりしている。というように非常に簡素な作りになっているにもかかわらず、ここには心、そして耳をひかれる何かが存在している。

それは主に、チョイスされているサウンド、音色であり、またささやかに流れるメロディであると私は思っている。80sという形容も可能かもしれないが、何を以って80sかというのが、イマイチ説明できないのでこれ以上踏み込みませんが、Lo-bitでシンセ然としたサウンド、音色が呼び起こす(いつのものかも分からぬ)ノスタルジア。そして長閑ともいえる、おだやかで優しげなメロディ(強くはないが)、それは休日の昼下がりを思わせるほどにドリーミィ。その様子はIDM/Electronicaに通じるものだと思ったりもするのだけれど、Acid Houseなトリッピ―感もブレンドされており、硬派なファッションと可愛いメイクが同居しているような、不思議な聴き心地。

‘Wonderlust’ではパーカッシヴなリズムや民族音楽のようなコーラスが聴こえてきたりもするのだけれど、そういった部分からはChillWaveのエッセンスも感じたりする。また‘Hanarcade Summer’の冒頭、これはサンバのリズムにも取れる―すぐにほかの音がかぶさってくるので、そのイメージは消えてしまうけれど。そんなように、チープで簡素なサウンドの裏に潜んでいるさまざまなサウンドエッセンスが垣間見えるところも、興味深い。

頭の‘Escape’はわずか28秒のインタールードなのですが、このフレーズをラストの‘Mooncup’で使っているのも面白いです。リプライズ的な。


+ + +


余談。51beatsといえば、errnoisの“The Winter Season”、好きでした。Indietronicという言葉が相応しい素敵な作品でした。今ではこの名義はもう使っていないようですが。興味のある方はどうぞ。


+ + +


Credit :

Music and graphics by Hana Sent

Released by:
51beats
Release date:
7 april 2017
“Lampoooni” by Hana Sent is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License

(CC) by – nc – nd 4.0



neokyoto – Zero Transition

 neokyoto - Zero Transition Cover
 – Tracklist –
 01. A Spinning Disk
 02. Circuit Drift
 03. Tastes Like Mercury
 04. Incubate Me
 05. MedBox Express
 06. Myst
 07. Zero Transition
 08. Ruined Arcade Zone



 - 05. MedBox Express


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.03.17
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Melodic, Post-Punk, Shoegaze, SynthWave, VGM.


 Related Links :
  ≫ neokyoto.net
  ≫ neo kyoto on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


アメリカから現れた様子のneokyoto(ネオ東京じゃないよ!)は、Post-Punk/SyntWaveプロジェクト。というのは私が勝手に言っているだけであって、ソロなのか、ユニットなのか、バンドなのかは分かりません(おそらくソロでしょうけれど)。とりあえず現時点で公開されている作品は4つあって、今作が一番新しい。ほかには“Cobalt Cavern (demo)”と、“Rough Cuts”、“Terminal B01”があって、後者2つはSoundCloudでしか公開されていない様子。

もともとがどういうコンセプトで始まったのか分からないんですが、neokyoto(ネオ京都)っていうネーミングからしてやっぱりサイバーパンクな香りがするじゃないですか(と誰にか問いかけてみる)。実際今作は確かにVGMな向きもあるSynthWaveで、そこにはやっぱり安易かもしれないけれど未来的な都市の風景が立ち上ってくる。それは実にストレートにネオ京都というワードから感じられるフィーリングと結びつくのである。ところがどっこい、“Rough Cuts”なんかを聴いてみると、New Orderチックな、哀愁漂うメロディのPost-Punkが鳴らされているではないか(意表を突かれてグッと来たので下に張らせてください)。もちろんこの“Zero Transition”についても、分かりやすいPost-Punkの要素はあるのだけれど、それよりも電子感を前面に出したSynthWaveやVGM、そこから引いてはサウンドトラック的な意匠が強く感じられる。

はて、どこがターニングポイントだったのだろうと考えるよりも、これはneokyotoの中にもともとあった素養が披露されているのかもしれない。鍵盤のメロディや和楽器の雅な響きを利用したタイトルトラック‘Zero Transition’やSyntWave meets Post-Punkな‘MedBox Express’を聴いていても、器用なイメージがある。特に後者はいいですネ。マシーナリーなサウンドの中にあって、エモーショナルなギターが存在感を放っている。 また前述の“Terminal B01”においてもサイバーパンクなイメージ、Post-Punkなサウンドを下敷きにしつつも、オーケストラルなサウンドを作っていたりして、なかなか素敵なバランス感覚です。

きっとそのときどきで自分のモチベーションにあったサウンド、作品を作っていくのでしょうけれど、次は是非PopなPost-Punk作品でお願いします。今作もよいけど、やはり“Rough Cuts”がシビれるんですよ。





+ + +


About a boy trapped in a computer simulation.



helen – 404

 helen - 404 Cover

 – Tracklist –
 01. エコー
 02. 誰がそこに行く
 03. 悲惨
 04. 私は眠れない
 05. 何も終りはありません
 06. ヘレン



 - 03. 悲惨


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.1.21
 Label : Not On Label / also available on New World.

 Keywords : Ambient, DreamPunk, Electronic, Future, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ helen on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


都市の夜景。ビルの間を渡る風。往来を渡る車、列車、バイク、行き交う人々。レトロフューチャーというよりは、サイバーパンクな未来風景。決してあからさまではないその見せ方が、好ましい。私の脳裏に浮かぶのは、“Blade Runner”でもなく、“攻殻機動隊”でもなく、なぜか“The Matrix”なのであった。なぜかはよくわからない。ただおそらくは、使われているセリフなどを鑑みるに、世界観としては“serial experiments lain”なのではあるまいか。未見ではあるが。しかしこの精神世界へのコネクトを感じさせるサイケデリックな質感は、確かに“レイン”が感じさせるものと似ている。ように思う。ぼんやりとではあるけれど、電脳的精神世界とでも呼ばせて頂ければ幸い。

さて―

M-2―ズッシリとしたリズムの裏で加速する音風景や細かく刻まれるエフェクトは、薄汚れた電脳世界をさまよう意識、その領域は一つの到達点を求めてゆるやかに収斂する。最中に混線したように入り込んでくるスポークンワード。他のトラックにおいても散見されるそれらワードは、日本語をメインにしており、日本語圏以外では一風変わったエキゾチックな―異国情緒を醸すのかもしれないが、ここ日本、私の耳には、その言葉の意味はストレートに入り込み、意識にまとわりつき、ある種の精神世界的な気味の悪さを感じさせるのである。

携帯電話がふるえるバイブ音をエコーさせてリフにしてしまう‘悲惨’が面白い。雑踏の声や音、種々のシンセティックなサウンドが左右の耳朶を舞い、そこには、ネオンに彩られたサイケデリックな未来の―あるいは目にしたことのない世界の―繁華街が浮かんでくる。すれ違う人たちの背中はみな煤けていて。薄汚れた衣の下に隠されたサイバネティクスの影。マンションの一室にいる情報屋には金だけとって逃げられる。

ミスを犯し街をさまよう―‘私は眠れない’。寄る辺ない彷徨。ネオン瞬くバーの扉の隙間からフリークスが顔を出す。視線が絡む。お互い珍しくもないといった感じで表情なく、視線を外す。動かない感情。

電脳の網の目の中に見つけた失われたアイデンティティー―‘ヘレン’。かつてあった本当の自分、自らも知らない自分―それは真実か否か―を見つける瞬間というのはとても恐怖であり、ショッキング。大いなる意思に逆らって突き進むも、繰り返される‘Lets never come here again’の言葉。だが自らの存在を知るために、そしてこの世界の仕組みを知るために、進み続ける「私」。やがてスローモになる音の流れは、機能の停止か。悲しきcybernation doll

と、思うままにイメージを書き散らすと二束三文な、どこかで見たようなイメージに引き寄せられてしまうのですが。万有引力。それも面白い。でもAmbientな佇まいでありながらドリーミィ(あるいはサイケデリック)でCyberPunkな音世界を描いており、DreamPunkという言葉はまさに相応しい。こういうVaporWaveを経由したであろう、仄暗く、シネマティックなサウンドスケープ、好きであります。Setsuko Suwa(諏訪節子)なんかも好きなのよなあ。彼/彼女のトラック“06“のビデオ、ここでも“レイン”が使われている(まあこの界隈では珍しいことではないけれど)。というかビデオを作製したと思われるのは1-900-9099-CRYなのだが、そのYouTubeチャンネルには、このhelenの‘私は眠れない’のビデオもあるではないか。どっかどうかでこの辺りが繋がるのであろうか。

ちなみにhelenは岸本加世子さんをシンボルに使い(北野武監督の“花火”の頃か? 愛と死のイメージなんだろうか)、諏訪節子は南果歩さんをシンボルに使う。何か通底するものが感じられないだろうか。上手く言葉にはできないが・・・。

なお今作、ジャケットイメージをエディットの上、トラックタイトルを英語に変え、New World.からもリリースされています。



MIXTAPE : 永遠 PERSPECTIVE




My Mixed Tape #3.

Originally Published on 8tracks : 2013.11.27

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.19


– Tracklist –


 [00:00] _yi. – sugar rush
 ≫ from “OTNJ_B” (2013)
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [07:26] ANgR MgMT – Exponential Mileage
 ≫ from “Cut Ups EP2” (2008)


 [10:42] superspink – Aeiou
 ≫ from “Forces” (2011) :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 [12:49] kenji – Air Flowers
 ≫ from “Raindrops” [USC-WR-1303.0155] (2013) :: (CC) by – sa 3.0 ::


 [17:14] Olivaw – A Long Walk
 ≫ from “Tonight We’ll Rewind The Tape With Pencil LP” [UP012] (2012)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [21:51] Missqulater – Head Up Big Brother
 ≫ from “Jehm Sounds Pt. 2” [JR015] (2013)


 [24:54] ADREIM999 – 50’s Hate A
 ≫ from “Murky Habits” [IPND014] (2012) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [27:00] HALCALI – Strawberry Chips (JAKAZiD’s Rave Breaks Remix) (2013)
 ≫ by JAKAZiD



Akimbo – 스트라타 Strata

 Akimbo - 스트라타 Strata Cover

 – Tracklist –
 01. Strata
 02. Strata (PPUL remix)



 - 01. Strata


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.11.22
 Label : Tonal Unity

 Keywords : Bass, Drum, Electronic, Emo, Primitive, Traditional, World.


 Related Links :
  ≫ Akimbo on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


韓国はソウルのレーベル/コレクティヴであるTonal Unityより。ファウンダーのAkimboの作品です。

SoundCloudでふと流れてきた今作のトラックを聴いて、シビれたわけです。めちゃめちゃカッコよくないですか、単純な表現で申し訳ないですけれども。いや、やっぱりカッコいいんですよ、もっとも素直に、心の表面に浮き上がった言葉をさらうなら、カッコいいんです。World musicに造詣など深くないし(別に何に対しても深くない)、とりたてて興味を持っているわけでもないし、だから意識的に聴くということもないんだけれど、ふとした拍子に引き込まれてるときがあって(たとえばNusrat Fateh Ali Khanとか)、何がキーになっているか自分でもわからないのですが、この作品はそのキーを持っているのでしょう。

メカニカルな聴き心地なので、勝手にサンプリング・ミュージックかと思っていたのですが、クレジットを見ると、実演奏の上、それを編集しているようです。Akimbo自身はsynth, bass, drums, percussionを、Woon Jung SimがJanggu(チャング), Bara(瓢箪ドラム), Buk(農楽太鼓), Jing(銅鑼)を、それぞれ演奏。それらをAkimboがアレンジ、編集しているようです。打楽器ミュージックというか、ドラム・オリエンテッドというか、そういう音楽なわけですが、それだけで好きになるというわけでもないので、どこが魅力的であるのか考えてみる―

Traditionalでプリミティヴな響きをもったドラム/パーカッションが(ささやかながら)GlitchyなBreakbeatとなり、その上に韓国の口承文芸であるパンソリの歌を、これまた編集して被せている。ドラムはときに機関銃のような機械的連打となり、浮遊する声部はAmbientでありながらトランシーな聴き心地もあり。全体としてはメカニカルな質感ながら、その底に原始的な精神(それは純粋に欲望であったり、音楽的・精神的快楽であったり)が確かに流れていて、その辺りがこの音楽を特殊なものにしているのではあるまいか。また低音を強調気味の音作りは明らかにBass music経由のアプローチだし、使っている楽器やその鳴りはTraditionalでも、現代的な音楽になっていると思います。

Remixの方は、より機械的なサウンドになり、Bleepyな電子音が顕著に、アグレッシヴなイメージになっています。他の作品でもそんなにスタイルが大きく変わるわけではないのですが、現時点では今作が一番好きかなあ。ふとNine Inch Nailsなんかとイメージが重なる部分もありました(彼の作る音楽もリズム・オリエンテッドだし、民族音楽、World musicも決してアンテナから外れていない)。あとQuiet LoungeからリリースしていたRed Unitのサウンドも思い出す。というわけで、心と体が動いてしまった人は、過去の作品も聴くべし。


+ + +


Note :

“Strata” is a new single release grown out of a collaboration with artists of the young generation of traditional musicians in Seoul. Akimbo has recorded a variety of instruments played in experimental ways, using his library to craft new visions of Korean sounds. This track was inspired from the Gqom music of South Africa; musically translated with Korean traditional drums and Pansori vocals. Seoul producer PPUL on the big bad remix!

“스트라타” 은 서울에서 활동하고있는 젊은 국악 뮤지션들과의 콜라보레이션으로 이루어진 새로운 싱글 릴리즈이다. 아킴보는 다양한 전통 악기 소리를 실험적인 방법으로 레코딩을 한 뒤 그것을 토대로 새롭고 독창적인 그만의 한국 사운드 만들었다. 이번 트랙은 남아프리카의 Gqom 음악으로부터 영감을 받아 한국 전통 타악기와 판소리로 음악적인 재해석을 했다. 서울에서 활동하고 있는 프로듀서인 PPUL의 엄청난 리믹스를 공개한다!

:::: Credits ::::

Akimbo: Synths, bass, drums, asst. percussion, arrangement
Woon Jung Sim: Janggu, Bara, Buk, Jing

아킴보: 신시사이저, 베이스, 드럼, 타악기, 작곡
우정심: 장구, 바라, 북, 징



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。