ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Glitch

Various Artists – Cómplices

 Various Artists - Cómplices

 – Tracklist –
 01. Gnomo – Desaparecidos
 02. Oceanozero – En Desobediencia
 03. pHunk – La Noche
 04. Datashit a.k.a. 00.2.7x – Basura
 05. Safoh & Venus – Hemeo Aztinomia
 06. In-seckt – Get Out Of My Head
 07. pHunk – Mucha Policía



 - 03. pHunk – La Noche


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.
 Release Date : 2017.10.06
 Label : Incordia Netlabel

 Keywords : Compilation, Breakcore, Electronic, Glitch, IDM, Jungle, Noise.


+ + + + + +


自分の中の忘れていた自分に出会うというのは、いつもショッキングであり、そしてそれが自分の望まない自分であった場合、恐怖でもある。

最近私は愛用していたウォークマンを失くしたのである。つまり日進月歩の便利な電話モドキとは別に音楽再生装置を持ち歩いていたわけである。おそらくは食堂で下膳の際にトレーに乗せたまま、そのままベルトコンベアに託してしまったのはでないか、つまりベルトコンベアの先に待ち構えている食器や何やかんやを洗うシンクにドボンしたんではないかと考えられる。いや確認はしていないが恐らくそう。ああ。

まあ新たに買うことは決定事項であるとして(現時点で購入は果たされている)、その時間が取れるまでは、しばらく私は裸の耳で過ごさねばらななくなった。裸の耳というのは、つまりガードがないということである。

学生時代が終わってしばらくは私は携帯型音楽プレイヤーに否定的だった。尊敬していた人物の言も関係していただろう。「しゃらくせえ」と思っていた。音楽じゃなくて身の回りの音を聞けよ、なんて思っていた。が、いつからかうっかりウォークマンに手を出したらすっかり戻れない。自意識過剰で頭悪い私は、いちいち他人の視線や言が自身の矮小さを指摘しているように感じられる質なので、ウォークマンを通じて左右の耳の間に作られる世界は、そのわずらわしさから身を隠すのにうってつけだった。

はたして久しぶりにそのガードが外れてしまった私はしかたなく丸腰で電車に乗るわけだが。これが実に落ち着かない。自分でもハッキリ分かるくらいに。どれだけ音楽によるガードに依存していたのかを思い知る。そしてそんなときに私の前に立った大学生男女が充実したトークを繰り広げるものだから(内容は省きましょう)。対比的に自身の暗く鬱々とした学生時代が浮き彫りになってくるようで。耳をふさぎたくなる(目は閉じた)。お決まりの矮小感が身を貫く。逃げ場がない。“ああオレこんな人間だったな”と己の弱さに面喰い、そして精神的にうなだれる。“今畜生!”という気概もなく、ズルズルと家路を歩く。

そんな自分には再会したくなかった。

きっとそんな車内で私がウォークマンを持っていたなら、今作を再生していただろう。なんて思う。耳をふさぎたいってよりは、自分をブッ飛ばしたい気持ちかもしれない。でも聴き返してみたら、そんなにやかましくなかったネ。


+ + +


(CC)by – nc 3.0



Mikk Rebane – Pending

 Mikk Rebane - Pending Cover

 – Tracklist –
 01. Connected
 02. Misty Windows
 03. Pending Devotion
 04. Parallax Wizdom
 05. Shore of Singularity
 06. Ex Masha
 07. Groupshift
 08. Blind Fox’s Rain
 09. Hysterical Contagion
 10. Paper Home
 11. Premortem



 - 07. Groupshift


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.07.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Glitch, IDM, Melodic.


 Related Links :
  ≫ Mikk Rebane on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


BFW RecordingsBump footからもリリースのあるエストニアのトラックメイカー、Mikk Rebane。2017年には“Margins”をリリースしていますが、こちらは2016年の作品。

正直もうリバイバル的にでもこの手の音にスポットライトが当たることはないのかなあと、思っていて、だから一定層にしか好まれなくてファンが拡大するってことはないのかもしれないけれど、私はこういうサウンドが大好きなのです。冷たいサウンドの中に滲む抒情性と言いますか。それはミニマルテクノとかに比べたらはるかに機械的な質感は薄いし、感情性もあるように思うけれど、それでもラップトップ特有の冷たさっていうのはやはりあると思う。その冷たいテクスチャーに差し挟まれるメロディが、私の場合は、肝になってくるのだけれど、このMikk Rebaneはこのメロディセンスが素晴らしい。

ネットリリースを行うこの手のサウンドのトラックメイカーで私がファンと公言できる人物は何人かいる。いつも挙げるのは、“Transhumante”も記憶に新しいCrisopaや、寡作ながらその才能は折り紙つきのMosaik、GlitchyにしてビューティフルなIDMメイカーEnabl.ed (aka iameb57)、この3人がトップ3だったわけですが、今作や最新作を聴いて、このMikk Rebaneもそこに食い込む勢いですね。コンスタントなリリースと、クオリティが押しなべて高いというのがポイント。

Ambientな包容力、あるいはGlitchの妙、というよりは、メロディに寄っている印象が強くて、それがこのMikk Rebaneのキャラクタ―であるようにも思います。あとは‘Ex Masha’に顕著なように、楽器音―ここではギター(シンセサウンドかもしれませんが)を使ったトラックメイクも披露している―というのも特徴かと。たぶんこういう形じゃなくても、ギターとかピアノだけでも素敵な曲を作れるんではないかなあと思ったりもしましたが、いかがでしょうか。

(自分の中で)ザ・エレクトロニカなイントロを持つ‘Groupshift’も素晴らしい。(これまた私の中で)深海IDM/Electronicaと呼ばれるカテゴリーがあるのだけれど、そこに属する。まあ深海なんて行ったことないわけだけれど、真っ暗で光もささず、何ら感情性のない冷たい流れがある中で、微細なクランプトンの死骸―マリンスノー―がゆるやかに舞い、降り注ぐ、冷たくて幻想的な、そして神秘的な風景。ロングトーンなシンセがコーラスと共にうねる‘Blind Fox’s Rain’も、陽光乱れる川面の流れにさまようノスタルジアなイメージでよい。

そして今作で(最も)特筆すべきはラストの‘Premortem’でしょう。ストリングスサウンドで以て繰り広げるドラマティックで壮大なサウンドスケープは作品の終幕にふさわしい。Classicalな気配もありながら、しっかり電子音もまぶしつつ、それまでのどのトラックとも違っていて、悲しみや別れ、何がしかの決意を感じさせるような、とても感動的、情動的なものになっている。

IDM/Electronicaが好きな方は、是非ぜひ、過去作も含めてどうぞ。


+ + +


(CC) by – nc – sa 3.0



otro – vida

 otro - vida

 – Tracklist –
 01. vida
 02. portrait
 03. duelo
 04. y/otro
 05. sujeto
 06. siento
 07. roto
 08. resurrección
 09. accord
 10. libera


+ + +


 Release Page Deleted!

 Release Date : 2017.02.24
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Glitch, Hip-Hop, IDM, Techno, Trap, Synthesis.


 Related Links :
  ≫ otro on SoundCloud
  ≫ socratako. on bandcamp


+ + + + + +


スペインのトラックメイカー、otro(Aaron Morris)。otroはスペイン語のようで、英語にするとother、つまり“他の”という意味になるようだ。もともとはsocratako.という名義で活動していたようで、そのときのbandcampも消されずに残っている。それを踏まえたうえで“他の”という名前になったのかは分からないけれど、明らかに差別化が図られている。IDMやIndustrial、Body music~NewWaveをブレンドした電子音楽は、この名義になって、果たしてどう変化したのか。

ディレイやリバーヴを散りばめつつも、直線的、鋭角的で、音の粒やパーツのたった、パッキリとした音像から、歪で混沌とした抽象的、曲線的で、グニャリとした粘土細工のような音像へ―それぞれのパーツは互いに絡み合い、もともとの形を変え、ひとつにまとまり、そのさまはグロテスクでもあり、同時に美しくもあり。ある種の造形美。作品の中ほどとラスト、ふいに顔を出すAmbientなトラックは 否が応にも静謐な風景を引き起こす。

彼のInstagramを眺めてみれば、何気ない日常のスナップとは別に、ノスタルジアと、性と、暴力と、都市あるいは建築物の無機質性、それらを内包した写真、そして仄暗いスケッチ、のようなものが散らばっている。作品にある音たちにも、そこからそう遠くないイメージを、私は持っている。感じている。

一言でいってしまうと、似た感想を持つ人もいるかもしれないが、Arcaなのです。広大な宇宙空間から個人の精神世界にダイブしてくるみたいな、急激な収斂。歪にいきり立つシンセ音。孤独に瞬くそれらは、ロマンチックでもあり。ざらついたシンセティックなレイヤーの伸縮は、平面から立体へと変化するオブジェのような不可思議性―そしてそれは異形のイメージ―につながっていく。

リズム的にはだいたいにおいてHip-Hop~Trap的なものが用いられていて、このあたりが今作の分かりやすさに役立っているのではあるまいか(といっても、もちろん大衆的な音楽ではないけれど)、それはまるで文学とエンターテイメントの狭間を行くような、ともすれば中途半端にも捉えられてしまう所業かもしれないが、今作は実にうまいこと、その狭間をいっていると思う。Arcaチルドレンがどれだけいるのか分からないが、今作はその成功例といってもいいのではないか(ネガティヴな意味ではなく)。パーカッシヴな鳴りや、どことなく中近東を思わせるメロディラインも、いい具合にフックになっている。

聞けば彼otroはまだ10代だということで、音楽を続けていくのならば、そのスタイルはこれからドンドン変化していくのかもしれないし、これもその内の一つとして過去のものになってしまうのかもしれない。影響源と思しきArcaにしても(otroのSoundCloudではArcaの‘Anoche’がしっかりとリポストされている)、現時点で新作の全貌は明らかではないけれど、公開されているトラックから察するにおそらくはこれまでと同じではないだろうし、だとすれば初期Arcaとでもいうべき独特の音像を誰かが引き継ぐというのも、面白く、価値のあることなのかもしれない。


+ + + + + +


ちなみにsocratako時代の面白いビデオ―

これって実際の映像ですかね。致死量でしょ。日本の狂気。



MIXTAPE : COSMIC VOYAGE




Electronic music collection.
for spacewalk (in your room)

Originally Published on 8tracks : 2015.02.12

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.21


– Tracklist –

 [00:00] zunzagi – rcreatures
 from “Delayed emotions” (2011) / [mirror
 :: (CC) by – nc 3.0 deed.en_US ::


 [04:20] Iameb 57 – This Is How It Will Feel
 from “Derlka EP” [IDEA014] (2009)
 ※ Ideation Recordsからのリリース。現在レーベルは消失。トラック自体は“Tape Deck Volume 2”に再収録されています。


 [08:37] 08 – 256 (in/jure)
 from “Being Blown” [MELO-002] (2006)
 ※ロシアのmelomaniaからのリリースでしたが、消失したか・・・? 08(Lev Mikeshkin)のSoundCloudはココ


 [13:47] Red Tunnel – Dali Cr Ystal
 from “sYncro” [SBWS009] (2009) / [PICPACK009] (2010)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 / (CC) by – nc – nd 2.0 ::


 [18:08] aniline – orange
 from “raz el hanout” [THEM0010] (2009) / [DL ZIP
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [24:49] IJO – Ecter Cliffs
 from “Selektida” [Sutemos026] (2009)
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [28:48] Recue – Bivouac
 from “All the Wrong Places (Remastered)” (2015)
 ※ Originally released by Rednetic Recordings in 2008.


 [32:51] Crisopa – Matching
 from “Last Membrane” [escala 1:6] (2010) / [mirror
 :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 [39:48] Slylab – Jupiter upon My Head
 from “Singles” [BFW096] (2010) / [mirror
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [43:43] Yaooo – Ifs X On
 from “Silence” [QULT MP3 #47] (2008) / [DL ZIP
 :: (CC) by – nc – sa 2.0 ::



MIXTAPE : 永遠 PERSPECTIVE




My Mixed Tape #3.

Originally Published on 8tracks : 2013.11.27

Re-Uploaded on YouTube : 2017.01.19


– Tracklist –


 [00:00] _yi. – sugar rush
 ≫ from “OTNJ_B” (2013)
 :: (CC) by – nc 3.0 ::


 [07:26] ANgR MgMT – Exponential Mileage
 ≫ from “Cut Ups EP2” (2008)


 [10:42] superspink – Aeiou
 ≫ from “Forces” (2011) :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 [12:49] kenji – Air Flowers
 ≫ from “Raindrops” [USC-WR-1303.0155] (2013) :: (CC) by – sa 3.0 ::


 [17:14] Olivaw – A Long Walk
 ≫ from “Tonight We’ll Rewind The Tape With Pencil LP” [UP012] (2012)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [21:51] Missqulater – Head Up Big Brother
 ≫ from “Jehm Sounds Pt. 2” [JR015] (2013)


 [24:54] ADREIM999 – 50’s Hate A
 ≫ from “Murky Habits” [IPND014] (2012) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [27:00] HALCALI – Strawberry Chips (JAKAZiD’s Rave Breaks Remix) (2013)
 ≫ by JAKAZiD



Enabl​.​ed – Anchors ep [ERR026]

 Enabl​.​ed - Anchors ep [ERR026] Cover

 – Tracklist –
 01. Comfort Pillow
 02. Reset Vitamin
 03. Inhaled Menthol



 - 01. Comfort Pillow


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.12.27
 Label : Clean Error Records

 Keywords : Braindance, Electronica, Glitch, IDM, Melodic.


 Related Links :
  ≫ Enabl.ed on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ iameb 57 on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


Clean Error Recordsより、主宰のiameb 57/Enabl.ed(Jimmy Batista)の作品が突如リリース。これが激アツな聴き心地で思わず筆をとる。

私が彼のサウンドを初めて意識したのは2009年に今は亡きIdeation Recordsからリリースされた“Derlka”を聴いたときだった(ちなみに現在は公開されておらず。一部トラックはm-tronicからの“Tape Deck Volume 2”で聴くことができます)。今までにも何回か名前を出しているトラックメイカーなので、このブログを隅々まで読んでいる奇特な方はきっといないでしょうが、そんな人、あるいはネットリリースのビューティフルなIDM/Electronicaを追ってきた人は、ご存知かと思います。

Hip-Hopも経由した機械的な歪なビートと、Abstractなテクスチャー、それが彼のサウンドの大きな特徴ですが、もうひとつ、忘れてはならないのは、そのビューティフルなメロディ。すべてのトラックにおいて発揮されているわけではありませんが、この電子の響きを放つクリスタルなサウンドで奏でられるメロディが立ち上がってきたときの、得も言われぬカタルシスたるや。メロディを湛えた彼のトラックを聴いていると、いつも思い浮かぶイメージがあって、それは宇宙、なのです。もっと的を絞っていくと、宇宙空間に浮かび、さまよう太古の遺跡。あるいは深海にたたずむ、物言わぬ神殿。コズミック、ロマンティック、神秘的なそのイメージ。その風景は御大µ-ziqの‘hasty boom alert’を聴いたときに感じる心象風景と、そう遠くない。今作のM-1など特に、思わず聴いてて声をあげてしまった! 常々思っていることですが、どこかにVGMにも通じる感触があって、そこが私の琴線を刺激してやまない理由、のひとつだと思います。

Discogsを見ると分かるように、彼はiameb57名義でも、Enabl.ed名義でも、過去に多くのネットレーベルからリリースを行っていました。しかし今やそのほんどが、おそらく(レーベルの閉鎖などに伴い)公開を終えています。これは非常に残念だと思いませんか。今作を聴いてその気持ちを改めて強くしました。いやもちろん最近は自身のレーベル、このClean Error Recordsからリリースを行っていますが、過去の作品も、改めてまとめて欲しいなあ、などと思う次第(自分が所持している音源の中でベストをまとめてみようか、などとはボンヤリ思っている)。

歪なバックトラックと、ビューティフル(そして抒情的)なメロディの混合は見事なバランス感覚としかいいようがなく、どちらかに傾けば立ちどころに聴き心地が悪くなりそうなところ、絶妙なさじ加減でもって、音楽的快楽をもたらす領域に在り続けている。以前からそう、私の中では十指に入るネットアーティスト/トラックメイカーでしたが、今作でその地位は揺るがぬものに。翳りのあるメロディと破裂的、破壊的なリズムの対比が不思議な聴取感を生むM-2や、ミスティックな空間と奇妙な鳴りのドラムを従えて、二本のメロディが主役を奪い合うM-3も、それぞれ素敵だけれど、とにかく、少なくとも、M-1だけは聴いてほしいのです。すばらしい。

ああ、前にも書いたかもしれないけれど、マクロな昆虫写真とかも、イメージとしてある。メカニカルな造形美。冷たく、グロテスクな、美しさ(それらは矛盾しない)。血が通ってはいないが、しかし動きはあり。それはやはり神秘。



kishochki – Лук и Стрелы [MNMN363]

 kishochki - Лук и Стрелы [MNMN363]

 – Tracklist –
 01. Slip Out
 02. Toluca
 03. Split Saber
 04. Companion Cube
 05. Significant Looks
 06. Mania
 07. Friendship
 08. Pink Hills
 09. the Jaunt
 10. Toluca (Mobos & Modkid remix)



 - 05. Significant Looks


+ + +


 Release Page Download Free! * = pay what you wish.) :
  ≫ [ main ] / [ mirror1 ] / [ mirror2* ] / [ mirror3 ] / [ Yandex1 ] / [ Yandex2

 Release Date : 2016.02.25
 Label : MNMN Records

 Keywords : Ambient, Chill, Electronica, Glitch, IDM.


 Related Links :
  ≫ kishochki on Last.fm / on SoundCloud / on bandcamp / on VK (VKontakte)


+ + + + + +


ロシアン・ネットレーベル、MNMN Recordsより。kishochkiことVlad Chervonnyの作品がリリースされています。これまでにも複数のリリースがありますが、前作“Community”は2013年ということで、少なくとも2年以上のインターバルが開いています(まあ普通ですけども)。同レーベルから2012年にリリースされた“kishochki 2​.​0”は聴いていたんですが、それ以降はちょっと遠のいてしまっていました。

IDMやElectronicaと形容される音楽になるかと思うんですが、このあたりの音楽って音楽性がすごく幅広いと思うんですが、メロディで聴かせるタイプと、そうでないタイプと、けっこうパックリ分かれると思うんですね。このkishochki(発音分かりませんがな)がどちらのタイプかと言ったら、後者になるかと思うんですが、じゃあ何が魅力なのかって言ったら、テクスチャーの妙だと思うわけです私としては。ビリビリと振動する空間にひきつったHip-Hop経由のリズムを鳴らし、サンプリングと思しきコーラスを入れるなどして、奇妙なChill感を出したりしてくる(これはほんの一例ですべてがこのスタイルではない)。パーカッシヴなリズムとIDM/Electronicaの幻想感が合体していたり、カットアップしたミニマルなギターを使ったGlitch-Hopだったり、スタイルが限定されていないのです。Hip-Hopが大きな要素としてあるんだろうなあと思うんですが、決してそれがストレートに表に出てきているわけではなくて、エッセンスとして機能している。

そんな調子なので、わりと硬質でアブストラクトなイメージを持っていたのですが、今作でそれを覆されました。重めのリズムはほとんど用いられておらず、全編に奇妙な浮遊感が漂っています。ホワイトノイズのような、ざらついた空間が支配していて、ソフトなShoegaze感すらあるかもしれません(決してShoegazeではないですよ)。その空間の中に立ちあらわれるレイヤーだったり電子音だったりが、絶妙に、そして微妙に、メロディを形成しているのです。相変わらず奇妙な音作りですし、リズムはミニマルだったとしても、ヘンテコなエフェクトや効果音がふんだんに用いられていて、飽きさせません。M-4‘Companion Cube’のメロディの鳴りなんて、キュートというか牧歌的な空気があるではないか(かと思ったら後半でベロベロにエフェクトがかかって、襞状に歪んでいく)。

かなりAmbientに寄った作風になっていると思うんですが、その部分が私の琴線を刺激しているのは間違いなくて、M-5‘Significant Looks’にあるこの幻想感ったら堪らないのですよ。白濁した意識の中でときおり瞬く色彩というか。粒子の荒い空間の中でふわりと香るメロディ。何の景色も見えないんだけど、なんだか守られているようで、安心してしまう。i/dexのサウンドとか思い出します。終盤の分断されたコーラスによるメロディもよい味出してる。M-5‘Mania’のシャイニングなメモリーレーンな調子も大好きで、これもまた恍惚としてしまうのですよ、私は。この冒頭の記憶連れ去り感、半端ないですわ。すぐにエフェクト入って、歪み始めちゃうけど。なんでこんな構成になってるのか分からないけど、そのミステリアスな調子もまた魅力。ストリングスを使った(ストレートではないけども)妙にドラマチックな(!)M-8‘Pink Hills’も今までこんなのなかったんじゃないでしょうか。

最後までざらつきながらもゆるやかで、デイドリームチックな音風景が展開されるのです。今までと明らかに調子が異なるので、これは意欲作なのかもしれません。私としてはこれまでの作品の中ではダントツで好き。非常によい作品だと思います。ちなみに今作のタイトルって訳したら“弓矢”って出てきたんだけど、どんなイメージなんだろうか。

Ewan Limbとのスプリットに入ってるらしい以下の曲も、とても好き―



 - kishochki – Polar Bear


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0