ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Metal

The Mechanical Mass – Desintegration of Persistance [PICPACK184]

 The Mechanical Mass - Desintegration of Persistance [PICPACK184]

 – Tracklist –
 01. Follow the space renovation
 02. Illuminate
 03. Millennium
 04. Embraced
 05. The next door is 473
 06. Oblivion



 - 02. Illuminate


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror ] / [ ifolder ] Download Free!
  (※ifolderからのダウンロードについてはこちらを参照してください)

 Release Date : 2013.09.29
 Label : PICPACK

 Keywords : Electronic, Hardcore, IDM, Industrial, Metal.


 Related Links :
  ≫ The Mecanical Mass
  ≫ The Mechanical Mass on SoundCloud / on VK (VKontakte) /


+ + + + + +


ウクライナのネットレーベル、PICPACKより。The Mechanical Massの作品がフリーでリリースされています。

ハードコアなギターリフをフィーチャーしたElectronic music。ソロ・プロジェクトのようで、リズムはマシーナリー(BreakbeatやGlitch含む)で、またシンセ/キーボードのような電子的な音色も、多く使われています。デス声が聴こえてきそうなHardcoreなサウンドでもありますが、聴いているとやはり異なると感じるのは、そのマシーナリーな部分からでしょうか。使われている豪快なギターにしても、実際に演奏したものなのか、サンプリング基盤によるものなのかは、ハッキリしません(‘Embraced’では、Alternative~Metalな、ドラマチックなフレーズが聴けます)。

タイトルの“Desintegration of Persistance”は、“持続性の自壊”とも訳せるのかもしれませんが、その言葉から立ち上るイメージを裏切らない音像です。ストレートに突き抜ける部分もあれば、編集感覚が顕著な、分断された音も目立ちますし、ひとつの場所からまた違う場所へと、目まぐるしく場面が転換するイメージです。また、唐突なピアノやシンセ/キーボードのような、即興的な鍵盤の音色が繰り出されてくる部分からは、やはりミニマルな印象は希薄。つまり、持続性は意図的に破壊されています。

そういった即興的な部分や、多段的な構成からは、Avant-garde/Progressiveな要素を強く感じますし、ギターを用いたHardcoreなElectronic musicに、そういった要素を重ね、なおかつリスナーを置き去りにしない(音楽的な気持ち良さが残されている)辺りに、このThe Mechanical Massの個性を感じます。中ほどと終わりに、Ambient(Darkな調子ですが)なトラックを配置していて、作品トータルでのバランス、聴き心地にも配慮がされているようで、その点でもPop志向の持ち主であることをうかがわせます。

特にお気に入りは、M-2とM-4です。M-2は冒頭のギター旋風とドラム連打の幕開けもカタルシスですが、そのあとのリズムの大胆な音色変化も聴きどころ(急にマシーナリーな音になったりします)。さらにはそこ重なるメタリックなギターもクールだし、中途から入る電子音ですかね、どこか煌びやかな音色がまた印象的で、タイトルの‘Illuminate’につながる明るさ、眩しさをもったAmbienceが広がって、ちょっぴり抒情的な気持ちにさせられます。M-4はバックの空間的広がりの中で、かなりストレートにギターが展開。終盤まではリフが目立つんですが、ラストでほんのちょっとだけ顔を出すメロディックなギターフレーズが意外性をもっていて、耳が惹きつけられますね。そのまま雪崩れこむM-5がまたカオティックで、ProgressiveでHardcoreなサウンドから、最後はLo bitな音色も交えたBreakbeat/IDMに突っ込んでいくというキレっぷり。

マシーナリーなリズムと豪快なギターという組み合わせは、私の好きな往年のIndustrial(Rock)にも通じますし、偏執的に目まぐるしく変わるトラックの流れも緊張感(そして仄かなサイケデリア)があって良いです。


+ + +


(CC) by - nc - nd 3.0



One Day of February – The Supernatural [USC-WR-1212.0130]

 One Day of February - The Supernatural [USC-WR-1212.0130]

 – Tracklist –
 01. Evolution
 02. Blindness
 03. Falling
 04. High Sea
 05. Insul
 06. Our Fight
 07. The Supernatural





+ + +


 Release Page* = pay what you wish.) :
  ≫ [ main ] / [ Internet Archive ] / [ bandcamp* ] / [ Kroogi ] Download Free!

 Release Date : 2012.12.20
 Label : USC (United Studios Corporation)

 Keywords : Breakbeat, Electronic, Emo, Melodic, Metal, VGM.


 Related Links :
  ≫ One Day of February on Last.fm / on VK (VKontakte) / on PROMODJ / on Kroogi


+ + + + + +


2005年から活動しているロシアのレーベル、USCより。One Day of FebruaryことAlexander Minchenkovの新しい作品がフリーでリリースされています。以前にもこのブログでDrill Recordsからの“Observers”を紹介したこともありますが、それ以降の作品はほぼ、このUSCからリリースされているようです。みてみると、今作の前にも“Uncharted”、“The City of Devils”、“Another”をリリースしており(録音時期は前後しているが、いずれも2012年のリリースだ)、多作な様子がうかがえます。

この作品については2012年の録音であるとアナウンスされているので、少なくとも現時点で、もっとも新しい作品であることは間違いない。そして正直にいうと、“Observers”の印象が頭にあった私にとっては、今作は意外だった。初め聴いたときには、同名の別人かと疑ってしまった。湿った調子で、幻想性のあるElectronica/Downtempo/IDMといったサウンドは、ここにはない。

代わりにここにあるのは、シンプルでMelodic、そして雄々しい、Electronic musicだ。疾走するリズムの力強さ、輝かしいシンセサイザーの音色、愁いを秘めながらも開放感のあるメロディ。私が感じたのは‘Emo’のような清々しさと、VGM(Vedeo game music)のような反復性と、その気持ち良さだったりするんだけど、リリースページにはこんな言葉があった―‘Electronic Metal’と。

なるほど確かに、言い得て妙だ。アグレッシヴなリズムとドラマチックなシンセフレーズ、カッチリしたサウンドの輪郭、そこから立ち上る中世を舞台にしたファンタジーのようなイメージは、Metal的な様式美を感じさせる。私は聴いていて、ビデオゲーム“悪魔城ドラキュラ”(Castlevania)シリーズの音楽を想起したりもしたんだけど、その遠因にはMetal musicのエッセンスもあるだろう。

“Uncharted”や“Another”では、かなりMetalの方向に傾倒している様子があるんだけど、この“The Supernatural”は、もっとストレートな、つまりMetalのスタイルに固執しない、MelodicなElectronic musicになっているように思う。ここにある鼓舞的なパワーは頼もしい。3Dモデリングされた人間が立ち上がろうとしているような、このジャケット画像は、意図的かどうか、ここにあるサウンドに見事にマッチしている。輝かしく、力強いその音像に耳を澄ませば、どこからか、活力が湧いてきはしまいか。いざ勝負。闘いへ。

近作ではこのスタイルしかみせていないので、今後はこれが彼のスタイルになっていくのだろうか、その点もあわせて、気になるミュージシャンです。気に入った方は他の作品も是非。


+ + +


Composed by One Day of February.
All instruments programmed, music written and arranged by Alexander Minchenkov.
3D modelling by Steve Johnson. Artwork by Mike Winchester and Anna Riet.


(CC) by – sa 3.0



Prototron – DOUBLE DRAGON: 25th Anniversary

 Prototron - DOUBLE DRAGON: 25th Anniversary

 – Tracklist –
 01. Double Dragon(Main Theme)
 02. Intermission
 03. City Slum
 04. Industrial Area
 05. Woods
 06. Enemy’s Headquarters(Old Nemesis Willy)
 07. Stage Clear
 08. Boss
 09. Reunion(Marian)


+ + +


 Download RAR Free!

 Release Date : 2012.06.01
 Label : Flying Brain Records (dead)

 Keywords : Cover, Electronic, Metal, Soundtrack, Synthesizer, Video game music.


 Related Links :
  ≫ Prototron
  ≫ Prototron on SoundCloud / on REVERBNATION


+ + + + + +


スコットランドはグラスゴー出身のミュージシャン/サウンドエンジニア、Prototronの新しい作品がフリーでリリースされています。これまでにもオリジナル作品やカヴァー作品を含め、3作のリリースがありますので、今作は4作品目。もうジャケット画像を見てズバリどんなコンセプトなのか分かるかと思いますが、ビデオゲーム”DOUBLE DRAGON”(ダブルドラゴン:双截龍)のアーケード版発売から25周年を記念して作られた、カヴァー作品。ダブルドラゴンシリーズはアーケード版、家庭用機への移植作品も含めて数多く発売されていて、海外での人気も高く、アニメ化や実写化もされているようです(詳しくはWikipedia参照)。開発と販売を行っていたテクノスジャパンはすでに倒産していますが現在でもファンは多く、2004年にはアトラスからゲームボーイ・アドバンス版が発売されています。

移植も行われていたと書きましたが、初代アーケード版発売の翌年(1988年)に行われたファミコンへの移植は大幅な変更が加えられていたようで、実質的には別物という認識のようです。”アーケード版の完全移植はその20年後に登場したXbox 360版が初である”というWikipediaの言葉によれば、完全移植はアーケード版の1987年から20年後の2007年になって、ダウンロード配信という形でようやく行われたということですね(しかも現在は提供元の倒産により配信停止)。そんな貴重な初代アーケード版のサウンドトラックというのは、ファンにとっては非常に大切、特別な存在なのではなかろうか。特にテーマ曲兼ラストステージのBGMである’Double Dragon’は人気が高く、海外でもカヴァーが行われているし、同じくテクノスジャパンのファミコンソフト”熱血物語”で、服部竜一&竜二が登場する際に、アレンジ版が使用されている(これはダブルドラゴンファンではない私は当時気付かなかった!)というのも、この曲の人気の証拠だろう。

オリジナルの曲調は硬派です。まあ世界観自体が明るいものではないし、ゲーム内容が丸腰で悪党の軍団をぶっ倒していくというアクションなので、長閑な曲は似合わないわけですが。海外のチップチューンアーティスト、あるいは愛好家に人気がある曲って、なんとなく傾向がありますよね。たぶんロックマン(海外名はMegaman)はすごい人気が高いと思う。ああいうMetal的な硬さ、パッション、カタルシスが好まれる様子。この作品におけるテーマ曲や、ステージ1のBGM‘City Slum’も似通ったものがあるのだろう、Metalなアレンジがさく裂していて、心が熱くたぎる金属的なトラックになっている。特にM-1などはやはりメインテーマということで力が入っているのか、ストリングスや鍵盤まで使用されていて、空間的広がりもあり、雄々しさすら漂っている。他のトラックもブラストビートを思わせるドラムや重厚なギターリフを響かせていて、実に熱い仕上がり。直線的に突き抜けるメロディックでメタリックなギターフレーズと、空間のボトムで打ち鳴らされるドラムのカタルシス。クセになる。

‘Intermission’‘Stage Clear’は実質効果音で、つまり音楽的な部分は7トラックしかない。それらトラックも、サウンドトラックという特性上、1曲の尺がそう長くない。愛されるゲームの要素として、音楽というものは間違いなくあると思うのだけれど、逆にいえばこれだけの曲しか使われていないのに、これだけ長く愛されるゲームになっているというのは、開発会社冥利でしょう。そしてオリジナル作曲者の山根 一央 (やまね・かずなか)氏の功労も非常に大きい。そんなオリジナルがどんな曲なの?って思う人は、下のプレイ動画をご覧ください。今作収録の’City Slum’も下に動画を貼りつけてあるので、あわせて聴いてみると、がぜん魅力が増してくると思います。

余談ですが、調べてみると、オリジナルのサウンドトラックも当時発売されていますが、カセットテープという形のよう。曲順は若干異なっていますが、収録曲は今作と同じもので、全9曲。つまりこの作品は、オリジナルのサウンドトラックを概ね忠実にカヴァー、アレンジしているということですね。あっぱれ。ちなみにPrototron、ダブルドラゴンのリメイク作品に曲を提供する予定もあるそうで、そちらもどんな感じになるのか、実現を楽しみにしています。

※ジャケットのインナー画像をみると、Flying Brain Recordsのロゴが入っているので、おそらくそちらからのリリースなのだと思います。現状、レーベル側からのリリースが行われていませんが、ご了承ください。


+ + + + + +


Double Dragon Mission 1 (Synth metal version of ‘City Slums’)






【AC】ダブルドラゴン(DoubleDragon)を普通にクリア



+ + +


Original score by Kazunaka Yamane(山根 一央)