ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Mystic

MIXTAPE : MYSTICAL ZONE




Forget it.


– Tracklist –

 [00:00] Imachi Akira – Noise Dreams
  from “Lycoris radiata EP” [e09](2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [05:42] PACIFICO CORP/国際 – ジャングルに深く
  from “アフリカへの旅” (2015)


 [09:02] Magnétophonique – Ghosts Dance
  from Les Halles / Magnétophonique – “Split II” [CR-08] (2013)


 [11:06] .onion – surfing the deepest
  from “YOU ARE LOST . . .” [LMV-110](2016)/ [ mirror


 [14:35] Un Vortice Di Bassa Pressione – to repel ghosts
  from “Anonymous said” [ioenl cdr 002](2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [20:05] Friendzone – CHUCH
  from “’COLLECTION I (REMASTERED)” (2012)


 [23:24] Okkoto / / 돌로 – 420 / / 음식
  from “5F Dept. Store” (2015)


 [26:10] Karen Weatherly – Magical Passes
  from “A Separate Reality (2nd Edition)” (2015)


 [28:48] AirMosaic – Speculative Bubble
  from “Executive Horizons” (2015) / [ version


 [32:44] Mel – Un
  from “Un” [BP018] (2009) :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 [35:52] Amun Dragoon – Secret Whispers From The Tamate Box
  from “Sinews of Shadows, Temple of Darkness” (2013) / [DL


 [39:12] Adam Lempel – Claire De Lune
  from “Synthetic Classical MIDI Scores” (2009)


 [44:16] iN. – Snowtrap
  from “Nowhere Here” [FQP#004](2010)


 [47:47] Foresteppe – Little Bird Cherries
  from “No Time To Hurry” (2013)



開花 tree – Fiori di l’amuri [AM014]

 開花 tree - Fiori di l'amuri [AM014] Cover

 – Tracklist –
 01. رؤى حديقة
 02. 完璧な晴天
 03. 今まで私があれば
 04. 森の秘密
 05. 月明かりに照らされた湖
 06. Cunchiusioni



 - 02. 完璧な晴天


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.09.05
 Label : Adv. Materials

 Keywords : Ambient, Drone, Flower, Love, Melodic, Mystic, Nature, World.


 Related Links :
  ≫ TDS on bandcamp


+ + + + + +


2015年設立のAdv. Materialsより。開花 treeの作品です。といっておきながら、“by TDS”というクレジットがありますね。Vaporholicな方ならいざしらず、私のようにTDS=The Downward Spiral?なんて思う人はいないかもしれませんが、まあとにかく誰ですか?ということで、いつの間にかめっきりこの界隈(だけじゃないかもしれない)の作家を網羅し始めているDiscogsを頼ってみましょう。するとTDSはTelepathic Data Storage、あるいはDefunctの名義を持っていて、さらにはsaki 夢も参加する“Aquatic Airlines 魚の平面”のメンバーでもあることが分かります。またDiscogsでも関連性は示されていませんが、TDSはDOAT―Death Of A Telepathでもあり、Pure Lightでもあるようです。複雑ですね。

しかし今TDSのものと思しきbandcampを訪れても上記の名義による作品は一つとしてなく、Soceco(社会経済学:Hantasi & Seoul?)へのリンクがあったりして、頭を整理するはずが逆に混乱をしてしまいました。どこかにミッシングリンクがあるのかもしれませんが(偏執的にディグれば関連がありそうな他の名義も出てくる)、それを探すことがこの投稿の本願ではないので、追及はここまで(しかしVaporな音楽のこういったディグり甲斐―サンプルの元ネタも含め―というやつも、その魅力の一つではありましょう)。

DOATの“Wolrd 1”ではストレートなChip music、“Deep Into The Rave”ではRaveでありつつもストレンジなElectronic musicを、pure lightの“ߣ≠©«¡ø≈¥αåø”ではささくれ立ったHardvapour、defunctの“aquatic sketchbook”では、ミニマルでfish dreamなAmbient musicと、名義、作品ごとにスタイルを変え、その芯を見せることをしない不思議な作家さんです。本当に一人なのか、複数人ではないのかと疑問も浮かびますが、“aquatic sketchbook”について“defunct (known for her work as DOAT) ~”という記述があるところを見るに、どうやらソロのよう。何にせよ、気になる方は深く掘ってみてください。

肝心の本作はといえば、Ambient/Droneサウンド。無味無臭、ピュアなトーンのそれとはまた違っていて、ゆるやかでミニマルなフレーズがリフレインすることで、淡いメロディが形作られている。虫の声や風の音にも聴こえる効果音や、ウィスパーヴォイス、エスニックな音色も散りばめられていて、知らず、私の脳裏には、霧に包まれた山々とでもいったような、神秘的で幽玄な景色が浮かんでくる。

他の作品についても決してVaporWaveに正面からアプローチしたサウンドではないけれど、それは今作も例外ではなく。Adv. Materialsのカタログには排水溝ヴォイスを活かしたVaporWaveサウンドが多いけれど、そのような背景、文脈を無視すれば、およそ今作はVaporWaveとは関連性を見いだせない。ラストのトラック‘cunchiusioni’に至っては、Piano、ストリングスの感傷的なメロディにDowntempoなリズムを持ち込んだ、ちょっと涙腺が緩むくらいの抒情的なものになっていて、それはこれまでのTDSに絡む作品とも違うし、開花 tree名義の前作“ドリーミング桜”とも違うし、また今作収録のほかトラックとも違うし、これには素直に驚かされた。

タイトルの“Fiori di l’amuri”は直訳すれば“花の愛”という意味になるようです。使用されているイメージやトラックタイトルもロマンチックなものになっていますが、作中の視点は自然の神秘性から始まり、それは徐々にミクロに向かい、花の持つ美しさとそれゆえの儚さに収斂し、そして幕を閉じるような。

トラックによってはTranceやShoegazeのエッセンスも感じられるし、開花 treeが真に上に示したような複数名義を持つならば、まったくもってその音楽的な引き出しの数と、そこにある深さは杳として知れない。


+ + +


by TDS

(CC) by – nc 3.0



.onion – YOU ARE LOST . . . [LWV-110]

 .onion - YOU ARE LOST . . . [LWV-110] Cover

 – Tracklist –
 01. surfing the deepest
 02. psychopathic fantasy with you
 03. the hidden wiki
 04. you are lost . . .
 05. weep no more please



 - 01. surfing the deepest


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.08.05
 Label : Latinwave Records

 Keywords : Ambient, Drone, Haunting, Mystic, Nightmare, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ .onion on SoundCloud

  ≫ Nintendo膣69 on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


いきなり“ヤベえもん見ちまった”的なジャケットイメージでスイマセン。最近ホラーなビデオゲームの動画をしばしば観賞したり、ミステリー/ホラーな小説をしばしば読んだりしておりますもので、どうにも心の方向が“そっち”に行っておるのです。そんな小説読んでる時に、アッパーな楽曲を聴けないではありませんか。Mallsoftっていう手もあるけれど、それも・・・と話が逸れるので止めておきましょう。個人的にはこのジャケットイメージ、“The Taking of Deborah Logan”のワンシーンを彷彿させます―と言いつつ映画は観ていないという、この私の適当さ加減を許してください。TumblrかFacebookで流れてきた画像にビックリして調べたら件の映画だったという次第です。

この.onionの素性も例に漏れずよく分かりません。ご丁寧にも“I always change my IP, you can’t find me.”というメッセージを発しているので、つかまるつもりはないようです。Nintendo膣69のbandcampでもこの作品がリリースされているので、別名義なのかなとか思いますが、これもよく分かりません。そもそもNintendo膣69って個人なのかチームなのかよく分かりません。分からんづくしということで、ならば謎は謎のままで・・・。

地下室での秘密行為―それは多分に凄惨な―を思わせるイメージを使っていますが、中身はそこから想起されるようなGrindcoreやNoiseではありません。決して。逆に静的なAmbient/Droneを基調としていて、ハリウッドテイストのホラーかと思ったら、ジャパニーズホラーだったとでもいうような。でもまったくそこ―恐怖という感情―から離れているわけではなくて、全編において通底しているのは、不安からくるある種の予感―恐れなのです。M-1においても間延びした哀愁のブラスの後ろで延々と灰色のレイヤーが重く沈むようにして流れている。M-2やM-3でも、やはり重く広がる空間の中で、丸みのある電子音がフワフワと瞬くのだけれど、それはさながら悪夢の中でさまよう意識のようで。ドリーミィなのにとても不可解な音像。“オペラ座/血の喝采”のサウンドトラックを思い出し、そのことも今作に対する私の印象をたくましいものにしているかもしれません。

ラストの‘weep no more please’は乳白色なMystic Ambient/Drone。冷ややかな霧の立ち込める風景。唐突に景色は途切れるけれど、それはまるで異形の存在に捕まったかのような。これもひとつの演出か。SoundCloudでは2つだけトラックが公開されていて、ひとつは今作収録で、もうひとつは今作未収録の“VHS SNUFF STORE”。タグは“snuff ambient”。今作にある恐怖性は単に私が敏感にかぎ取りすぎただけ、要するに勘違いかと思ったりもしましたが、このトラックの佇まいで、やはり恐怖性、不可解さが意識されていることが確信できました。

第一印象はVaporWaveではないような気もするかもしれませんが、随所にらしさは取り入れられていて、あからさまなピッチの変化や変調したグロテスクヴォイスの挿入などがそれにあたるでしょうか。M-1のブラスなども、そちら方面からのアプローチなのかもしれません。敢えてその要素を取り入れる必然性はあるのか、Ambient/Droneサウンドだけで完結できるのではないかとも考えましたが、VaporWaveのもつ不可解さという側面を恐怖感の演出に用いたと考えれば、つじつまは合うのかもしれません。逆に考えれば、世界観さえマッチすれば、VaporWaveなサウンドを映像―ここでは映画というべきか―の演出に使うことも必然的になる・・・かな。HKEの“GHOST IN THE SHELL”の件もあるように。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。