ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Pop

Crying on Vacation – Frankie [GST​​-​​21]

 Crying on Vacation - Frankie [GST​​-​​21] Cover

 – Tracklist –
 01. Frankie
 02. Fairytale, Fairytale



 - 01. Frankie


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.04.20
 Label : Galaxy Swim Team

 Keywords : Alternative, Indie, Pop, Pop-Punk, Power-Pop.


 Related Links :
  ≫ Crying on Vacation on Twitter

  ≫ Noah Hafford on Facebook / on SoundCloud / on Twitter
  ≫ Dominic Nohai on Twitter


+ + + + + +


Galaxy Swim Teamのファウンダーの一人でもあるNoah Haffordが率いるバンド、Crying on Vacationの作品がリリースされています。バンド、とはいってもどれほど強い力でバンドとして結びついているかは分かりませんが、少なくとも今作は4人で作られた作品の様子。前作”So Dude, What Are You Doing After High School​?​” はほとんどNoah Hafford個人による製作だったようなので、バンドというよりはソロユニット的なニュアンスなのかもしれません。余談ですけど、前作も良いんですよねえ。ジャケットイメージもはっきり記憶しているんですが、なんでここで紹介せずスルーしていたのでしょうか。ということで、今作が気に入った方は前作も是非。

で、今作はせっかくバンドで作ったにも関わらずたった2曲しか入っていない! 2曲目はアコースティック調だからバンドサウンドが活きている感じでもないし、ちょっと勿体ない印象です。というのも1曲目を再生した途端のこの疾走感、爆発力ががたまらなくカタルシスで、この調子で全編突っ走ってくれたらなあという思いがあるからです。たぶん‘Frankie’は別れの曲だと思うんですが(違ったらゴメンナサイ)、胸中に湧き上がるやるせなさを全力で振り切ろうとするかのような、この疾走感たるや。ギターのワンフレーズで引っ張りまくりますが、これもまた音楽の魅力。気持ちが良いんですコレで。ミニマルな中で緩急があって、感情性があって、グーンと気持ちが引っ張られる。

Noah Haffordはソロ名義だとChillWave風味のElectronicでセンチメンタルなPop musicを作ってて(このブログでも何回か名前が出てきたと思います)、こういうパンキッシュな曲を作るってことが意外だったんですが、でもやっぱりPopに仕上がってて、どうしたってこの人はPopに向かっていくんだなあと、その志向性には恐れ入ります。しかしこのちょっと鼻にかかったような歌声がアグレッシヴな曲調にまたマッチしててですね、このコンビネーション、個人的にはLagwagonのJoeyを思い出しました。

2曲目は先にも書いたようにアコースティックでしっとり締めくくる感じで、シングルという受け取り方をすれば、この2曲でバランスがちょうど取れてる、のかな。

この作品だけだとPop-Punkみたいな感じだけど、前作では骨太なギターにご機嫌なメロディがさく裂するPower-Popなトラックもあるので(下に1曲)、Weezerとか好きな方にもアピールすると思います。いずれにせよ、今作と共に良作。



 - Skippy (from ”So Dude, What Are You Doing After High School​?​”)


+ + +


Noah Hafford – Guitar, vocals, lyrics, mixing and mastering
Jason Hallyburton – Lead guitar, engineering
Adrian Leifson – Bass
Dominic Nohai – Drums

Artwork by Sydney Landis (@ohhisydney)
Music video shot, edited, and directed by Danny Spiteri

(CC) by – nc – sa 3.0



エンヤサン – まさかサイドカーで来るなんて2 [sna-042]

 エンヤサン - まさかサイドカーで来るなんて2 Cover

 – Tracklist –
 01. どうしたって君だった
 02. それはそれでハッピーエンド
 03. UP TOWN(FUMI HIRANO cover)
 04. TONIGHT3
 05. まさかサイドカーで来るなんて2


+ + +


 Release Page
  ≫ [ main ]/ [ mirror ] Download Free!

 Release Date : 2018.05.23
 Label : 術の穴

 Keywords : Acoustic, Alternative, Hip-Hop, Japanese, Pop.


 Related Links :
  ≫ Enya-Sang

  ≫ エンヤサン on Facebook / on SoundCloud
  ≫ Y-クルーズ・エンヤ on Twitter


+ + + + + +


私はまだ(まだ!)買ってなくてスイマセンな“大メインクライマックス”(by ヘイポー)から約半年、エンヤサンのアコースティック(ミニ)アルバム“まさかサイドカーで来るなんて2”がリリースされました。“2”とあるからには1作目もあるわけで、そちらはこのブログでも紹介いたしました。そちらもフリーでのリリースだったわけですが、今作もまたフリー(※SpotifyやApple Musicでも配信予定ですがカバー曲は含まれません。なおiTunesは有料)! ありがとうございます。

Twitterでは“そんなにアコースティックでもない”、“電気もバンバン使ってる”と、ご本人笑ってらっしゃいますが、そんなことはいいんです。私にとってはぜんぜんアコースティックです! そして良い作品です。なんでこんなのフリーで出しちゃうんだろうなあって不思議です。

エンヤサンって私の中では、もしかしたら音楽シーンの中でも、微妙な立ち位置にいるような気がします。ぜんぜん私Hip-Hopとかクラブミュージックとか、興味ないし、積極的に聴かないんですけれど、エンヤサンてそっちフォーマットの曲も多いじゃないですか。でも聴いてしまうんですよ。POP志向っていうか、歌心があるところが、一番のツボなのかなあって自分としては思ってるわけですが、でもそれだけじゃなくて、このシリアスとジョークを渡り歩く華麗なセンスもすごい好きで。最近でいったら“大メインクライマックス”のCMとかすごいふざけてるし、“▽”の‘Aizuchi’も雪男との会話だし、Y-クルーズ・エンヤの‘Special Thanks’はセクシー女優名をひたすら読み上げていくという(トラック担当は食品まつり)だし、かと思ったら‘あるく’は深夜のウォーキング中の物思いが人生の捉え方につながっていくような、シリアスな内容だし(でもユーモアも忘れてない)、‘きれいごと’というネガティヴな言葉を受容するまでを描いたような(歌詞の意味は明らかにされていないけど)、‘きれいごと’も涙腺刺激するし、恋愛における曖昧さを“未確認”と表現し、そこから“UFO”へと繋がり、“「フォー・ユー」反対から読んで”という歌詞に着地する“UFOr”も切なさ沁みてくるし、このふり幅というか懐の深さよ。



そしてこのシリアスな側面は往々にして装飾を削いだアコースティックなトラックで際立ってくるし、またメロディも同じく。つまり今作はエンヤサンのシリアス(に見える)面がギュッと詰まったスペシャルな盤なのです。映画を観ながらのシチュエーションに絡めて“バッドエンドもいとわない 愛してる”と唄うラブソングな‘どうしたって君だった’、気まぐれで始まった関係性に酩酊感を絡めながら思い巡らせる‘それはそれでハッピーエンド’、サイケデリックな脱力POP/NewWaveな平野ふみさんのカヴァ―UP TOWNは見事なハマりっぷり。

続く‘TONIGHT3’は、日付の変わるころ、深夜の物思いを歌ってて、これは‘あるく’の延長線上だなあ、いいなあ、タイトルは“深夜”から“トゥナイト”へつながり、そこから“トゥナイト2”にひっかけたのかな、それも面白いなあなんて思って聴いていたら…、ご本人“競艇の歌です”って。ええ? どこが? ってミュージックビデオ観て、笑ってしまいました。競艇に妙に重なる。“横目に見える 紙切れが舞う 最後に笑う 笑う”って、競艇場で舞ってる紙切れって!! 勝手に深夜のアーケード街で頭の横をチラシが舞ってるような侘しいシーンを思い浮かべていたのに! でもこのどっちにも取れる感じがもうエンヤサン! “まさかサイドカーで来るなんて”に入っていた‘つまる うまる おもい こよい’も恋愛関係の終わりにも取れるし、長年住んだ部屋とのお別れにも取れるっていうダブルミーニングソングだったので、この捻りっぷりはエンヤサン節。そして間違いなく作中のハイライト。いい曲。



ラストはね、絶対こういうのねじ込んでくると思った。前作もタイトルトラックはユーモア溢れてたし、今作もそれを踏襲。やってくれます。ラジオDJ役誰ですかね。ちょっとミドリカワ書房の作品思い出しました。DJさんのグイグイ感面白いなあ。“詰めが甘いのがウリかぁ?”に笑う。無理やり曲やらせといて“イマイチだなあ”ってどんなナビゲートだよ。最後“視聴者のみなさんも、何かしら、やってこうじゃん。生きてんだしさ”ってどういうまとめ方だよ! “DJぐっちぃのまるでアレだよね”聴きたかった…。

ということで、激オシなんで、未聴の方は是非。歌詞カードもついてます。しかも今作に合わせて前作も再リリースされたので、これは一緒に聴くしか。私が“まさかサイドカーで来るなんて”から彼らのファンになったように、この作品からファンになる人がまた、いるんじゃないですかね。まあファンだったら早く“大メインクライマックス”買えよって話ですよね。おっしゃる通り!



Aika – Neon Pink EP

 Aika - Neon Pink EP Cover

 – Tracklist –
 01. Hotline
 02. I Love You, Goodnight
 03. Neon Pink (ft. Hana)
 04. Lovestruck (Neon Edit)



 - 02. I Love You, Goodnight


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.03.16
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Dubstep, EDM, Future, Pop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Aika on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on Spotify


+ + + + + +


SoundCloudに現れた頃から耳の早い音楽ファンの間では注目されていたAika。ふと目と耳を話していたすきに、SoundCloudのフォロワーは1万人を超えているし、リリースもコンスタントに重ねているし、精力的な活動をしているではないですか。

そして相変わらず作品のクオリティが高い。

基本的にはEDMやDubstepなどを経由した―Future Bassとも無縁ではないだろう―今様なElectronic musicなんだけど、何といってもどのトラックにもメロディが流れている点が特徴です。M-2‘I Love You, Goodnight’なんてこのファンタジック/ノスタルジックなな出だしはどうですか。一発で引き込まれてしまう。ここではVocaloidかな、ヴォーカルを入れているけれど、EDM然としたハイプレッシャーな音像ながら、Melodicなウタモノとして機能している。どっしりしたリズムとシンセの絡みから立ち上る雄々しさ(のようなもの)、そこはかとなく滲む抒情。実にエモーショナル。鳥肌が立つ。

M-3‘Neon Pink (ft. Hana)’のこのロマンチックなイントロも好き。じきにいつものサウンドに移行していくのだけれど、ホントにメロディ指向、Pop指向だよなあと感じます。リズムとシンセの組み方だけでも十分に聴かせてくれるのだけれど、歌の力もあるし、またこのトラックに限ったことではないけれど、和楽器の音色や、Chipsoundをスパイス的に散りばめることで、雅な響きや煌びやかさがフワッと漂ってくる瞬間があって、(正直それらがなくても成立はすると思うんですが)、一粒で何度も美味しいトラックになっています。こういう情報量の多いトラックを作る人ってどういう頭になってるんだろうっていつも不思議です。試行錯誤の結果だとは思うんですが、音楽の作り手ではない私はいつも感心するばかりです。パズルのピースのように当てはめていくにしても音色のチョイスもあるでしょうし、どうやって組み立てるのか、気が遠くなりそう。

ラストの‘Lovestruck (Neon Edit)’のファニーなイントロもフックがあるし、どのトラックも傾向性は似てるんだけど、違った魅力を持っていて、器用だよなあ、才能だよなあ、これは沢山の人に聴かれるよなあと、人気獲得にも納得。でも正直もっともっと爆発的人気でもいいと思うし、プロフェッショナルな活動もできると思うんですよ。そうなってないのはやっぱり埋もれちゃってるってことなんでしょうか。私がこういう傾向の音楽にあまり執心していないので、気づいていないだけで、ジャンル的に観た場合は、特別に飛び抜けていないんでしょうか。そんなことないと思うんだけどなあ。いや逆に私の耳にも入るくらいってことは、やっぱりスペシャルなんだと思いますよ。

今後も要注目なトラックメイカーであることは間違いない。聴いたことない方はSoundCloudを訪れて色んなトラック聴きまくってください。全部良い。あと今作、FutureでサイバーでDreamなジャケットイメージもグッド。

 - Make Believe : 割と控えめだけどやっぱり雅でPopだし。いい按配。

 - Camellia : 走りながら、泣きながら忘れようとするような。加速するノスタルジア


+ + +


Artwork: TheRyDesign
twitter.com/TheRyDesign
www.therydesigns.com



PLAYLIST : 2018.04





 JUST LIKE YOU.



PLAYLIST : 2018.03




 forget me not.



ahiru あひる – Cherry Plum

 ahiru あひる - Cherry Plum Cover

 – Tracklist –
 01. take my coat, you might catch a cold
 02. 彼女の笑顔 / ‘Her Smile’
 03. cherry plum
 04. maybe it will be a lot better for us someday
 05. as we shared our stories under that tree
 06. this summer you’ll be smiling again

 - 02. 彼女の笑顔 / ‘Her Smile’


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2018.03.23
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Pop, Relaxing, Spring.


 Related Links :
  ≫ ahiru on SoundCloud / on Twitter
  ≫ sam on SoundCloud


+ + + + + +


私の住んでいる部屋のすぐ近くに公園がある。砂場とブランコとジャングルジムと滑り台とベンチと自治会館がある、スタンダードな公園だ。そんなに大きくはないんだけど、公園の内周にはグルリと桜が植わっていて、毎年春が巡ってくるたびに、薄桃色の花が咲き乱れる。咲き終わって、花が散った後は、公園外の路上にまで、花びらの絨毯ができて、小さい子が手ですくったり、足で蹴って巻き上げたり、そんな光景を見ることもできる。今現時点でも、ちょうど満開で、でも花見スポットになっているでもなく、いつもどおり、子供たちと、その親御さんたちが訪れて、桜の木の下で、遊び、談笑している。私はその光景を、自分の部屋、窓を開け放ったベランダから眺め―

ってのは理想で、実はベランダは逆向きだから公園は見れないんですけどネ! 玄関開ければ見えるけれど、大の大人が玄関開け放って公園見つめてるってのも、ある意味警戒されそうでしょう? だからしない。

ってまあ、そんなことはいいんだけど、春に、桜に、ぴったりの作品だと思うなあ。時期的にも合わせてきたんじゃないですかね。タイトルは“Cherry Plum” = “スモモ”だけれども。ジャケットイメージなんかピンク基調だし、まあ桜ではないかもしれないけれど、若い二人の春デート、みたいなホッコリ&キュート感。あと男の子がマスクしてるのがイマドキだなって思う。描いているのはスペインの方みたいだけど、このマスク着用の流れってのは世界的なものなんですかね。話逸れるけれど。

前の投稿でkoganeの音楽をなんて呼んでいいかよく分からないみたいなことを書きましたけれど、今回の探索で分かりました。nemuri winter系です! なんのこっちゃという人はnemuri winterをチェックチェック。この存在が頭から抜け落ちているとは私もポンコツだ。だって前にnemuri winterの作品は紹介しているのに。そう、このahiruも“nemuri winter vol. 1”に参加しているトラックメイカーです。

タイトル眺めていくと、春デート中の二人の有様を描いた作品なんじゃないかって気もするんだけど、穿ちすぎか。まあとにかく柔らかく、さりげなく、花のように香るメロディ、ときに雅な音色も聴こえてきて、否が応にも漂う日本情緒。アコースティックな楽器の響きがもたらす抒情性。はしゃぐ子供たちの声のような環境音も巧みに挿入されていて、架空的風景を演出する。全編にある暖かいサウンドは陽の光に結びつき、その抒情性と雅なイメージは日本的風景―桜に結びつき、私の頭にはもう、公園の桜の木の下で戯れる親子連れの風景が立ち上がってきて、消えないのです。

サウンド的にはちょっと外れるかもしれないけれど、bo enの‘miss you’とかと似たような音風景だなあと、私は思いマス。あと“花とアリス”のサウンドトラックとか。春デスね。うららかな、良き日。悲しみがないのはやっぱり春に由来してるんだと思うなあ。

今ちょうど切り替えの最中なのか分からないけど、上記ahiruのSoundCloudにはほとんどトラックがなくて、古いものがsamの方で公開されています。気になる方はチェックしてみてください。今だったらダウンロードもできるみたいですよ。


+ + +


 artwork by vivirin.carrd.co/



PLAYLIST : 2018.01 – 2018.02



the rooms were very small but they had a nice view.



+ + + + + + + + +


Never touched by the rays of the sun, Luminous Fungus draws power from its own light source. The entire planet’s glow undulates as though it were breathing.

The backside of the Noctiluca exudes a soft light. They enjoy gathering in swarms and flying around in the twilight, making them look as beautiful as a floating galaxy.