ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Psychedelic

VAW – Public Footpath

 VAW - Public Footpath Cover

 – Tracklist –
 01. 01_97
 02. Isøtøpɇ
 03. Think
 04. Ǝ-Numbers
 05. Hana
 06. Escapement
 07. Escarpment
 08. Cave
 09. MSGS
 10. 𝓂𝒶𝓁𝓁 𝑔𝒶𝓂𝒾𝓃𝑔
 11. 02_98



 - 07. Escarpment


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.08.21
 Label : Hallworth Collective

 Keywords : Alone, Ambient, Drone, Field, Psychedelic, Quiet, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ VAW on bandcamp


+ + + + + +


みなさんは“ぬくもりが欲しくて 人混み歩いた”(By ZARD)なんてことはありますか。私はありません。“そのぬくもりに用はない”とばかりに精神的パーソナルスペースを発動してこっそりと他人を敬遠するのが私という人間の悪い癖(頭悪いな自意識過剰で)なのですが、さりとて街という人混みに出向かなければならないときもあり、そんなときはしっかりと心に武装をして(大げさ)出かけて行っているような気がなんとなく自分ではしておるのですが、そうやって一人で、否、独りで街へ出ているときにフトした瞬間に訪れる虚無感というヤツ。周りにいるのがすべて他人という事実。一生のうちに今ここでしか出会わないのではないか、つまり彼ら/彼女らとはなんの繋がりもないという断絶感。しかし頭上には太陽が照り、空気は私の頬をスルリと撫で、その横で皆は三々五々、何かを口にしながら、感情を表に出しながら、私の周りを流れ、そして散っていくという、いたって標準的な日常があり。その瞬間、見知った風景が、まるで見知らぬものに変わるような、不条理な感覚に襲われる、ことがある。自分だけが、何か大きな存在から取り残されたような、はぐれてしまったような、孤独感。周りに存在する人々の挙動、口を動かし、表情を変え、手足を動かしているその姿が、なぜか途端にグロテスクに見えてきてしまう(私はこれを職場の食堂でも感じることがある。昼時にテーブル席に着いた数多くの人間が皆、口を開けて食物というある種の物体を体内に入れていくという光景が、ひどくシュールでグロテスクに思える時が)。その一瞬のサイケデリア。たとえばそれは、つげ義春の“ねじ式”において、かみ合わない会話と知らない景色と肉体的なグロテスク、影のある描写から醸される得体のしれない不安感、のようなものにつながっていき、それはまた(私の中で)孤独につながっていく。

そんな、都市、街、における孤独感とでもいおうか、あるいはその孤独を幻想的にごまかすサイケデリアといおうか、そんなものがこの作品(楽曲だけではない。タイトルやジャケットイメージもすべて含めて)には漂っているように思います。添えられたメッセージは“I’m lost, can you help me?”。見知った街で自分の存在を見失う。精神の孤独。魂の彷徨。自分を置いて景色だけが流れていくような奇妙なラッシュ感(‘Escarpment’) 。自分が視点だけの存在になって、存在していながら存在していないような。かと思ったら陽の暖かみが私を現実に引き戻したり(‘Cave’

マルッと捉えればそれはもうAmbient(正直音だけではあまりpublic footpathなニュアンスはない。あとVaporWaveを期待して聴けるのはM9~10くらいだと思う)なんだけど、実に味わい深い。ヘッドフォンで大きい音で聴いているとその味はさらに濃厚になります。

VAWの素性は謎ですが、同コレクティヴからもう2作、“Train Thoughts”、“级联”(どちらもワントラックの長尺作品だ)がリリースされていますので、興味のある方はそちらもどうぞ―



PLAYLIST:2016.12






I don’t dream at night, I dream all day; I dream for a living.


※each tracks are faded away in time(maybe).



MIXTAPE : THEY’RE COMING


hell_razor_sl54_large



scene from “Hellbound: Hellraiser II” (1988)


listen on 8tracks
8tracks will no longer stream from their servers to listeners outside the US and Canada.
learn more…



– Tracklist –

 01. AGHARTA – Kalachakra Lion
 from “VAATICAN RECORDS – Sampler N°24” (2012) :: (CC) by – nc – nd 2. fr ::

 02. Masske – Red Mercury
 from “Masske” (2009) [OWL-063] [ ZIP / mirror

 03. Step-Father – _devil
 from “goodbye.exe” (2013)

 04. Cannibal Rector – Shake Your Spear
 from “Shakespeare The Ripper!” [hm13] (2010) :: (CC) by – nc- nd 3.0 ::

 05. Bouwakanja​ – Paranormal Music Maker
 from “The Strange Boy” [P36-069] (2012) :: (CC) by – nc- nd 3.0 ::

 06. Space Vorobey – LSD trip
 from “Trip Inside” [UMPAKO-33] (2009) :: (CC) by – nc – nd 4.0 ::

 07. Kreyk – Walking …
 from “Red ep [Nyb 017] (2010) :: (CC) by- nc – sa 3.0 it ::

 08. Clathrus – Balaklava
 from “Balaklava Boating” (2011)

 09. Próżnia – The Toy
 from “Wegetacja (2009)

 10. Alesaparanoid – Block Rockin Beats
 from “Dead People” (2012)

 11. BEAT – Suicidal Thoughts
 from “Stale Air” [PICPACK031] (2010) :: (CC) by – nc – nd 2.0 ::



ਅ ਣ ਜਾ ਣ – ਅ ਣ ਜਾ ਣ

 ਅ ਣ ਜਾ ਣ  -  ਅ ਣ ਜਾ ਣ

 – Tracklist –
 01. Unexpected Meeting
 02. འ ཁོ ར་ བ
 03. فلسطين حرة
 04. ਜਗ੍ਹਾ ਸੰਪੂਰਣ
 05. HYP E R S P A C E
 06. કોઈ ગ્રેવીટી
 07. Alpha Draco
 08. R u s H
 09. লণ্ঠন
 10. La Gibonnerie
 11. Canicule
 12. 心灵感应
 ثورة .13
 14. E S S A S S A N I S V I B E S
 15. अवतारों



 - 04. ਜਗ੍ਹਾ ਸੰਪੂਰਣ



 - 10. La Gibonnerie


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.23
 Label : 404Jackpot

 Keywords : Beats, ChillWave, Oriental, Post-VaporWave, Psychedelic, Shamanic.


+ + + + + +


Lo-Fi, Vaporwave, Computer Gaze, Glitch, Mallsoft, FutureFunk, Chillwave, Ambient, Dreamwave, Witch Houseにまたがりながら、ストレンジな音楽を配信するネットレーベル、404Jackpotより。まったくもって詳細不明のトラックメイカーਅ ਣ ਜਾ ਣの作品がリリースされています。

うっかりVarporWaveの構えで聴いていたら、あれよあれよという間に、別のレールに乗せられていました。果てしてどんなレールでどこに連れて行かれたのか、どう説明してよいか分からないのが正直なところですが、頑張ってやってみましょう―

M-1‘Unexpected Meeting’は何だかオリエンタルな音色が配されていますが、これはまあ導入部ということで、けん制しながら聴くわけです。モコッとしたビートは聴こえてきますが、ここではさほど気にかからず。M-2‘འ ཁོ ར་ བ’から何だか不思議なことにChillWaveのようなAmbietnなレイヤーが流れつつ、破裂音のようなリズムとTrap的なチキチキが聴こえはじめ、不穏なオリエンタル感は相変わらず続きながら、遠くの方から薄らとコーラスが聴こえてくるという展開で、私は雲行きの変化を感じ始めるのです。

M-3‘فلسطين حرة’から本領発揮というべきでしょうか、Nine Inch Nailsみたいなヘビーかつ電子なリズムがボトムをがっつり支える中(それはHip-Hop的だ)、呪術的なコーラスが流れ、アラビックな旋律が頻出するという、予想だにしなかった展開に。その流れを引き継いだM-4‘ਜਗ੍ਹਾ ਸੰਪੂਰਣ’は相変わらず呪術的でありながら、拮抗するようにピアノとシンセティックなレイヤーが流れていて、とても不思議な聴き心地。終わり際、音楽は途切れ詠唱と環境音(鳥の声)が浮き上がってきますが、そこにあるのは神秘性でしょうか。

M-5‘HYP E R S P A C E’はTechnoなフラットビートにMelodicなフレーズを重ねた意外にストレートなトラックで、またしても意表を突かれます。Psychedelicでスピリチュアルな空気も濃い作品の中で、異彩を放ちます。水墨画の山々が浮かぶような深遠な‘કોઈ ગ્રેવીટી’を過ぎると、オリエンタルな弦楽器の音色と秘密の詠唱、異形のビートで‘Alpha Draco’がお出迎え。

M-8‘R u s H’では変形TrapビートとShamanicなコーラスで崇高な光を見せたあとは、一気にMelodicな展開に。‘লণ্ঠন’でHip-Hopなビートにオリエンタルなフレーズを次々ぶっ込んでウタモノの側面さえ見せてくれます。次の‘La Gibonnerie’が作中では最もヘンテコなトラックではないかと思います―野生動物の鳴き声と思しき環境音をエディットしたバックに、マシーナリーなビート(微妙にトライバル感が)と、ざらついたヘビーなフレーズを突っ込むという、非常にヘンな構成なのですが、妙にクセになる面白さを持っています。謎。

蛇がとぐろ巻いてるみたいなヘビーでスローモな‘Canicule’はちょっとMinistryなんか思い出しちゃいましたね(ちょうど“Filth Pig”の頃ですかね)。やっぱりいわゆるIndsutrialに通じるサウンドも持ってると思います。サンプリング音をエディットしたと思しき奇怪なビートと不気味な詠唱が合体して、それでもなぜか最後には光を見せる‘心灵感应’とか、いったい何なんだろう、この力。ColdWaveやDarkWave, Industrial、果てはDistroidまでのアクセスを感じさせる‘ثورة’、精神浄化的Ambient/Droneから細胞分裂的グロテスクになだれ込む‘E S S A S S A N I S V I B E S’など、カッコよさと気持ち悪さの同居も面白い。

記憶の中で光が乱反射するようなキラキラコロコロした音色と、シンセチックレイヤー、スローにゆがんだヴォーカルがサイケに絡むラストの‘अवतारों’で、ようやくVaporWaveらしさが顔を出したように感じました。

と、一言で魅力を述べることができないのですが、VaporWave以降と言ってしまうのはちょっと乱暴なんだろうなあと思います(誰もそんなこと言ってないけどね)。大きな枠でいえば、Electronic/Beats/OrientalなストレンジShamanic music。即効的なPopさがあるわけではありませんが、個性的でオモシロい音楽だと思います。まあシャーマニズムがどういう意図で組み込まれているのかとか、学問的なことは私は分からないんですけどね(トラックタイトルに用いられている見慣れない言語は、その辺りに関係あるのかもしれない)。


+ + +


23 September 2015, are you prepared ? (ਅ ਣ ਜਾ ਣ album teaser)




Jane van Noise – Agent of Nothing [#138]

 Jane van Noise - Agent of Nothing [#138]

 – Tracklist –
 01. JMSML
 02. Grinded Date
 03. There are Rules
 04. Selfmade Rockstar
 05. Nympholicious
 06. ToiletPartyNight
 07. How to dance Captivity
 08. 20 Bucks
 09. Spells ov You
 10. I’m in
 11. Unity & Thorns


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014
 Label : Dramacore

 Keywords : Electronic, Lo-Fi, Melo-Weed-Pop, Psychedelic, Rave.


 Related Links :
  ≫ Jane van Noise on Facebook

  ≫ Christian Meth on YouTube
  ≫ Nina Tendo on YouTube

  ≫ The Captain Kirk on LSD Experience on Facebook


+ + + + + +


アメリカのネットレーベル、Dramacoreより。久方ぶりのリリースは、ベルリンのJane van NoiseによるLo-Bit作品。彼/彼女の活動は非常に多岐にわたっていて、The Captain Kirk on LSD Experience, iampervert, Sodomize me, Cunt Fuckula, Vincent DeVine, The Un-Zen, Nina Tendo, roMeow and more…ということで多いわっ!! チェックしきれるかい! ということでThe Captain Kirk on LSD Experienceがもっとも確認しやすいプロジェクトになるわけですが、Sirona RecordsDance Corpsなどからリリースがあるので、気になる方は漁ってみるのが良いと思います。

The Captain Kirk on LSD Experienceによる‘Warpigs from outer Space’のビデオが、往年のお笑いウルトラクイズばり(あるいはFlairsの‘Truckers Delight’ばり)の猪突猛進のオ下劣バカっぷりなので、このJane van Noiseもその痛快さを期待されるわけですが、幸か不幸か、傾向は異なります。グラインド、テラー・コアな凶暴性は影をひそめていて、つまるところはMelodicなんですね。確かにディストーションかかったギターやレイブなシンセは聴こえてきますし、ダークな雰囲気もありますが、アッパーなテンションではありません。

このプロジェクトの最大の特徴はLo-Fi/Lo-bitなサウンドでしょう。32Kbps。質の悪いカセットテープみたいなモコッとした音質がサウンドにある種のまろやかさを与えているのは間違いなくて、それがリスナーの聴き心地にも多分に影響をおよぼしています。VHSで80年代の洋画を観てるみたいなレトロ感。ノスタルジーすら感じます。また、この手の音でサウンドにクリアなものを求めないというのも、面白く感じます。絶妙なチープ感、俗っぽさは、ベタなB級テイスト、アンダーグラウンドチックなフィーリングがあって、どこか微笑ましい部分もあり。その点も好ましい。Melo-Weed-Popとはよく言ったものです。

ひときわメロウさが際立っているのはM-2の‘Grinded Date’でしょうか。ミニマルなフレーズが繰り返されるだけのシンプルなトラックですが、大仰なギターもなく、淡々とした運びと、IDMタッチのメロディが心くすぐります。対して、M-7やM-11はわりと重め。巨大獣の歩みのようなリズムとブリブリしたシンセで迫るM-7、重金属なギターがうねり続けるM-11と、どちらも本領発揮な感じですが、でもやっぱりこのLo-Fiなチープ感が決め手になって、壁の向こうで鳴っているような遠い爆音は、耳の内でやがてBGMに変わっていきます。

遠くから浸食するダーティなサイケデリア。この独特の聴取感が気に入った方は、タイはバンコクのネットレーベル、TOP OF THE FLOPSからも“Bedlam Phantasies”のリリースがありますので、そちらもあわせてどうぞ。よりメロドラマチックかと思います。ちなみに名義は変わりますが近作はSirona Recordsからの“Cassandra Neurosis Complex”の模様。4組によるスプリット。


+ + +


Jane van Noise – How to dance Captivity



+ + +


(CC) by 3.0 deed.en_US

Pine Grove – Dreams

 

 – Tracklist –
 01. Lucid
 02. Busted
 03. Problems
 04. Where Am I Again
 05. Oh Right feat. TRoss & Jaron of Fixed Element
 06. Smile
 07. Teamwork
 08. Little Stones
 09. Big Ripples
 10. Trips
 11. Present
 12. Solitaire
 13. Float (for Beth)
 14. Melt
 15. Wake



 - 04. Where Am I Again



 - 13. Float (for Beth)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2013.10.31
 Label : Not On Label [on bandcamp

 Keywords : Ambient, Downtempo, Electronica, Glitch, Hip-Hop, Psychedelic.


 Related Links :
  ≫ Pine Grove on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud

  ≫ Kid Carter on SoundCloud


+ + + + + +


アメリカはニューハンプシャー州ピーターバラのミュージシャン、Pine GroveことCarter Hammondのアルバム。これまでの作品はいずれもSenzu(たぶん仙豆は無関係ではない)というレーベルからリリースされていましたが、今作はレーベルは通っていない様子。また、彼はPine Groveの他にも、Kid Carter名義でも作品をリリースしていて、これらは上記のSoundCloudから手に入れることができます。

別名義と比較してみると、こちらの方がHip-Hopに傾倒していますし、音作りもGltichやディレイ、リバーヴを効かせたPsychedelicなものになっています。一貫してテンポはミドルに限られているし、激しい音づかいもないので、全体像は非常にドリーミィです。Bass musicやSynthWaveのような、エレクトロな派手派手しさや、wavyな様子もないし、Dubstepを経由したようなBeats感も薄い。この辺りは、昨今の時流の中にあって、ユニークに思います。そんなようにElectronica/IDMの側の住人を思わせる音像になっている点も、私が好む理由かもしれません。

メロディの幅が狭いのと、いろんなトラックで同じ音色を用いているので、途中で飽きが来るのではないかと危惧しましたが(なんといっても15トラックある)、絶妙に緩急をつけて、それを回避してくれました。M-4でAmbient/Drone的なテクスチャーで耳を慣れさせたあとに、M-5でゲストを招いてのトイ感覚あるHip-Hop/Rapを聴かせたり、M-6ではPianoのフレーズを生かして、ノスタルジックなフィーリングを醸したり。

終盤になると、抒情的なムードが強くなってきて、M-12ではぼやけたレイヤーの中で、チープなシンセのメロディが黄昏ていたり、M-13はこれまたPianoの響きを生かしたAmbientな流れを、ドラマティックなシンセの波が浸食してきたり、M-14は暖かみのあるToytronicaのようなトラックになっていたり、最後はその流れを引き継いで、オルゴールのような音色とシンセが交錯して、ドリーミィな望郷感を与えてくれたり。これまでの作品では見せていないようなレンジの広さ、またMelodic、ノスタルジックなフィーリングというヤツがあって、すごくよいです。

あからさまに前面には押し出していないんだけど、彼のサウンドにはチャイルディッシュな要素というのが間違いなくあって、それは今作のドリーミィな聴き心地に強く作用していると思います。以前からジャケット画像にSarah Hammond(ん、つまり奥さんってことかしら?)のアートワークを用いていますが、いずれにも子供が描かれていて、ノスタルジアと、ほんのりとしたサイケデリアがあって、これもPine Groveのサウンドにすごくマッチしています。個人的にもこの絵柄は好みです(ちょっと山田緑さんぽい)。

ちなみに今作、いくつかのトラックは、これまでの作品からの再録となっています。



NASA ULTIMA – [CHAPTER 3​]​新婚旅行 DELIGHT

 NASA ULTIMA - [CHAPTER 3​]​新婚旅行 DELIGHT

 – Tracklist –
 01. Southern Brew
 02. Do U Wnt 2
 03. Up In the Clouds
 04. Rest of our Lives
 05. Love is Stronger
 06. Taew’s Yetoob
 07. New Generation
 08. For Me
 09. Balcony
 10. @Room Service@
 11. Eccojam B8
 12. Drive



 - 03. Up In the Clouds



 - 06. Taew’s Yetoob


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2013.11.03
 Label : Not On Label [on bandcamp

 Keywords : Breakbeat, Electronic, Glitch, Psychedelic, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ NASA ULTIMA on Last.fm / on bandcamp


+ + + + + +


プロフィールは定かではありませんが、NASA ULTIMAの3作目“新婚旅行 DELIGHT”が、気になる作品だったので、感想を書いています。[CHAPTER 3​]​という言葉がついていますが、前2作にもきちんと[CHAPTER 1], [CHAPTER 2​]と付されています。関連性があるのかな? よくは分からないんですが、でも[CHAPTER 1]​が“ロング·ウェイ·HOME”、[CHAPTER 2​]が“ビジョン 上に 地平線”、そして今作が“新婚旅行 DELIGHT”となっているので、どことなく旅―それも飛行機による―を想起させる部分はありますね。

これまでの作品はちょっとIndsutrialだったり、Dark Ambientな節があったりはしましたが、わりとVaporWaveのマナーに即した作風でした。ところが今作はどうも様子が違う。冒頭の‘Southern Brew’からいきなり、Drum’n’Bassのような、細かいBreakbeatが聴こえてくる。かと思ったら、急に場面が転換して、ハンマービートとミニマルな電子音で、鈍色の夢が展開する。意表を突かれました。

以降のトラックではいかにもVaporWaveといった聴き心地のものも出てきますが、全体的にリバーヴやディレイを効かせているのと、ミニマルな展開の中にBreakbeatやGlitchといったリズム面での緩急を盛り込んできているのが、特徴的です。M-3, M-5を聴いていると特に思うことですが、このミニマルなディレイ、リバーヴによるPsychedelicな空間というヤツが、このNASA ULTIMAの個性のひとつであるようにも思います。曲のつなぎ方にも意図的なものが感じられて、特にM-4からM-5になだれ込む過程は、静から動への流れがモーフィングみたいで面白いです。

M-6ではOSの起動音をフィーチャーすることで、きっちりとInternet感を打ち出してVaporWaveのカラーを出しているように思わせつつも、GlitchyなBreakbeatを効かせた、ElectronicなHip-Hop調のトラックを披露。カッコいい! M-9で、ブラスを生かしてアダルトでムーディな空気を流した後が、ちょっぴり抽象に流れます。M-10はまだフワフワとした電子音が音楽的な力を持っていますが、M-11は重いビートとサンプリングされたヴォイスが響き渡る、ひときわPsychedeicな様相に。なんだか読経にも似た瞑想感があって、精神世界への入り口が開きそうなくらいです。サイケ!

ラストのトラックがまた個性的で、“天空の城ラピュタ”から‘君をのせて’の旋律を拝借しているんですが、Hip-HopのビートやTrance調のシンセと組み合わせつつも、原曲のもつある種の暗さ(レクイエムのような)がまったく消えておらず、すごく不思議な聴き心地になっています。

思うに、根っからVaporWaveに傾倒しているわけではなくて、ひとつの要素としてしか捉えてないんでしょうね。だからさまざまなサウンドを横断するような作風になっているし、王道のソレにありがちな、だれ気味な部分が少ない(後半少し失速するけれど、前半から中盤はメリハリがあってすごくよいです)。次の[CHAPTER 4]​もあるのであれば、どんなサウンドになっているのか、興味があります。是非聴いてみたい。たぶんこういう風にラフにVaporWaveのエッセンスを取り入れたプロデューサ/トラックメイカーは、今後もっと増えるんでしょう。VaporWave側からの派生ではなくて、違う領域からの浸食というか。それもまた楽しみです。