ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Rave

木木 風格思 – Found Rave Cassette Vol. 1

 木木 風格思 - Found Rave Cassette Vol. 1

 – Tracklist –
 01. hexagonal
 02. moscow
 03. inari
 04. metrik
 05. surplus
 06. kargo
 07. space



 - 06. kargo


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.21
 Label : Sleep Directory

 Keywords : Acid, Ambient, Cassette, IDM, Rave, Retrospective, VaporWave.


+ + + + + +


先日紹介したばかりのレーベル/コレクティヴ、Sleep Directoryより。木木 風格思(何て読むんだ?)の作品がリリースされています。レーベル的には2番目のリリースとうたっているので、前回触れたPambuの“2019”はカウントされていないようですね。

ファウンダーと思しきPambuの作品もポロポロと聴いているのですが、Okkoto / / 돌로にしろ、この木木 風格思にしろ、やっぱり作風、ヴァイブレーションが似ているんですよねえ。Pambuの変名じゃないのかな? まあそこを勘繰ることが今作を聴く上でさして重要なわけではないのですが。

このホームビデオから抜粋されたと思しきワンシーンを使ったジャケットイメージはどうですか。何だか怖いですね。クルッと振り向いたら顔がおかしいんじゃないかという恐怖の予感よりも、私はこの子供の視線の先に何が存在しているのか考えるのが怖いです。何もないし誰もいないのに、“誰か、いる”とか言われたら、たまらなくドッキリします。

と、そんな妄想は置いておいて、今作はモコッとしたVHS/カセット感を漂わせた、ソフトレイヴな作品です。レイヴとはいってもアッパーな調子は皆無で、Okkoto / / 돌로の作品にも通じる不穏な空気を感じさせてくれます。スローモにした(Vaporizedといってもよいのかな)SynthWaveというような感じもします。

この翳りのあるノスタルジアっていうんですかね、ちょっと暗い思い出みたいな、あるいは忘れていた幼少期の凄惨な記憶というか、そういうちょっとダークなイメージが浮かんでくるサウンドで、私大好きなんですよね。スティーヴン・ギャラガーの“戯れる死者”とか思い出しちゃう(正直話は忘れてるんだけどな!イメージですよイメージ)。

妙に音量も抑え目だし、力の抜けた感じがまた、独特のドリーミィなタッチに結びついているように思います。多分感じる人はいるでしょうが、IDM/Electronicaのエッセンスというのもここにはあるんです。それがまた好ましい。ビートはフラットですが、冷たく柔らかいシンセの音色は妙に抒情的に響く瞬間があって、ハッとさせられるのです(M-4の‘inari’とか)。その弱弱しい電子の点滅は、宇宙のどこかにある深い森からひっそりと発信される信号のような。遠くとおくから離れた感傷性が地球に届くころ、時間のズレがきっとレトロに結びつく(何を書いているか自分でもよく分からない)。

Vol. 2も待ってます!


+ + +


Music curation – 木木 風格思.
Album art – 78.0 angel.



Polka Polka – DEWNEOT [MS-001]

 Polka Polka - DEWNEOT [MS-001]

 – Tracklist –
 01. Le Tournesol
 02. =Qaqlmb
 03. Pastel Rainbow
 04. Outerstellar
 05. Methylate
 06. Superluminal
 07. MG42



 - 02. =Qaqlmb



 - 05. Methylate


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ bandcamp ] Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.01.15
 Label : Synthikate

 Keywords : Bass music, Electronic, Gabba, House, J-Pop, Rave, Synthesizer.


 Related Links :
  ≫ Polka Polka on SoundCloud / on Twitter


+ + + + + +


詳細は掴みきれていませんが、おそらくは韓国はソウルのレーベル/コレクティヴ、Synthikateより。Polka Polkaの作品がリリースされています。Subculture Collectiveという説明や、ところどころで使われているLOWCVLTという言葉から察するに、日本でいうところの“サブカル”的なものを志向しているのかもしれません。私がSynthikateを知ったのは、PURE AESTHETEにも所属しているSTEPiCのSoundCloud経由だったように記憶しています。姉妹レーベルとしてGADSというものがあり、2014年12月に共同リリースされた“Snowlight”というコンピレーションでハッキリと気にしはじめました。

よくよく見るとこのジャケットイメージにはアーティスト名も作品タイトルも入っていないんですね・・・レーベル名が中央にあるだけという、なかなかの強気。さてPolka Polkaは韓国とフィンランドが活動基盤になっているようですが(ただどちらかの出身ということかもしれませんが)、そのディスタンスを示すように、音楽性も(なんとはなしに)二分されているように感じます。この作品でいうと、ちょうど前半部と後半部で印象がガラリと変わります。

まずは前半部。M-1。Houseなビートと、電子的でありながらまろやかなシンセのメロディ、積み重ねられる鍵盤、それらがミニマルに繰り返されますが、しかしバウンシーなビートと相俟って、なんとも心地よく、可愛らしい印象さえ残します。続いてM-2。私が勝手にPost-Shibuyakei(Neo-Shibuyakei)と呼んでいる、エディット・ポップがここでさく裂します。ブレイクするシンセフレーズと、エディットされた多段的なヴォーカルの組み合わせ。StopとGoを混在させる中で、リスナーに確実にカタルシスを与える手腕はお見事です。M-3。歌がないのに唄っている気がする、Popなトラック。シンセのフレーズがトラックのメインを張っているわけですが、この伸びやかで、弾んだ感じは、非常にJ-Popなフィーリング。敢えてこのnetlabel/netaudio界隈でシミラリティをもつトラックメイカーを上げさせてもらえるなら、やはりYoshino Yoshikawaさんかなあ、という気がします。と、ここまでが前半部。

後半部。M-4から向きがガラリと変わって一気にBass musicの色が濃くなってきます。アタックの強いシンセ、ブリブリと振動し、軋むフレーズたち。メロディは確かに生きていますが、PopからRaveへと聴取感は変化します。M-5ではJ-Pop/J-Rock経由でしょうか、MelodicでハードなギターサウンドにElectronicな装飾を施すことで、デジタルでエレクトロなロックを披露。非常にMelodicなんですが、やはり前半部の流れからすると異質なものを感じます。M-6もその流れを引き継いで、ギターサウンドにエレクトロなDubstepを取り入れつつ、ゴリゴリと重戦車のように突き進みます。そしてラストはまさかのGabba。叩きつけるようなビートにスラッシーなギターとRaveなシンセが壁のように立ち上がり、完全にハードコアなスタイル。前半部とのギャップが凄まじい。全編このカラーで行ってたら確実に私は聴いてないでしょう(笑)。

どちらが彼にとってメインのスタイルなのかというのが気になるところですが、比率からいくと後半部の方がボリューミィなので、もしかするとこのハードなスタイルこそが真骨頂なのかもしれません。しかし上記のコンピレーションに提供された‘Masonry Fireplace’というトラックは、JazzyでLoungeな、非常に暖かみのあるもので、今作収録曲とはまた趣が異なります。このように幅広い音楽性の潜在をうかがわせるPolka Polka、そしてその一端を垣間見れる今作、要注目です。

Synthikateもbandcamp上には3作しか作品が記載されていませんが、以前にもSugar Rush ☆ Sweet Dashをリリースするなどしているようで、なかなかレーベル/コレクティヴとしての全容は掴めていませんが、しかしPop志向であるのは間違いない様子。Punkという部分ではちょっと異なるかもしれませんが、日本のMaltine Recordsや、アメリカのZoom Lensとも共通する部分があるように思います。韓国のこういったシーン自体、あまり表に出てこないように思うので、今後どういった動きを見せるか、楽しみにしています。



 - Masonry Fireplace



Jane van Noise – Agent of Nothing [#138]

 Jane van Noise - Agent of Nothing [#138]

 – Tracklist –
 01. JMSML
 02. Grinded Date
 03. There are Rules
 04. Selfmade Rockstar
 05. Nympholicious
 06. ToiletPartyNight
 07. How to dance Captivity
 08. 20 Bucks
 09. Spells ov You
 10. I’m in
 11. Unity & Thorns


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014
 Label : Dramacore

 Keywords : Electronic, Lo-Fi, Melo-Weed-Pop, Psychedelic, Rave.


 Related Links :
  ≫ Jane van Noise on Facebook

  ≫ Christian Meth on YouTube
  ≫ Nina Tendo on YouTube

  ≫ The Captain Kirk on LSD Experience on Facebook


+ + + + + +


アメリカのネットレーベル、Dramacoreより。久方ぶりのリリースは、ベルリンのJane van NoiseによるLo-Bit作品。彼/彼女の活動は非常に多岐にわたっていて、The Captain Kirk on LSD Experience, iampervert, Sodomize me, Cunt Fuckula, Vincent DeVine, The Un-Zen, Nina Tendo, roMeow and more…ということで多いわっ!! チェックしきれるかい! ということでThe Captain Kirk on LSD Experienceがもっとも確認しやすいプロジェクトになるわけですが、Sirona RecordsDance Corpsなどからリリースがあるので、気になる方は漁ってみるのが良いと思います。

The Captain Kirk on LSD Experienceによる‘Warpigs from outer Space’のビデオが、往年のお笑いウルトラクイズばり(あるいはFlairsの‘Truckers Delight’ばり)の猪突猛進のオ下劣バカっぷりなので、このJane van Noiseもその痛快さを期待されるわけですが、幸か不幸か、傾向は異なります。グラインド、テラー・コアな凶暴性は影をひそめていて、つまるところはMelodicなんですね。確かにディストーションかかったギターやレイブなシンセは聴こえてきますし、ダークな雰囲気もありますが、アッパーなテンションではありません。

このプロジェクトの最大の特徴はLo-Fi/Lo-bitなサウンドでしょう。32Kbps。質の悪いカセットテープみたいなモコッとした音質がサウンドにある種のまろやかさを与えているのは間違いなくて、それがリスナーの聴き心地にも多分に影響をおよぼしています。VHSで80年代の洋画を観てるみたいなレトロ感。ノスタルジーすら感じます。また、この手の音でサウンドにクリアなものを求めないというのも、面白く感じます。絶妙なチープ感、俗っぽさは、ベタなB級テイスト、アンダーグラウンドチックなフィーリングがあって、どこか微笑ましい部分もあり。その点も好ましい。Melo-Weed-Popとはよく言ったものです。

ひときわメロウさが際立っているのはM-2の‘Grinded Date’でしょうか。ミニマルなフレーズが繰り返されるだけのシンプルなトラックですが、大仰なギターもなく、淡々とした運びと、IDMタッチのメロディが心くすぐります。対して、M-7やM-11はわりと重め。巨大獣の歩みのようなリズムとブリブリしたシンセで迫るM-7、重金属なギターがうねり続けるM-11と、どちらも本領発揮な感じですが、でもやっぱりこのLo-Fiなチープ感が決め手になって、壁の向こうで鳴っているような遠い爆音は、耳の内でやがてBGMに変わっていきます。

遠くから浸食するダーティなサイケデリア。この独特の聴取感が気に入った方は、タイはバンコクのネットレーベル、TOP OF THE FLOPSからも“Bedlam Phantasies”のリリースがありますので、そちらもあわせてどうぞ。よりメロドラマチックかと思います。ちなみに名義は変わりますが近作はSirona Recordsからの“Cassandra Neurosis Complex”の模様。4組によるスプリット。


+ + +


Jane van Noise – How to dance Captivity



+ + +


(CC) by 3.0 deed.en_US