ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Retrospective

木木 風格思 – Found Rave Cassette Vol. 1

 木木 風格思 - Found Rave Cassette Vol. 1

 – Tracklist –
 01. hexagonal
 02. moscow
 03. inari
 04. metrik
 05. surplus
 06. kargo
 07. space



 - 06. kargo


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.21
 Label : Sleep Directory

 Keywords : Acid, Ambient, Cassette, IDM, Rave, Retrospective, VaporWave.


+ + + + + +


先日紹介したばかりのレーベル/コレクティヴ、Sleep Directoryより。木木 風格思(何て読むんだ?)の作品がリリースされています。レーベル的には2番目のリリースとうたっているので、前回触れたPambuの“2019”はカウントされていないようですね。

ファウンダーと思しきPambuの作品もポロポロと聴いているのですが、Okkoto / / 돌로にしろ、この木木 風格思にしろ、やっぱり作風、ヴァイブレーションが似ているんですよねえ。Pambuの変名じゃないのかな? まあそこを勘繰ることが今作を聴く上でさして重要なわけではないのですが。

このホームビデオから抜粋されたと思しきワンシーンを使ったジャケットイメージはどうですか。何だか怖いですね。クルッと振り向いたら顔がおかしいんじゃないかという恐怖の予感よりも、私はこの子供の視線の先に何が存在しているのか考えるのが怖いです。何もないし誰もいないのに、“誰か、いる”とか言われたら、たまらなくドッキリします。

と、そんな妄想は置いておいて、今作はモコッとしたVHS/カセット感を漂わせた、ソフトレイヴな作品です。レイヴとはいってもアッパーな調子は皆無で、Okkoto / / 돌로の作品にも通じる不穏な空気を感じさせてくれます。スローモにした(Vaporizedといってもよいのかな)SynthWaveというような感じもします。

この翳りのあるノスタルジアっていうんですかね、ちょっと暗い思い出みたいな、あるいは忘れていた幼少期の凄惨な記憶というか、そういうちょっとダークなイメージが浮かんでくるサウンドで、私大好きなんですよね。スティーヴン・ギャラガーの“戯れる死者”とか思い出しちゃう(正直話は忘れてるんだけどな!イメージですよイメージ)。

妙に音量も抑え目だし、力の抜けた感じがまた、独特のドリーミィなタッチに結びついているように思います。多分感じる人はいるでしょうが、IDM/Electronicaのエッセンスというのもここにはあるんです。それがまた好ましい。ビートはフラットですが、冷たく柔らかいシンセの音色は妙に抒情的に響く瞬間があって、ハッとさせられるのです(M-4の‘inari’とか)。その弱弱しい電子の点滅は、宇宙のどこかにある深い森からひっそりと発信される信号のような。遠くとおくから離れた感傷性が地球に届くころ、時間のズレがきっとレトロに結びつく(何を書いているか自分でもよく分からない)。

Vol. 2も待ってます!


+ + +


Music curation – 木木 風格思.
Album art – 78.0 angel.



runway exclusive – fashion week

 runway exclusive - fashion week

 – Tracklist –
 01. showtime
 02. covergirl
 03. stilettos
 04. paris nights
 05. mesmerize
 06. diva
 07. supermodel dreams



 - 06. diva


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.06
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Fashion, Retrospective, SynthWave, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ runway exclusive on bandcamp


+ + + + + +


ファッションショーやそこにおけるランウェイというものについて疎い私には、このrunway exclusiveというワードが通常どんな意味合いで用いられているのか分からないし、ましてやここにおいてそれが揶揄的な意味で用いられていたとしたら分かるはずもない。

また、ファッションショーにおける音楽の定番というのはおそらくなくて、千差万別なんでもござれなのではないかと思っている。大なり小なりファッションショーなんて山ほどあるだろうし、そこで使用される音楽のチョイスを任される人間というのは必ずしも決まっていないだろうし、ショーの内容に応じて曲は選ばれるであろうから。だから、今作のような音楽が使われることもあるんじゃないかなあって、おかしくないよなあって、そう思った次第です。もしかしたら実際こういったVaporWave~SynthWaveが使われたショーというのも、すでに存在しているのかもしれません。

服を見せる、外見を見せる、という意味では、ショーにおける“人間”というのは、服をまとった“オブジェ”のようなものなのかもしれない。感情性など必要とされていない。その在り方は、煌びやかなサウンドを身にまとって濃厚なラグジュアリー感を漂わせつつ、しかし無機質という(虚飾というと語弊だろうか)、今作にあるVaporWave~SynthWaveと決して相容れないものではない。ファッションショーのイメージと、VaporWave/SynthWaveが持つ無機質なラグジュアリー感を重ね合わせたのは、面白い視点ですし、なるほどなあと思いました。お見事です。

先日の投稿にあるOkkoto / / 돌로の“5F Dept. Store”と併せて聴くと私の趣味が丸わかりで何だか恥ずかしいような気もしますが(今さら何を言っているんだろう)、やっぱりこの手のサウンド、好きですね。明確なVaporWave、オーソドックスなVaporWaveというよりは、SynthWave(あるいはRetroWaveという呼称も可)に寄せた音作りですし、そのサジ加減がまた絶妙なのです。ドッシリとしたElectronicな質感と、レトロスペクティヴな大仰シンセサウンド、都市の夜景を走行中の車から眺めるような、無機質な哀愁を漂わせるメロディ。

どこの誰が作ってるのかも分からないこのオブジェ感もたまりませんね。

参考までに?CHANELの2015年のファッションショーを覗いてみましょう-


Fall-Winter 2015/16 Ready-to-Wear CHANEL Show



この流れで観ると、何だか面白いですね。ファッションショーというよりはヴィジュアルイメージのように感じられてきます。色と動きにキーがありそうです。たとえばこういう映像を集めてDVDに焼いて、PCで作業中に脇のTVで流すとか、そういうのも面白そうですね。では最後にもうひとつ、Pradaもいっておきましょう-


Prada | Fall Winter 2015/2016 Full Fashion Show | Exclusive



やっぱりなんか面白いわ。今作の音が流れてても、ぜんぜんおかしくない!



Okkoto / / 돌로 – 5F Dept. Store

 Okkoto / / 돌로 - 5F Dept. Store

 – Tracklist –
 01. Cold Sections 1224-1225
 02. 420 / / 음식
 03. :: S L E E P ::
 04. 숙취



 - 02. 420 / / 음식


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.09.14
 Label : Sleep Directory

 Keywords : Ambient, Dreamscape, Retrospective, VaporWave.


+ + + + + +


ニュージーランド基盤である様子のコレクティヴ/レーベル、Sleep Directoryより。詳細不明ですがOkkoto / / 돌로の作品がリリースされています。bandcamp上ではこの一作しかないように見えますが、Tumblrでは今作の前にもうひとつ、Pambuによる“2019”がリリースされていることが分かります。そして今作のミックスとマスタリングを手掛けているのが、そのPambu。

意図的なのかどうか、作風はかなりPambuに近いように感じます(変名ではないかと疑ったのですが、結局よく分かりません)。Ambientで曖昧模糊としたサウンドスケープ。レトロスペクティヴなシンセのフィーリング。ミニマルなメロディ。タグにはchiptuneが使われていて、確かにその響きもないことはなくて、聴き方によってはVGMに通じるのかもしれません。

何が良かったのかっていう話ですが、聴いていて思い出したのが、イタリアのホラー監督ダリオ・アルジェント(Dario Argento)の作品“オペラ座・血の喝采”のサウンドトラック。といってもアルジェントの作品の常連であるゴブリンは絡んでなくて、ブライアン・イーノ、ロジャー・イーノ、ビル・ワイマン&テリー・ライリーらによるシンセ・ミュージックから、マリア・カラスの歌やノーデン・ライトのへヴィ・メタルまで、幅広く収録されているという、ごった煮なサウンドトラック。

こと今作と共振しているように感じられるのが、シンセサウンドの部分で、その“オペラ座”の音楽でいえば、‘WHITE DARKNESS’や‘BLACK NOTES’なのです。“オペラ座”はホラー/サスペンスに分類されるんでしょうが、アルジェント作品の例外ではなく、独特の映像感覚なわけですが、たびたび夢か現(うつつ)か分からないシーンが出てくるんですね(確か犯人の幼少期のトラウマを描いたシーンで、でも編集されまくりで観ている方にはそれが何を意味しているかよく分からないっていう[笑])。そのシーンでかかっていたのが上記の2曲のいずれかだったと記憶しているんですが、まあその情報は脇に置いておいて・・・、あとはジョン・カーペンター監督が作るシンセ・ミュージックとか、その辺り、80年代のシンセサウンドを想起させるところが、今作の魅力なんですね。不穏でちょっとおどろおどろしいというか、恐怖までには至らなくて、そのぜんぜん手前で止まってるんだけど、夢の中でちょっと怖いものに遭遇しそうになっているような、安心しながら不安を感じているような、奇妙な感覚が、心地よいのです。

ためしに“オペラ座”のサントラと今作を交互に聴いていたらどっちかよく分からなくなってきました。そのくらい、よいです。なんか何の紹介してるんだか分からない文章でスイマセン。

M-3‘:: S L E E P ::’などはBrian Enoの影響を感じたりもするし、少ない音数と簡素なリズムで描かれる電子の夢はIDM/Electronicaにも繋がるでしょうし、角度を変えると色々と楽しめる作品だと思います。


+ + +


Composition and recording by Okkoto / / 돌로.
Mixing and mastering by Pambu.
Artwork by 78.0 angel.



うつ病 – Claymation Playstation

 うつ病 - Claymation Playstation

 – Tracklist –
 01. new worlds
 02. power nap
 03. foamposite
 04. 30 tutorials
 05. warmth
 06. market shoes
 07. rumblepak & controller
 08. marijuana
 09. top floor
 10. monopoly
 11. where i am
 12. water room
 13. surviving
 14. feathers
 15. uncomfortable situation
 16. detroit
 17. our desire



 - 02. power nap



 - 08. marijuana


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.06.23
 Label : ‡‡welcome_ 美 ₰ou₦ds††

 Keywords : Electronic, IDM, Melodic, Midicore, Non-sample, Retrospective, VaporWave.


+ + + + + +


たとえば夜中、風呂上りに、何をするでもなく、漫然と思考を開放している時間とかあるじゃないですか。頭に何のイメージも浮かんでいないような、テレビはついているんだけど観てなくて、明日やること(タスク)とかも特に考えてなくて、でも何からも解き放たれているかというと、そうでもないっていう。漠然とした不安はあるけれど、目下のところそれはさほど問題とならないような、ある意味空白の時間。いや私はあるんですよ。漫然した思考、ってところは学生時代のプールの後の授業中、ってたとえも似合うかもしれない(ちょっと違うけどね)。

今作を聴いていて思ったことは、そんな時間に似合うんじゃないかなあってことなんです。そろそろ来るとか来ないとかまったく言われてないけど、一部では確かに愛好家がいる様子の“Midicore”が今作にふさわしい言葉だと思います。いや定義はよく分かりませんけど、私の中ではこれがMidicoreなのです(Midiはまだしもcoreは何でつける必要があるんだろうか)。

私はよく言うように音の作り手ではないのでMIDIというワードにも疎いわけですが、いろいろ参照して“MIDIは音がしょぼい”というのが誤解だということは、分かりました。こちらを信じるのであれば、近年のOSが標準装備しているMIDI音源は質が低い(“限定的な表現力しか有していない”、という表現がされていますが)。しかしMIDI音源の全盛期というのがおそらくは90年代後半であり、つまり裏を返せば、今現在はMIDIデータは主流ではなく、MIDIデータを使って音楽を再生する機会はほとんどない。そのため、その質の低さが問題視されることはない、ということですが、まさに参照先に書かれているように、これが原因で一般PCユーザー・リスナーには、“MIDI音源はしょぼい”という印象を与えているわけです。Windows95の発売によって、その後の数年でPCが爆発的に普及したことも無関係ではないと思いますが、聴き手側にとっては、MIDI音源は90年代後半のイメージで止まってしまっているのではないでしょうか。

そんなひと昔前のカラオケ音源のようなしょぼさを再現しているのが、このMidicoreサウンド(という捉え方は間違いかもしれませんが。実際どう作っているのか分かりませんし)。私がこのワードに気づいたのが遅かっただけで、今考えればAmun Dragoonの近作なんかも、完全にこっちの方向でした。なぜにVaporWave周辺にこの動きを見せるトラックメイカーがいるのかということですが、ちょっと考えると、80年代(VaporWave)と90年代(Midicore:MIDI全盛期という意味で)というズレはあれども、いずれも過去のリバイバルという側面を持っていることが共通しています。そしてそこには意図の見えない不透明性、怪しさ(何とも曖昧な表現だ)が充満している。先人たちへのリスペクトや、懐古趣味とも言い切れない、正体が分からないゆえの不気味さがあるのです。

われわれの多くの中にある、MIDI音源を利用した音楽についての、ノッペリとした、感情をうかがわせない、合成音声のような、違和感(それは自然界には存在しないプラスチック的な)。そしてVaporWaveの持っているある種のグロテスクさ―それはNewAge経由のスピリチュアルなバイブであれ、Chopped & Screwed経由の表面的な気持ち悪さであれ―は、根底でリンクしてはいないでしょうか。そしてこれは私には上手く説明できないのだけれど、両者の背後にあるPC(それも最新ではない)のイメージ。なぜ、どうして“PC”が両者をつなぐのかということが上手く表現できなくて歯がゆいのですが、私はVaporWaveにもMidicoreにも、PC(それがまだ多くの人にとって未来の象徴だったときの)というイメージが、チラついて仕方がないのです。まるでそれが憑依しているかのように。“playstation”もそうだけれど(やはり鍵は90年代にあるのか)。

と、サウンドについて全然触れていませんが、サンプルをいっさい使っていないそうで、VaporWave界隈では珍しい作品ではないでしょうか。どうもアイランドをイメージしているようですが、この赤紫に染まった空と、それを映した海は、何だか血を連想させて、ちょっと不気味。でもトラックはそんなこと全然なくて、‘foamposite’だけはちょっとスリリングだけど、あとはMelodicだったり牧歌的だったり神秘的だったりオリエンタルだったりトロピカルだったりで、不気味さとは無縁です(‘detroit’ってやっぱデトロイト・テクノなんかな。それっぽい)。先にも書いたように、このエモーション抜きの電子感ていうんですかね、これがね、クールなんですよ。聴き手の思考をどこにもつなぎ留めない。そういう意味ではVGMっぽさもある。Ambientとはまた違った空っぽ感(何も表現していないという意味ではないです)が、好ましい。‘30 tutorials’とかは、この手のサウンドにしては不思議な跳ねた感覚があって面白いしカッコいい(しかし“Tutorial”ってワードはAmun Dragoonも使ってるんですよねえ・・・)。

たまにMidicore探すんですが、上手いこと見つけられません。やはり来てはいないんでしょうか(わざわざMidicoreだと名乗っていないこともあるのかもしれない)。でもハッキリとしたカラーのある音楽なので、この中で面白いことやる人とか、マスターピース的なものが出てくれば、ジャンルとして盛り上がることもあるかもしれませんね。まあMidicoreのオーソリティとか出てきても何かアレだけど(笑)。あとAmun Dragoonの近作もアイランドがテーマのようだったけど、それは不思議なことに今作にも共通している。何かMidicoreによって描かれるべきものがあるんでしょうか。

何回も聴いていると次第に違和感なくなってきて、MIDIっぽさが薄れくるのがまた面白いです。MIDI音源で作ったIDM、という表現をしたくもなります。完全に過去に振り切らずに、今に着地させるバランス感覚が嗅ぎ取れる。実は名のある作り手さんかもしれない、なんて考える(結局分からない)。ちょっとThe Other People Placeとか思い出しました(彼James Stinsonは亡くなってますが)。


あとスイマセン記事にはできなそうなのでここで紹介しますが、Midicore的サウンドでよかったのが、Sapphire Shoresの最後の作品?(なのかなあ)、CRUISE LINER ‘DELPHI’です。MidicoreとVaporWaveが交互に出てくるような構成の、面白い作品でした。この作品を最後に、Sapphire Shoresは長いクルーズの旅に出たのだろう、というのが私の見解。さながらロング・グッドバイ。


+ + +


と、今回の文章を書く上でネットを彷徨った際、たまたま見つけた動画が印象深かったので、作品と直接関係ありませんが、リンクだけ貼らせてください―懐かしのWindows95入門ビデオ

―VaporWaveのバイブがそこに・・・。


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



מוסיקת פופ – מכשפה

 מוסיקת פופ - מכשפה

 – Tracklist –
 01. שיר אהבה
 02. צעד מוות
 03. שפתיים רופפות
 04. מטוס
 05. שיר פופ   
 06. לרצוח אותימבפנים



  - 05. שיר פופ


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2014.11.09
 Label : Idle christ

 Keywords : Electronic, Retrospective, Strange, Synthesizer, VHS, Witch.


+ + + + + +


UK基盤のレーベル、Idle christより。מכשפהの作品がリリースされています(どうもこの文字はヘブライ語のようで、訳すと素直に“魔女”となるようです)。これまでにも同レーベルからは2011年に“בן זונה”を、2014年半ばに“השטן הוא בעצמך”を、それぞれリリースしてきており、今作が3作目となります。素性も気になるんですが、この匿名性が全盛の時代にヘブライ語のネーミングときて、音楽性も決して華々しいものではないだけに、とっかかりがつかめません。つまり私のガッツが足りなかったという分けですが、気になる人は自分で調べますよね、うんきっとそうだ。だからここでは音源にしか触れません(触れられないのだ)。

1作目はアブストラクトでエキセントリックなシンセサイザー・ミュージックという感じでしたが、2作目でヴォーカルを取り入れ、まさかのCold Wave~Trip Hopの風味も感じさせる、いくらかメロディに寄った作風に変化、シンセを主軸にしながらも、スタイルにはあまりこだわりがないような、そんな印象ですが、今作でまた、少し作風に変化があります。作品タイトルのヘブライ語は“Pop music”という訳になるようで、非常に挑戦的ですが、今までと比べると、確かに格段にPopです―比べれば、の話ですが。

極彩色のレトロタッチ(エキゾチックでトロピカルなフィーリングもある)なシンセサイザーが全編を覆っていますが、それに加えてテープミュージック的な聴取感―ねじれや歪みが随所で聴こえてきて、レトロ感の中にも独特の眩惑感が落とし込まれています。M-1などは、さらにそこにデス声のような、地の底から響くような声が混合されていて、まさかのレトロなシンセサイザー・ミュージック+デス声という奇怪なコラボレーションを耳にすることができます。M-4なども70~80年代風の電子感の強いスペーシーなシンセサイザー・ミュージックに、奇妙に変調させたヴォーカルを合わせることで、不安感をあおるミステリアスな音像を生み出しています(この辺りはWitch Houseとリンクするのかもしれない)。

M-5なんか、出だしで“オッこれは直球でPopなんじゃないか?”と思わせておいて、即座にグニャリと音を捻じ曲げて、見事にオトしてくるという、シニカルなハズしっぷり。そのあとも頻繁に音が凸凹に飛んだり跳ねたりするので、ちっとも安心して聴くことができません(笑)。面白い。予定調和をぶっ壊しにくるような―そう暗闇の中でジェットコースターに乗るような、とてもスリリングな聴取体験を提供してくれます。

音楽的要素のストレンジな組み合わせや、予定調和を無視したメロディの歪曲で、リスナーを興奮させる・楽しませるって、よくよく考えると、これってやってること自体はPop musicに対するRemixやEditと同じようなことですよね。Pop musicにはメロディの気持ちよさがあるので、それが生かされる場合が多いですが、でもRemixやEditにおいて、私はそれがオリジナルからどれだけ離れた上で、かつ気持ちよさや興奮を提供してくれるか、そこが自身の中でひとつの尺度になっているような気がします。そんなように自分の音楽の聴き方まで考えさせる今作は、“Pop music”というタイトル以上に深い作品なのかもしれません(?)。

ちなみにM-1に関しては、どこかで似たような構造の曲を聴いたような気がして記憶を漁り、Ornitologyの‘Two green feathers (Feat Fabio Caruso)’に行き着いたんですが、今聴いたらDark Ambient+デス声という形で、ぜんぜん違っていたことをここに報告しておきます。

Idle Christもリリースは沢山あるんですが、まだぜんぜん聴けていないんで、エネルギーと時間があるときに積極的に聴いていきたいです。

※‘Two green feathers (Feat Fabio Caruso’は、Dedicated Recordsから出ていた“Concrete”(2009)に収録されていたんですが、今は手に入らないようですね・・・。




HORO x2 CHO – 荻窪あたりで待ってます

 HORO x2 CHO - 荻窪あたりで待ってます

 – Tracklist –
 01. 荻窪あたりで待ってます





+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014.02.12
 Label : Not On Label

 Keywords : Indie, Retrospective, Standard japanese pop.


 Related Links :
  ≫ HORO x2 CHO on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


バンドなのかユニットなのかもよく分からないんですが、HORO x2 CHO(ほろほろちょう)の作品がbandcamp上でフリーで公開されています。現時点で4つのトラックが公開されていますが、いずれも尺が短くてワンコーラスで終わってしまいます。ひょっとするとプレビュー的なものなのかもしれませんが、その辺りも名言はされていません。

“サイコーにカッコよく サイコーにバカっぽい サイコクイーン”というキャッチコピーがありますが、このバカっぽいってところがポイントですね。バカじゃないんですよ! バカっ“ぽい”なんですよ! バカっぽさを出すのってすごく難しいと思うんですが、すごくうまくやってのけています(いや褒め言葉ですよ?)。

最初に公開された“NoFu – Beautiful Farmer – ”はRapなんですが、“まっ赤なホッペのシャイなboy/リコピンたっぷりよ TomaTo/あいつがSo一緒なら/Don’t worry 乳がん検診”、“泣いたのは害虫のせいじゃない/明日がまぶしいだけ oh baby”ってこのリリックったら! なんてバカっぽい! でもヴォーカルKoikeさんの絶妙ないなたさがキーポイントになっていて、ふざけてる感だしてなくて、このキッチュな感じがたまらないのです。

この“荻窪あたりで待ってます”はもろに演歌・歌謡曲調で、パヤパヤコーラスまで出てきます。“北口すぐのゆーとぴあ”という歌詞から風呂絡みの展開になっているのか、“あなた以外はまるでミストサウナ/くもって ああ何も何も見えやしない”って続くんですが、こんな表現初めて聞いたぜ(笑)! 斬新! この昭和歌謡+αという構造で新しさを生み出すやり方は、ミドリカワ書房を彷彿しますし、ちばゆきさんの“ゆきんこ”も思い出しました(これは今聴いても新鮮です。ちなみにちばゆきさんはれっきとした演歌歌手ですが、“ちばんど”なんて、演歌メタルバンド組んでたのね。知らなかった!)。

音楽はいつだって温故知新だと思いますが、技術の発達とともにできることだって増えてくるだろうし、そうするとこれからはさらにその温故知新の方法がキーになってくるだろうし、どんなものが飛び出してくるのか、非常に気になるところで、楽しみな部分です(なんだったらVaporWaveだってその温故知新のひとつと考えたっていいでしょう)。最近でいえば、武藤彩未さんの在り方だってそうだろうし、サテライトヤングだってそうだ(彼らは昭和歌謡や80年代アイドル歌謡に、歌詞の部分でアップデートを加えることで、独自のスタイルを確立している)。もうちょっと地下っぽいところだと、ベッド・インを入れてもよいんでしょうか(よく分かりません)。

そういう盛り上がりを考えると、この辺の昭和歌謡やアイドル歌謡に対する温故知新の波が、ドカンとくるのかもしれませんね(まあ私の知らないところで昔からそういうシーンはあるのでしょうが)。このHORO x2 CHOのサウンドもその一端なのかもしれません。このマジメにバカっぽいことやりつつもインテリジェンスを振りまかない感じが、すごくスキです(おかげで私は鼻白まずに済むのです)。気になる方は是非上記bandcampへ!


+ + +


Vocal : Yumiko Koike
Track Making & Mixing : Yoshihito Oba
Vo. Recording Engineer : TakaC “Schumann” Saida