ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Rock

平野宏太 – DUSTBOX

 平野宏太 - DUSTBOX

 – Tracklist –
 01. アンチドンカマ
 02. 東京バター
 03. ソラテツ
 04. オベトラベル
 05. 夕凪 
 06. 曲できた
 07. ドリルリル
 08. マ○クのポテト


+ + +


 Release Page Run Out!

 Release Date : 2012
 Label : Tokage Studio 
 (※現在はSumika Recordsになっています)

 Keywords : Indie, Pop, Rock, Singer-Songwriter.


+ + + + + +


前から何度も紹介しようと思ってたんだけど、どう書いていいか分からなくて、ずっと心に引っかかってた作品です。別に私になんかあったわけではないんですが、今このタイミングでなら書けそうな気がするんで、今書いています。

今ではホントにたまに見るくらいになったんだけど、学生の頃ですか、audioleafをよく利用していました。インディーの知らないバンドさんがわんさか登録しているし、一日中彷徨ってても飽きない感じでした。細かいことは省きますが、そこで色糸ステラってバンドがいたんです。CD買ったりとかライヴ行ったりとかはスイマセンなかったんですが、でも好きでして、よくaudioleaf上で聴いていました。‘カルケミッシュ’とか、シンセも使ったPopなRockサウンドに、ナイーヴな歌詞で、GOING UNDER GROUNDにも通じる普遍的なポップスってやつが感じられて、特によく聴きました。‘僕と月うさぎ’も淡々と、切なくて、よかった。でも彼らは2009年に解散。

その色糸ステラの中心人物が、平野宏太さんだったわけです。解散後もずうっと引っかかってて、色糸ステラのことを定期的に思い返しては、今でも存在するaudioleaf上のページで聴いたりしてたんです。で、今からどのくらい前か忘れましたが、ふとネットの力で検索してみたんですよ。平野宏太さんを。そしたらまだ音楽を作っていることが分かったんです。しかもトカゲスタジオっていうスタジオ持って。‘おー!’と思って、うれしかったですね。

でも平野さん、プロフィールにも書いてますが、音楽とはぜんぜん関係ない会社に就職したみたいで、仕事の合間に音楽を作っているみたいなんですね。で、2010年ごろからスタジオ始めたのかな?、そこで自身が関わったと思われる作品のほとんどを、フリーで提供してくれているんです。平野宏太名義では3枚のアルバムが公開されていますが、今作は最も新しいもので2012年作。

聴いてて思うのは、やっぱりPopだし、私のすごい好きなものがここにあるなあってことです。彼はスピッツをフェイバリットに上げていると思うんですが、そこに通じる、少年性や思春期的な感情、ノスタルジア、ちょっとした遊び心、そして何より流行り廃りに左右されない普遍的なメロディの力ってのが、強くあって、これはもう絶対に才能だと。人によっては歌詞にみられる思春期的な一途な物思いが苦手に感じるかもしれませんが、でもメロディの力と合わせて構え無しに受け入れれば、きっとすんなり飲み込めるはず。

色糸ステラと比べると、等身大になっているように思います。歌詞や唄い方の部分で特にそう感じます。‘曲できた’‘マ○クのポテト’は面白いですね。前者は曲の構造をそのまま歌にしていますし、後者はタイトル通りマ○クのポテトが待ち合わせの最中に減っていく様を、唄っています。こういう力の抜けた曲とは別に、‘東京バター’は“音楽やめて就職しよ!って曲”のようです…。“空を走る鉄道が部屋に迎えに来る曲”っていう‘ソラテツ’も、ロマンチックでよいですね。そんなように緊張と緩和が絶妙のバランスで排されている部分も今作のすばらしさなんですが、せっかくなので平野宏太名義以外の部分にもちょっぴりフォーカスを。


まずはもうなくなってしまったと思うんですが、Grifwawaというバンドの‘虹色タイムマシン’


虹色タイムマシン/Grifwawa



いいですねえ、どっか切ないんだけど、背中を押してくれるような力強さがあります。私にとってはノスタルジアな部分もポイント高い。

次は飯村美樹さんに提供した‘タイムトラベル’という曲。飯村さんのブログでも平野さんに作ってもらったということが書かれていますが、もし知らずに聴いたとしても平野節が嗅ぎ取れるかもしれません。これもよい。タイムトラベルという言葉にあるファンタジーなフィーリングを、歌詞の“魔法”という言葉に絡めての幻想的な前半部、そこから一転して力強く弾ける後半部。ダイナミックでエモーショナルでPopで。願いはとても切なくて。いい曲です!


タイムトラベル/飯村美樹


ということで他にも平野さんが作った曲、関わった曲は沢山あるんですが、気になる方はトカゲスタジオのウェブサイトへ是非。これから先に何がしかのリリースがあるのかどうかは皆目分かりませんが、期待はしない方がよいんでしょうか。音楽で飯を食っていくというのはこのご時世、相当にハードコアな選択ですし、安定を選んだ平野さんは正しかったと私は思うんですが、いや、そんなことが言いたいんじゃなくて、ただ、ここには素敵な音楽がありますよ!ということを言いたいだけなんだな、私は(そしてそれはこのブログの趣旨でもある)。だから、少しでも多くの人に聴いてほしい。そして願わくば、1986年生まれの平野さん!まだ若い!また、まだ、音楽を届けてほしいです!

追記:平野さん、このあとTokage Studioのウェブショップで再録音も含めたソロ名義の作品を販売開始しましたが、Sumika Recordsへの移行に伴い、2017年現在、販売は一時休止になっています。どうしても気になる方は、ディスコグラフィは平野さんのブログ内に記載があります。そこからiTunesやGoogle Playへ行きましょう。


+ + +


曲できた/平野宏太






東京バター/平野宏太




Asphoria – Syabidap [Hujan031]

 Asphoria - Syabidap [Hujan031]

 – Tracklist –
 01. Syabidap (Original Mix)
 02. Syabidap (Floopers Boy Remix)
 03. Syabidap (Various Flames Remix)
 04. Syabidap (Maspey Remix)
 05. Syabidap (Ms. Luluby Remix)



 - 01. Syabidap (Original Mix)


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror ] Download Free!

 Release Date : 2014.04.24
 Label : Hujan! Rekords

 Keywords : Alternative, Electronic, Emo, Indie, Pop, Rock, Remix.


 Related Links :
  ≫ Asphoria’s Blogsite
  ≫ Asphoria on Last.fm / on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Vimeo / on Twitter


+ + + + + +


インドネシアはボゴール基盤のネットレーベル、Hujan! Rekordsより。Asphoriaの新作がフリーで公開されています。以前に紹介したときは3人組でしたが、2012年に4人組へ、現在のメンバーは、Maulana Rau (vocals, bass, acoustic guitar)、Fauzan “Fanfan” Alfansuri (vocals, guitars, samples)、Aria Andriyadi (keyboards, piano, guitars)、Irfan Rau (drums, guitar)。ドラマーが増えた形ですが、このIrfanは、ヴォーカルをつとめるMaulanaの兄弟のようです。

Note About Life(2011)や、Eschatology(2012)といった傑作をリリースしてきた彼らですが、今回のシングルもまたすばらしい。タイトルを見るとわかるように、M-2~5はタイトルトラックのリミックス! いいですねー。個人的にはこういう、バンドの作品に収められるリミックスというやつが大好きなので(なぜならそこには少なからずバンドサウンドとは違う部分で、バンドの音楽的意向が反映されるだろうからです。バンドの外にリミックスをゆだねたとしても)、興味津々で聴かせていただきました。

まず、M-2の‘Floopers Boy Remix’。これは一番今様な感じがします。4つ打ちのハウスなリズムにトランシーなシンセを絡めたエレクトロ・ポップな仕上がり。シンプルなトランス調にはなっていなくて、ドリーミィなシンセも重ねて使うことで、ChillWave~DreamWaveのような聴き心地もあり。さらにそこに、オリジナルにある焦燥的な歌唱やハイトーンのコーラスをエディットしてリピートさせることで、もともとのエモーショナルな部分も維持されていて、これは好リミックスかと思います。

次の‘Various Flames Remix’も冒頭のカッツリしたドラミングが意表を突きます。面白い出だし。そこに絡むのはやっぱりオリジナルのコーラスだったりトランシーなシンセだったりで、M-2のあとだと、残念かな、ちょっとインパクトに欠けてしまうのが事実。冒頭や中盤のあのドラムで引っ張ってもよかったのかもしれません(偉そう)。続く‘Maspey Remix’は、オリジナルからのキーボードやギターを取り入れつつも、アッパーなトランスになっていて、これでM-2~4までいずれもトランスが絡んだリミックスということになります。なぜなんでしょうコレは。やっぱりオリジナルの高音コーラス部分が特徴的だし、そこをリミックスに生かすことを考えれば、こういう形になる、ということなんでしょうか。別にミスマッチとかいうことじゃないんですが、ここまで傾向が重なるのも、ちょっと不思議ですね。

M-5のリミキサーだけネット・スペースを所有していないようで、調べても何も出てこない(と思う)んですが、リミックス自体もミステリアスです。オリジナルから抜き出したコーラス部分だけを変調させて、チャイルディッシュな響きにした上で、およそ1分半、それを延々流すという。遊び心、あるいは挑戦的な姿勢が見え隠れする、オモシロリミックスです。こういうオリジナルをぶっ壊したものがもっとあると、作品全体の印象も変わったかもしれません(でもバランスが崩れてしまいますね。主役が‘Syabidap’でなくてはいけませんから)。

さて、オリジナルの‘Syabidap’は、Asphoria節がさく裂の、エモーショナルでPOPなインディー・ロック。鍵盤を生かしたドラマチックな出だしからハートをわしづかみ。切ないメロディにEmoを経由した蒼い歌唱(焦燥的で何かを願うようでロマンチックでもある)。キーボードを使ったさりげない空間作り。その中で上り詰めるギターはPost-Rock的で、リスナーの心を高みに導いていく。さわやかな風のように吹き抜けるそのサウンドイメージは、重さとは切り離されていて(ギターにも過剰なディストーションは聞き取れない)、彼らの主眼がメロディ、歌を聴かせること、そしてPOPであること―そこにあることが分かります。いいなあ。好きだなあ。好きです。と、こんな思春期みたいな言葉を書かせてしまうのが、彼らの曲の力なんでしょう。ね。

ちなみにダウンロードするとついてくるpdfファイルには、印刷用のCDスリーブ、レーベル面も含まれています。音源をCDに焼いて、印刷したレーベル面を貼り、スリーブに入れるのもオツです。プレゼントによいかもしれませんね! インディー・ポップ/ロックファンに是非。


+ + +


INFO :

“Syabidap”
Written by Asphoria
Musics by Asphoria
Recorded & Mixed by Riandi Priantoro
Mastered by Fauzan Alfansuri
Artwork by Fauzan Alfansuri
Liner Notes by Rheza Ardiansyah



Syabidap Remixed by :

Floopers Boy
Rizky Anjasmara
Serang, Indonesia
Twitter : @anjazz_asmara
soundcloud.com/floopersboy

Various Flames
Fauzan Alfansuri
Bogor, Indonesia
soundcloud.com/variousflames

Maspey
Joan Fransisco Satriano
Bogor, Indonesia
@mas_peyang
soundcloud.com/peyangfl

Ms. Luluby
Lúlía Mínervudóttir
Reykjavík, Iceland
lulu@projekt.is



(CC) by - nc - sa 4.0



小川純 – ロマンティックな予定 死 その他 [FLLR-0001]

 小川純 - ロマンティックな予定 死 その他 [FLLR-0001]

 – Tracklist –
 01. 新しい踊り
 02. 親密さ
 03. wonderland
 04. シーン
 05. 感覚の世界
 06. 朝陽が来るまで
 07. 夜の子供たち
 08. HOLIDAY
 09. かがやきの闇
 10. 軽蔑
 11. ナルシズムの方
 12. WEATHER
 13. 別人
 14. 平熱
 15. 私



 - 01. 新しい踊り



 - 12. WEATHER


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2014.03.08
 Label : filler

 Keywords : Alternative, Japan, Pop, Rock, Singer-Songwriter.


 Related Links :
  ≫ 小川純 on Twitter


+ + + + + +


ホシナトオルが立ち上げた(というよりでっち上げた)レーベル、fillerより。日本のシンガーソングライター、小川純のアルバムが完全フリーでリリースされています。ホシナさん、もともとこのアルバムを出すために見切り発車でレーベルを立ち上げてしまったようで、先の動きについては見通しは立っていない様子です。

私がこの作品を知ったのは、Hi-Hi-Whoopeeさんの記事だし、もっと突っ込んでいえば、そこで@tacker_domingoさんが“声が五十嵐隆っぽくて好きだったりする”(引用スイマセン)とか書いたりしちゃっていたから、syrup16gファンの私としては聴かないわけにはいかなくなったのです。

小川さん本人としては、そんな誰かに似てるとか言われても不本意かもしれないし、ぜんぜん関係ないし興味ないねって感じかもしれないんですが、でも、そんな邪(よこしま)な衝動で本作に耳を傾けた私でも、この作品はよいですよ!と胸を張って言えます。言わせてください。

アコギとベースとリズム、そこに曲によってさまざまな楽器―パーカッションやマリンバ?やシンセ、ブラスなど―を取り入れていますが、作りはシンプルで、アコースティックな響きの中で、歌・メロディがすごく映えています。はっぴいえんどやサニーデイ・サービスの流れを感じる瞬間もありますし、そこから派生的にシティポップの空気を感じる瞬間もあるんですが、完全にそう感じさせないのは、クールでニヒルな都市感よりも、心の中の悩みや迷い、願いといった、強い感情性(のようなもの)が見え隠れするからでしょうか。

話が少しそれますが、私は、はっぴいえんどもサニーデイ・サービスも特別ファンというわけではありません。前者は学生時代に友人宅で酒をあおりながら聴いていたところ、何だかサイケデリックが過ぎて聴き方がよく分からなくなってしまい、遠ざけてしまったのが、イケなかったような気がします。後者も曲には心弾めど、歌詞までは…という部分が大きかったように思います。でも、じゃあなんでこの作品は好きなんだろうなあと考えるんですが、どこか悲しいんですよ、朗らかではないというか。曲にもよるんですけれど、ときおりきらめく悲しみの光が、私を惹きつけるのです。

バイト上がりに彼女の家を目指すという、もっとも日常描写的なスタイルの歌詞をもつ‘シーン’でさえ、なぜこんなに悲しみが滲んでいるでしょうか。別の言い方をすれば、物思いチック。HOLIDAYの歌詞を見ましょう―“この永い休日もいつか 終わるだろうか ほんとは単純なことを こじらせてしまったみたいさ”。心に負った傷が大きくて、何もできずにいる時間を、永い休日にたとえた歌(と勝手に思っています)。 さらに別の言い方をすれば、死のイメージが漂っているというか(作品のタイトルにも“死”が使われている)。私のいっとう好きな‘WHEATHER’の歌詞-‘アルペジオ奏でたら 天国へ連れてって ここで待っていたのは 間違えてしまったみたい’。この曲は本当に好きで、サビで一気に天上に向けて願いが伸びていくような、そんなイメージがあって、聴くたびにその美しさに恍惚とします。悲しいけれど、とても美しい何か。

考えてみれば、作品のタイトルにすべて集約されているのかもしれません。“ロマンティックな予定 死 その他”。それらが、ここには優劣なく、並列に、並んでいるのかも、しれません。私の心がなんとなく“死”の部分にリアクションしただけで、“ロマンティックな予定”や、“その他”の部分に魅せられる方もいるのでしょう。ラストの‘私’で、軽やかに、颯爽と、風のように吹き抜ける、未来への視点。それは希望というべきか。このトラックのおかげで、作品を聴き終わった後の心持ちは、澄んだ空を眺めているような、清々しいものになります。“はじめまして神様 私 といいます たいして信じてないくせに お願いばかりしてました 愛しています そんな言葉を 言えるその日まで 大事に持っています”って、ここ、すごい好きです。

さらりと耳から聴くのもよいんですが、歌詞をじっくり読みながら聴くと、また違う味わいがあって、そこも魅力的。耳で楽しんだ後は、是非目と耳で。15トラックフルボリュームのこんな作品が完全フリーって、聴かない手はないですよ。本当ありがとうございます。あと、はじめに書いた声の部分ですが、母音の響き(というか、消え方というか)が確かに、五十嵐さんに似ている。はじめ聴いたとき、ちょっとドキリとしました。


+ + + + + +

+ + + + + +


All songs written, arranged, performed, recorded & mixed by Jun Ogawa