ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Sea

The Hairy Giant – Ceiling Whales [STORAGEUNIT008]

 The Hairy Giant - Ceiling Whales [STORAGEUNIT008]

 – Tracklist –
 01. High Heels On Pavement
 02. Funny Car
 03. The Modem (+1)



 - 02. Funny Car


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2015.11.29
 Label : Storage Unit Netlabel

 Keywords : Ambient, Electronica, Sea, Submarine, Whales.


 Related Links :
  ≫ The Hairy Giant on Last.fm / on Discogs


+ + + + + +


アメリカはニュージャージーのAmbient/Drone作家、The Hairy Giant(Eric M. Gabrielsen)の作品です。自身が牽引するStorage Unit Netlabelからリリース。The Hairy Giantっていうイマジネイティヴな名前は記憶に残っていたものの、音の方が記憶から出てこなくて(申し訳ありません)、危うくスルーしそうになりましたが、面白い作品だと思います。

けっこうな多作家で、自身のレーベルだけでなく色んなレーベルからリリースしてまして(気になる人は上記Discogs参照)、アブストラクトなAmbient/Drone作品が多い人ですが、今作もそこからは外れておらず。じゃあ何が今作の特徴なのかって言ったら、まあ割とメロディに寄っているということもありますが、私の中では作品に付随するイメージがとっても印象的なのです。一見なんだろうっていうこのジャケットイメージ。いやハッキリとは説明されていないので私も憶測でしかないのですが、博物館あるいは水族館かどこか屋内の広い空間に浮かぶ、クジラと思しき巨大な物体。これが実際の展示物なのかそれとも画像加工の産物なのかは分かりませんが(おそらく前者でしょう)、そこにあるロマンティックなイメージ。それは広大な海と、そこに生きる巨大生物という、壮大な自然に対する畏怖の念とも結びつき、神秘性をも感じさせます。リリースページには“Mostly inspired by large sea mammals swimming among the air vents.”とあるので、“the air vents”を通気口と解釈するのであれば、そこにイメージされているのは海というよりは屋内の空間であり、そこを泳ぐ巨大な哺乳類ということになると、よりファンタジックな部分が強調されるように思います。よいですよね。たとえば灯りの落ちた深夜のオフィスにクジラが泳いでいるとか、たまらなく幻想的じゃないですか。

そういうイメージと、ここにあるサウンドが、ガチッとハマっているところが、今作のたまらない部分なのです。特にM-2において絶えず流れているソナー音のような一定の電子音とか、すごくイメージを掻き立てる。安易だけど、潜水艦の中から、艦の外の巨大生物を観察しているような、アドベンチャー感もあって、サウンドは決して派手ではないんだけど、ワクワクするのです。ああ今記憶の中からイメージが飛び出してきましたが、“Riven: The Sequel to Myst”の中で、ガラスを通して巨大魚と遭遇するイベントがあるんですが、それを思い出しました―動画はコチラ(3:30~5:30くらいまで) ≫ “Let’s Inflict Riven on David – Part 5 – FISH” 。

M-3なんかは機械の駆動音みたいなエフェクトと、バックで絶えず聴こえるシューシューとしたノイズ、それからオペレーション的な音声も相俟って、より潜水のイメージが濃くなっています。ぜんぜんメロディがある感じではないのですが、この探索感、そして孤独感、よいですね。暗い海の中のワンルーム。そこでヘッドフォンをかぶっているような、なんていうんだろう、安心感? ちょっと違う、心地よい孤独感? だってそんなところで孤独をどうにかしようたって、もう誰もいないんだから、受け入れるしかなくて、だからもういいんだっていう安心感っていうか、開き直りというか、気にしなくていいんだっていう、その受け入れが、ここにはあるような。


+ + +


(CC) by – nd 3.0



XZICD – Rotodyne [BSL058]

 XZICD - Rotodyne [BSL058]

 – Tracklist –
 01. Endless Forms Most Beautiful
 02. Preferential Blue
 03. Magliabechiano
 04. Demimonde
 05. Tsifteteli
 06. Transient Leviathans
 07. Facixtil
 08. Brísingamen
 09. Heracleion
 10. UVB-76
 11. Quetzalcoatl (with IQbit)
 12. Demeter
 13. Xenophon’s Exile
 14. Cladonota Inflatus
 15. Runes Of Apocrypha



 - 01. Endless Forms Most Beautiful


+ + +


 Release Page Download Free!
 :: you can buy it here. ::

 Release Date : 2015.11
 Label : BRAINSTORM LAB

 Keywords : Ambient, Electronic, Field Recordings, Glitch, IDM, Nature, Sea.


 Related Links :
  ≫ XZICD on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Tumblr


+ + + + + +


なかなかに印象的な作品です。Deep Sea IDM/Electronica、ないしはCold Sea IDM/Eletronica。XZICDの作品は全部聴いているわけではないのですが(むしろ申し訳ないことに聴いている作品の方が少ないです)、少なくともいつもいつもこの作風ではないと思います。

作品の後ろに何があるのか語られている様子がないので、こちらで勝手に考えるしかありませんが(それも楽しいです)、この作品と結び付けられそうなNetlabel/Netaudio作品がふたつ、私の頭に浮かびました。ひとつはロシアのAmbient/Drone/DoomプロジェクトであるNubiferousが生み出した傑作Dark Ambient“Behind The Megalithic Walls”(2010)、もうひとつは北ウェールズのAmbient Electronicプロジェクト、Mank(Ben Powell)が2008年にリリースした“isbjorn”。 どちらもキーワードは“海”です。前者は深海の深さや暗さといった、重い側面をDark Ambientで巧みに描き、また後者はその広大さや包容力、そして厳しさが、美しく冷たいサウンドによって描かれていました(特に“isbjorn”は極地研究のロシア探査船上で作られたという異色の出自です)。

私としてはその並び―海を音像化したElectronic music―に今作を加え、そして良作として認定したいのです。このジャケットイメージがもうスゴイ好きで。シロイルカみたいな(ハッキリはしない)生物が身体を波打たせて、暗い水中を泳いでいるような、神秘的でちょっと怖くもある、そんなイメージが、見事に今作のサウンドを象徴しているのです。海に対するイメージって人によって全然違うでしょう? 簡単にいえば好きな人と嫌いな人がいて。たとえばダイビング大好きな人もいれば、そんなの冗談じゃないって人もいるし。その広大さは怖さにも、安心感にも結びつくのです。私はどっちかっていうと神秘性を感じる方で、やっぱりそれは好きという感情とはちょっと違うんです。嫌いというよりは畏怖の対象。

この作品は海に対するそんな感情性を打ち破ったような、不思議な聴き心地なのですね。フォーマットが硬質なIDM/Electronicaということも関係しているのでしょう、冷たくクールな音像なのですが、それは決して拒絶的ではなくて、むしろフラットなのです。手を広げてもいないし、かといって背中を向けているわけでもない。ただそこにあるもの。とでもいうような。M-1の‘Endless Forms Most Beautiful’がスゴく好きなのですが、なんでしょうこのネイチャー感、イルカの鳴き声なのかな?キューキューとしたロングトーンの音がフィーチャーされていて、なおかつ水中における音のくぐもりやその動きを音像化したような絶妙なサウンドエフェクト、さらにはシュゴーッ、ゴワァァァンとした重力空間、もうたまらなくElectronicネイチャー(電子音によって自然が描かれているという意味です)。それでもリズムにはGlitchなんかも入ってるし、やっぱりフォーマット、スタイルとしてはIDMなんですよ。そこが面白いなあと。AmbientやDroningなサウンドではないというところが。M-14‘Cladonota Inflatus’なんかはちょっとDroneっぽい響きもあるけれど、でも奇妙なリズムとエフェクトで上手いこと回避されている。M-6‘Transient Leviathans’の断片化したアコースティックな響きを雑音的に散りばめたサウンドメイクもユニーク。映画のスコアっぽい。IQbitを招いた‘Quetzalcoatl’ も、軋むような水音をリズムにしつつ、別のリズムでトライバル感のぞかせてネイチャーに寄せつつも、何ならちょっとSF臭が漂う重金属感があって、これは作中でも異彩を放っています。

全編で上のElectronicネイチャー感が遺憾なく発揮されていれば傑作間違いなしだったのですが、若干のトーンダウンが見られるのと、最近私が長尺な作品を聴くのがしんどいということもあって(完全に個人的事情!)、いわゆる満点にはいたらず。でも最近聴いたこの手の音の中では非常に印象的でした。面白い。イマジネイティヴ。


+ + +


Credit :

Written and Produced by Francisco Godinho

Rotodyne Collaborations with:

IQbit – Main Synth on ‘Quetzalcoatl’ (soundcloud.com/iqbit)
Nina Kardec – Vox Samples on ‘Heracleion’ (soundcloud.com/ninakardec)

Mastering: Sonic Bat (facebook.com/sonicbat)
Cover Photography: Francisco Godinho
Cover Design and Layout: GeeOhDee (geeohdee.com)
Released by: Brainstormlab (brainstormlab.org)

(CC) by – nc – nd 3.0