ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Spoken Word

SANDRINE DEUMIER AND PHILIPPE LAMY – TÉLÉMAQUE [DWS184]

 SANDRINE DEUMIER AND PHILIPPE LAMY - TÉLÉMAQUE [DWS184] Cover

 – Tracklist –
 01. TÉLÉMAQUE


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2017
 Label : deepwhitesound

 Keywords : Ambient, Noise, Obstruction, Poetry, Spoken Word, Sound Art.


 Related Links :
  ≫ Sandrine Deumier
  ≫ Sandrine Deumier on SoundCloud / on Vimeo

  ≫ Philippe Lamy
  ≫ Philippe Lamy on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


2005年から続くエクスペリメンタル系netlabel、deepwhitesoundより。勝手にフランスのレーベルかと思ってましたが、アメリカのレーベルなんですかね。まあどこでもよろしいですけれどもネ。

アートワークが気になって聴いていたわけですが、レーベル側の説明はまあ足りないですよ。何がなんやら分からなくないですか。それもミステリアスでよいといえばよいんですが。ということで色々と付け足していきますと、まずはリリースページに書かれている文章は、今作で挿入されているSpoken Wordの一節です。ダウンロードしてもこれしか付せられていません。すべてを知りたい場合はSandrine Deumierのウェブサイト内で公開されていますので、そちらをご一読ください(≫ text “télémaque” ※下部“next”をクリックすれば次ページが読めます)。

しかして今作の成り立ちですが、もともとは2015年に製作されていた作品のようです。バックトラックといいますか背景となる音像を製作したのは、フランスのアーティストでもあるPhilippe Lamy。そして語りを担当しているのが同じくフランスの作家/ビデオアーティスト/パフォーマーであるSandrine Deumier。さらに詳しく見ると今作にはどうやら前身となる作品があるようで、それが“GogatsuByo”(五月病!)。これは今作から語りを抜いた映像作品です。つまりこの“GogatsuByo”に言葉を挿入したのが今回の“TÉLÉMAQUE”になるわけですが、これも映像作品として公開はされています。レーベル側からは特に示されていませんが、Sandrine DeumierのVimeoで見ることができます。

ということで、トラックだけでなく映像も含めての感想です―

無菌的な部屋の中で白い簡素な衣装に身を包んだ女性。頭も白いモノで覆われており、顔だけが露出している。あえてなのかそうでないのか、映像の作りは決して研ぎ澄まされてはいない。最低限の立体感のみが確保されていて、動きも不自然だし、スローだし、表情もなく、動きや表情から感情をうかがい知ることはできない。それが全編にある不気味さを助長してることは間違いない。

“GogatsuByo”に付されたテキストと合わせて考えるに、おそらくはインターネット活動(受動的であれ能動的であれ)に関わることによる自我の変容について、ここでは描かれているように思います。作品内にあるそれぞれの動きや、他者との接触が何を意味しているのか、それが単純にリアルライフを示しているとは思わないんですが、じゃあ何なのかと問われると、考えあぐねてしまう。最後の方に出てくるもう一人の自分(のような存在)が、なぜローラースケート(のようなもの)を装着しているのかも分からない。流れる時間の違いを表しているのか? いや分からない。孤独から始まりまた孤独に戻るという流れがあるような気もするが・・・果たして・・・。

意味のある言葉が羅列はされているのだが、そこに文脈を見いだせない。でもそれでも良いのかもしれない。何ならそこには音楽の一つの機能である異常への誘いがあるのだから・・・。フランス語のまろやかな発音、左右のパン、後ろに流れるソフトなノイズ・・・、精神的閉塞感の中にある不思議な安心感。それは幻か。

結局のところ、自由に聴き、自由に見るのが良いと思います(丸投げ)。タイトルの“TÉLÉMAQUE”はギリシャ神話の登場人物テーレマコスに由来しているのだろうか。だとしたらその意味は―


+ + +



+ + + + + +


(CC) by – nc – nd 4.0


エンヤサン – 寄せて上げてLP [sna-009]

 エンヤサン - 寄せて上げてLP [sna-009]

 – Tracklist –
 01. 告げ口 
 02. きっかけ
 03. 無垢
 04. どこまでも土色、こぼれて
 05. グッデイグンナイ
 06. Killing Me Softly feat.鈴木陽一レモン
 07. Start a Conversation(POURING OUT Remix) pro.鷹の目
 08. imo
 09. mono(ラフ)
 10. 新宿駅出れないダイジェスト


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ 術ノ穴 ] / [ 特設サイト ] Download Free!

 Release Date : 2014.11.06
 Label : 術ノ穴

 Keywords : Alternative, Hip-Hop, Japanese, Pop, Spoken Word.


 Related Links :
  ≫ Enya-Sang

  ≫ Enya-Sang on Facebook / on SoundCloud
  ≫ Y-クルーズ・エンヤ(エンヤサン) on Twitter


+ + + + + +


ボーカルを務める兄 Y-クルーズ・エンヤとギター・トラックメイクを務める弟 Jr.TEAからなる兄弟シンガーソングライターユニット〝エンヤサン〟。彼らのフリーアルバム、“寄せて上げてLP”が術ノ穴からフリーでリリースされています。エンヤサンは以前にも“まさかサイドカーでくるなんて”をフリーでリリース(現在配信終了)、私もブログで紹介させていただきました。

今回は“コンピ収録曲や特典音源、未発表曲も網羅したまさに寄せて上げた全10曲”ということで、編集盤/企画盤といったところでしょうか。‘告げ口’‘Killing Me Softly feat.鈴木陽一レモン’“新宿駅出れない”の特典音源、‘無垢’は術ノ穴コンピレーション“HELLO!!! vol.4”の収録曲、‘mono(ラフ)’は名前の通り‘mono’“新宿駅出れない”に収録)のラフヴァージョン、までは分かるんですが、あとはどこが初出なのかよく分かりません。というわけで私のような新参者には、初めて聴く音源も多くあり、非常にお得な10トラックとなっています。

“まさかサイドカーでくるなんて”は非常によく聴いていますし(正直“新宿駅出れない”よりも多い!)、なので私の中ではエンヤサンのイメージが図らずもアコースティックなサウンドになっているんですが、今作を聴くと、少なからずそれは覆ります。2ndミニアルバム“▽”を聴いたときのような、混沌としたイメージがフラッシュバックしてきました。

私がいまだ彼らにミステリアスなイメージを持っているのは、ライヴを観ていないせいもあるかもしれません(ぜひ観たいデスね)。なので、スタイルをつかみきれていないんですが(そこも魅力です)、やはりクラブミュージックやHip-Hop、R&Bが根っこにあるのかなあと、、今作を聴いて改めて思いました。M-2やM-4, M-5などは、Hip-Hop/R&Bテイストのサウンドに軽やかな歌メロを乗せて響かせるんですが、私いわゆるブラック・ミュージックっていうんですか、まったく反応しないタイプなんですが、なんでエンヤサンの曲には惹かれるのでしょう。ちょっと考えます。

まず声かもしれません。浮遊感ある伸びやかな歌声。声って歌のイメージを左右する、すごく大きい要素かと思うんですが、この空間的な感じ、Ambientって言えるかもしれないけれど、これが私の琴線に触れるのかもしれません。この声の気持ちよさというか、特性を非常に強く感じられるのが、M-3の‘無垢’です。スポークン・ワードと歌メロを組み合わせた、ダビーなポップスですが、この浮遊感たるや。浮世離れという言葉が実にふさわしい。吸い込まれそうな夏の日の空が目に浮かびます(MVは雨模様ですけどね・・・)。気持ち良いとかなんとかいうよりも、圧倒的ですね。

次に、Hip-Hop/R&Bなシティ・フレーバー・ポップスと対をなすような、アコースティック・サウンドも、ひとつポイントかもしれません。今作でいうとM-1とか、M-9ですか。特にM-9の‘mono(ラフ)’などは歌メロを思う存分響かせるポップスなんですが、シンプルなサウンドの中で浮き立つメロディのよさったら(“まさかサイドカーでくるなんて”にはこれが充満してたわけですね)。こういうアコースティック・サウンドで生きるメロディの強さっていうのも、エンヤサンの魅力です(言うまでもないか!)

あともうひとつ、歌詞にみられる二面性(あるいは多面性)も私は気になっています。物事の見方はひとつじゃあないよ、ということをさりげなく、教えてくれる気がするんです。‘告げ口’には、“誰かの話を口にすると/誰かが泣いている気がした”とかありますし、‘mono(ラフ)’には、“白と黒だけ/でも答えならいくつもあるから/狭い視界の外を 覗きにいこうよ”とあります。この後者なんかホントに上手いなあって思います。歌はゆるキャラオカザえもんの応援ソング的な立ち位置ですが、オカザえもんの色がモノクロであることから、“白と黒”につながり、そこから“白黒つける”=“答えを出す”という連鎖がつながり、“でも答えならいくつもある”という歌詞にたどりつき、答えはひとつじゃない、だから―“狭い視界の外を 覗きにいこうよ”と結ぶ、鮮やかさ。今作には入ってないけど“きれいごと”もやっぱりそう。きれいなこと唄ってるようだけど、タイトルからして“きれいごと”だし、一面的でないものを感じさせます(なんか似たようなこと前にも書きましたね、テヘへ)。それから“あるく”の“「おおっ」って忘れるんだ つまりたいしたことないんだ”の件もそうです。

あとはときおり見せるポップスの括りからハズれたような、ディープなタッチの曲ですね。ちょっとアンダーグラウンドに思えなくもない、潜ってる感じ。‘Killing Me Softly feat.鈴木陽一レモン’とか、‘Start a Conversation(POURING OUT Remix)’とかね(あと、SoundCloudで聴ける、あるく (STAGGER WALK Remix)もぜんぜんテイスト変わっててカッコいい) 。サビがまさかの“イモ”っていう、そのまんまの‘imo’ にあるみたいな、遊び心?もやっぱり楽しい。そう、だから、やっぱりポップスなんだけど、その在り方が非常にユニークなんですよ! 普遍的なポップスからなんじゃこりゃまでを縦横無尽に渡り歩くそのフットワークの軽さ。それを十分に感じられる今作はやっぱり広く聴かれるべきでしょう。フリーだし! こっからエンヤサンに触れるのも全然悪くないと思います。あと個人的には410~発売前夜~入れてほしかったデス。


+ + +


エンヤサン 『無垢』






【オカザえもん】 エンヤサン / mono(外ロケラフver.)


BOOL – I eat phantom [BS080]

 BOOL - I eat phantom [BS080]

 – Tracklist –
 01. after dark
 02. cloud of heaven
 03. Ancient city emerge
 04. tacon÷tacon
 05. vivi



 - 02. cloud of heaven


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2013.06.18
 Label : Black Square

 Keywords : Abstract, Experimental, Poem Core, Psychedelic, Spoken Word.


 Related Links :
  ≫ 現代詩朗読ポッドキャスト BOOL
  ≫ BOOL on SoundCloud / on Twitter

  ≫ TETSUYA CHIDA WOKS


+ + + + + +


ロシアンネットレーベル、Black Squareより。日本人アーティスト、BOOLの新しい作品がフリーでリリースされています。ビートを持ったElectronicなバックトラックに、現代詩の朗読を融合させた“Poem Core”という新たなスタイルを提唱しているBOOLですが、これまでに国内外問わず、複数のネットレーベルからリリースを行ってきています。また自身でPodcastを使った配信も行っています。

BOOLというのがひとつの舞台であるとするならば、その舞台裏には確固とした意思がある。“BOOLが目指すところは、アニメ、HIPHOP、漫画、ラジオ、お笑い、ネットカルチャーなどのサブカルチャーのコンテクストを踏まえ、ハイカルチャーの「現代詩」として制作し、それを現代美術のフィールドで発表することである”(http://boolpod.seesaa.net/archives/201009-1.html)。こういった、ある種の筋道というか文脈を示された上でBOOLの作品を聴くと、一見すんなり納得できそうだったんだけど、そうは問屋が卸さなかった!

まずサブカルを取り込んだ現代詩というやつが、強烈にカオス。シュールで不条理な文章の羅列。コンクリートに穿たれた落とし穴のような、堅さと柔らかさを同居させた言葉のチョイス、組み合わせ―‘村雨ぽにょにょん/自称16歳/正式には31歳’‘ブリーフ一枚でダークシティを歩く’‘古智教授は/リュックサックから/スコップと豚足とスペードのエースを取り出し/丁寧に畳に並べた’‘アンドロイドの片パイを凝視’‘しばらくにらみ合う飴太郎と店員/そののち二人はハイタッチをし/朝まで笑いあったと聞く’‘酸っぱいの/梅茶漬けが酸っぱいの/頭の上で老子様がぼやいてらっしゃる’‘君は誰だ/僕は全裸だ’。断章のようなシーンが紡がれていき、そこから湧き上がるイメージは、思春期の情景、ボーイ・ミーツ・ガール、セカイ系、エロ、アングラ、etc…。朗読にはいろいろな声音が使い分けられているけれど、それは笑いを誘うときもあれば、グロテスクからサイケデリアを感じさせるときもある。

思わずいろんなリリースを聴き漁ってしまったのだけれど、そして分かったことは今作は特にダークだということ。海外向けを意識的して、ギターを使ったり、日本語や英語以外のオリジナル言語を使っているということだけど、それが関係しているのか。たとえばmotoi kotaka氏がビートを、BOOLが詩を担当した“元気パンティーEP”(NoDisco Records)は陽気にさえ響くのに、今作はとにかく重い。Dark Ambient/Doomに通じる重量感。その重さが不条理な詩と結びつき、不気味さが生まれ、醸されるミステリアスな空気が、非常に私の琴線に触れる。その空気に、的外れかもしれないけれど、ゆらゆら帝国の‘3×3×3’に通じるものを感じた。また、矢継ぎ早に繰り出される言葉たちの間にある落差で笑いを呼ぶところは、強引だけど‘1ミリも受けたことのない物理の授業をアフレコしてみた’という動画を思い出した(これはホント強引です)。

私は音楽に関して詳しくないくせに、‘アブストラクト’と‘エクスペリメンタル’という言葉は、使い分けられるべきだと、漠然と思っている。混同されるべきではないと。抽象的なものが必ずしも実験的とは限らないだろうと。実験的という意味において、偶然性を重要視するのであれば、BOOLの提唱する“Poem Core”はそこから外れるかもしれない。けれど既存の枠組みから抜け出して、ひとつの明確なスタイルを作り、先駆者足らんとする姿勢には、実験的、エクスペリメンタルという言葉を、使いたくなる。新しいものの誕生はいつだって刺激的で、すなわちBOOLの作品は刺激的なのです。変な汗が出てくるぜ。いざ、カオスをたたえよ―

ちなみについ先日、ポエムコア専門ネットレーベル、POEM CORE TOKYOがオープンしている様子です。


+ + +


(CC) by - nc - nd 3.0