ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

タグアーカイブ: Techno

otro – vida

 otro - vida

 – Tracklist –
 01. vida
 02. portrait
 03. duelo
 04. y/otro
 05. sujeto
 06. siento
 07. roto
 08. resurrección
 09. accord
 10. libera


+ + +


 Release Page Deleted!

 Release Date : 2017.02.24
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Glitch, Hip-Hop, IDM, Techno, Trap, Synthesis.


 Related Links :
  ≫ otro on SoundCloud
  ≫ socratako. on bandcamp


+ + + + + +


スペインのトラックメイカー、otro(Aaron Morris)。otroはスペイン語のようで、英語にするとother、つまり“他の”という意味になるようだ。もともとはsocratako.という名義で活動していたようで、そのときのbandcampも消されずに残っている。それを踏まえたうえで“他の”という名前になったのかは分からないけれど、明らかに差別化が図られている。IDMやIndustrial、Body music~NewWaveをブレンドした電子音楽は、この名義になって、果たしてどう変化したのか。

ディレイやリバーヴを散りばめつつも、直線的、鋭角的で、音の粒やパーツのたった、パッキリとした音像から、歪で混沌とした抽象的、曲線的で、グニャリとした粘土細工のような音像へ―それぞれのパーツは互いに絡み合い、もともとの形を変え、ひとつにまとまり、そのさまはグロテスクでもあり、同時に美しくもあり。ある種の造形美。作品の中ほどとラスト、ふいに顔を出すAmbientなトラックは 否が応にも静謐な風景を引き起こす。

彼のInstagramを眺めてみれば、何気ない日常のスナップとは別に、ノスタルジアと、性と、暴力と、都市あるいは建築物の無機質性、それらを内包した写真、そして仄暗いスケッチ、のようなものが散らばっている。作品にある音たちにも、そこからそう遠くないイメージを、私は持っている。感じている。

一言でいってしまうと、似た感想を持つ人もいるかもしれないが、Arcaなのです。広大な宇宙空間から個人の精神世界にダイブしてくるみたいな、急激な収斂。歪にいきり立つシンセ音。孤独に瞬くそれらは、ロマンチックでもあり。ざらついたシンセティックなレイヤーの伸縮は、平面から立体へと変化するオブジェのような不可思議性―そしてそれは異形のイメージ―につながっていく。

リズム的にはだいたいにおいてHip-Hop~Trap的なものが用いられていて、このあたりが今作の分かりやすさに役立っているのではあるまいか(といっても、もちろん大衆的な音楽ではないけれど)、それはまるで文学とエンターテイメントの狭間を行くような、ともすれば中途半端にも捉えられてしまう所業かもしれないが、今作は実にうまいこと、その狭間をいっていると思う。Arcaチルドレンがどれだけいるのか分からないが、今作はその成功例といってもいいのではないか(ネガティヴな意味ではなく)。パーカッシヴな鳴りや、どことなく中近東を思わせるメロディラインも、いい具合にフックになっている。

聞けば彼otroはまだ10代だということで、音楽を続けていくのならば、そのスタイルはこれからドンドン変化していくのかもしれないし、これもその内の一つとして過去のものになってしまうのかもしれない。影響源と思しきArcaにしても(otroのSoundCloudではArcaの‘Anoche’がしっかりとリポストされている)、現時点で新作の全貌は明らかではないけれど、公開されているトラックから察するにおそらくはこれまでと同じではないだろうし、だとすれば初期Arcaとでもいうべき独特の音像を誰かが引き継ぐというのも、面白く、価値のあることなのかもしれない。


+ + + + + +


ちなみにsocratako時代の面白いビデオ―

これって実際の映像ですかね。致死量でしょ。日本の狂気。



s a k i 夢 – 虹色[PS_29]

 s a k i 夢 - 虹色[PS_29]

 – Tracklist –
 01. 混乱しました
 02. 水中カリンバ
 03. 赤と緑 / 虹色
 04. ダブルテール



 - 01. 混乱しました


+ + +


 Release Page Download Free! * = pay what you wish.) :
 ≫ [ main* ] / [ mirror ] 

 Release Date : 2016.05.20
 Label : Pizzabox Society

 Keywords : Ambient, Deep, Fish, IDM, Techno, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ s a k i 夢 on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter

  ≫ Kai Beckman


+ + + + + +


アメリカはカリフォルニア州のレーベル、Pizzabox Societyより。fishvaporを標榜するs a k i 夢の作品がリリースされています。本体は(おそらく)Kai Beckman。もともと“魚の音楽”と銘打って多くの作品をリリースしてきていますが、そこから派生してのサイドプロジェクトになっているようです。コンセプト的には、ペットの魚がみる夢、という形になっているようで、他の作品においても彼(fish)のモノローグのような短文が付されています。

今作はs a k i 夢としては“夢の中で失われました”、“ノヴァーリス”に続く3つめの作品となっています。“ノヴァーリス”から始まった“水族館 series”のpart2にもなっています。音楽っていうのはやっぱり空間を形作る大きな要素になり得るので、空間演出の目的で使われることが多くありますが、当然水族館(という空間)を演出、テーマにした作品というのも、少なくないと思います。私が真っ先に思いついたのは、かつてPeace Records(HAYABUSA LANDINGS内のレーベルでしたが今は機能してないですね多分…)から発売されていた、その名も“aquarium”というコンピレーション(2004年リリースですってよ! 時間が経つのは早い)。音楽的にも遠からずで、重なる部分は多くあると思います。

VaporWaveというワードも用いられていますが、それを期待していると、間違いなく肩透かしを食らうでしょう。個人的にはVaporWaveらしさというやつはほとんど感じられません。ちょっとモコッとした音作りは影響受けているのかなと思いますが、それはVaporWaveに直結するわけではないし、アダルティなブラスの挿入とかがきっとVaporWaveらしさになるのかなあ…という程度。あからさまなChipped & Screwedがあるわけでもありません。

核になっている音楽性はDeep Ambient/Deep Technoなんでしょうね。それはKai Beckmanの音楽を聴いていても感じることです。Kai Beckmanに関してはもう少しメロディに意欲的な傾向があるし、使われている音色も豊富であるような気がしますが、大きく異なる音楽をやっているわけではないようです。s a k i 夢も、以前の作品にはちょっとNewAge調の部分もあったりして、素直にVaporWaveの影響を認めることもできましたが、今作に関してはAmbient/Drone調のレイヤーを使っていながらも、そういったフィーリングはなく、あくまでDeepなAmbient/Technoのまま、全編が流れていきます。

リズムを入れずにAmbientな浮遊感を押し出して、ドリーミィなタッチを強調してもよかった気がするんですが、リズムパターンもDrum‘n’Bass調のものがあったりしてフラット一辺倒ではないので、逆に単調さを回避しているのかなと思ったりもしますし、幻想的な中にもエモーショナルな部分が感じられて、それはそれで面白い、ユニークな部分です。

“新たにやってきたペットの魚が入れられた水槽は、自分がいる水槽とは部屋の反対側にあって、彼の姿はよく見えない。彼の体は赤色だと思うんだけど、たまになぜだか緑色に見えたりもして、でもきっとそれが彼の名前が“虹色”である理由だろう”というファンタジックなメッセージ、それを補強するジャケットイメージ(この仄暗さにあるちょっとした内向性というかミステリアスな空気、最高です)を頭に置きながら聴くと、よりディープに楽しめると思います。

Kai Beckmanの音楽もすてきなものが沢山あるので、いくつか貼らせてください―



– proxy and things(from “sleepingfish ep”)



– Lieben (from “Ein”)


+ + +


the human brought in yet another fish today. his tank is on the other side of the room since there is no more space on the owner’s desk. I can’t really see him from here, but I think he is red. it is weird though, because sometimes he looks green. maybe that’s why his name is nijiro…

part 2 of the 水族館 series.



わたしのココ – hue drone

 わたしのココ - hue drone

 – Tracklist –
 01. wh
 02. tmk
 03. r15
 04. char
 05. omatsuri
 06. r4-2
 07. k11
 08. 2
 09. scanal
 10. k6
 11. atair
 12. aocma
 13. r12
 14. canon
 15. kj
 16. eien
 17. k15
 18. odom
 19. 7
 20. yuurei



 - 02. tmk



 - 07. k11



 - 16. eien


+ + +


 Release Page Download Free!

 Release Date : 2016.02.14
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, Ambient, Dark, Dream, Drone, Techno.


 Related Links :
  ≫ わたしのココ on Last.fm / on bandcamp / on YouTube


+ + + + + +


ななめ上からきた! きてしまった! 以前に“落穂拾い2010​-​2013”(あえなくデリート! 残念)を紹介しましたが、そのときに私は何と書いただろう。“これ以降、どんな方向に舵を切るのか分かりませんが、私個人としてはこの路線が続くとうれしいなあって、素直にそう思います。”と、そう書いています。だが全然そうはこなかった! “そう”ってどうなの?って話ですが、それは前の記事を読んでもらえばよいんですが、簡潔に言うと、ジェイポッピーなサウンドと、“つらいこともあったけど今は何とか元気にやってます”な歌詞が、すごく励まし(慰めじゃなくて)を与えてくれる、とても風通しの良い、清々しい作品だったのです(実際コンピレーション的なニュアンスが強かったようですが)。

ところが今作はどうだ。まさかのAmbient作品になっている! しかもダークだ! ビックリした! 歌すらほとんど入っていない。色のない空間、息苦しい圧迫感、徐々に心を蝕んでくる不安感、それはさながら精神世界の迷宮のよう。そういった世界を舞台にした映画やゲームのBGMにすらなりそうな、そんな感想を持ちました。

確かにそういった鬱屈した音像っていうのは、もともと持っていた要素だし、まったくこういったサウンドのエッセンスがこれまでに見られなかったわけではありません。Ambient, Dark。できる限り耳を通してみた中では、kessonshoujo名義でリリースされている“An-Min”が一番近しいサウンドではないかと思います(実際タイトル違いで重なってるトラックもあります!)。しかし今作の方がトラック数も増え、よりその路線は強化されている。不安な中にも不思議な聴き心地があって、何だろうって考えたら、どこかドリーミィなところなんですよ。不安なのにドリーミィってどういうことだよって思われるかもしれませんが、たとえばAphex Twinの“Selected Ambient Works Volume II”とか“Drukqs”っていえば、伝わりますでしょうか。実際今作ではときおりピアノの小品が差し挟まれていて、これがまたほかのトラックとの対比もあるんでしょう、たいそう抒情的なものになっていて、自然と“Drukqs”を想起したのも確かです。

今作を一言でいうなら、“不安な夢”ってのがピッタリくるわけですが、たとえばデビッド・クローネンバーグの映画が内臓感覚といわれることがありますが、聴いているとどこかグロテスクな映像がイメージされてくるという部分では、今作も内臓感覚を内包しているような気がします。まあこちらは音楽ですけれど、でも私は音楽で内臓感覚を生じたことがなくて、強いていえばNine Inch Nails(NIN)くらいなのです(でもあれもビデオの映像によるところが大きいのかもしれない)。そういえばNINのキャリアの中でも、ときおり“Still”や“Ghosts I-IV”というインストゥルメンタルのアルバムがリリースされているけれど、これまたなんとなく、今作にはそこに重なるイメージを抱いてしまったのです(ホントにちなみにだけど、“Still”は当初ライヴアルバム“And All That Could Have Been”のボーナスCD扱いだったのです。のちに単体で発売もされますが。きわめて評価が高い作品です)。

こんなように、人を不安にさせるアルバムを作れるってことは、当然ながら本人の中にそういった不安というかメンタリティがあり、それが見事に音像化されているということだと、私は思うんです。浮世の不安と、浮世を離れること(拡大解釈すると“死”)に対する憧憬というか恍惚というか、それらが表裏一体、背中合わせになって、ここに存在している、ように感じたのです。そしてそれは言うまでもなく、これまでのわたしのココの作品にも内包されていた要素なわけで。それがDarkなAmbient、Drone、Techno的なサウンドになって表面化しただけで、確かに根底にあるものは何も変わっていない。より抽象性が強いかもしれないけれど、しかしわけのわからない、モヤモヤとした不安のようなものは、だからこそ、よりハッキリと、描かれているのかもしれません。しかしそんなことより何より、私は“落穂拾い2010​-​2013”からのふり幅のデカさにビックリ笑いを発してしまった。

しかしこのジャケットイメージなんだろう、最初見たときはブラウン管に吸盤が現れているのかと思ったけれど、よく見たら向こうに車が見えるので、電車とかバスとかの窓に目玉、眼球がへばりついているシーンなのかもしれない。いずれにせよ、やはり先に書いたような、不安感、内臓感覚(ブヨブヨとした不快感)といったグロテスクな精神世界に結びついていく。とてもよいジャケットイメージだと思います。今作、完全フリーですし、欲しい人は今の内に手に入れておくべきですよ! さあ! 

あと、個人的にはM-5の‘omatsuri’が好き。重苦しい空間の向こうから、かすかに、でも確かに聴こえてくる祭囃子のメロディが、とてもスウィートな、向こう側の世界を呼び起こすのです、私の頭の中に。ノスタルジアと死が結びつくような。真夜中の散歩道。遠のいていく現実感覚。

下にあるのは、NINの“Still”収録曲。せっかくだから、貼ってもよいでしょうか。共振するもの、伝わるでしょうか―


+ + +


Nine Inch Nails – Adrift And At Peace, The Persistence Of Loss




MIXTAPE : BLOOM // CRYSTAL




– Tracklist –

 01. GrainMail – Fossille
 from “Kristalløze” (2012)
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 ::


 02. yitaku – Surya
 from “yitaku discography” (2015)


 03. memory cards – moonrise castle
 from “save points” (2015)


 04. mvnners – waking up
 from “away from you ep” (2013)


 05. Lil Samba – Ice Breath
 from “Dear Calamity” (2015)


 06. Disko-ions – Mongoose Trax
 from “Pineselect Day EP” (2014)


 07. D-N-Z – Lost
 from “the times we spent together ep” (2015)
 :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


 08. Cherax Destructor – Cupcake
 from “Cupcake” (2013)
 :: (CC) by – sa 3.0 ::


 09. Radio Libra – Blue Land
 from “Magic Land” [phoke97] (2013) / [ mirror
 :: (CC) by – nc – nd 3.0 deed.en / (CC) by – nc 3.0 ::


Stock media provided by adifferenthippy / MotionElements.com


+ + + + + +


現状カナダとアメリカ以外では思うように作成・再生されなくなった8tracksに代わってYouTubeを手段に選びましたが、何やかんやと問題が発生しなければ、この形で継続すると思います(ということは問題があれば止めるということです)。これまでのものもこの形にできればよいのですが、いかんせん面倒くささが勝ってしまって、思うようにいきません…。今回のものについても、もっといろいろ付け足せたなあと思いますが、まあとりあえずこれで。



Disko-ions – Tapesoup

 Disko-ions - Tapesoup

 – Tracklist –
 01. Mushroom Farm
 02. Loft Cassette
 03. Depth Tested
 04. Sayga Dreams (Bandcamp Bonus)



 - 02. Loft Cassette


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.01.31
 Label : Diskortion Records

 Keywords : Ambient, Chill Out, Electronic, IDM, SynthWave, Techno.


 Related Links :
  ≫ Disko-ions on Last.fm / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


UKのレーベル、Diskortion Recordsより。Disko-ionsの新しい作品がリリースされています。名前からもわかるように、このレーベルはDisko-ionsのワンマンレーベル。彼の作品しかリリースされておりません。

これまでにも複数リリースがありますが、Techno的なフラットなビートと、チルなシンセを組み合わせた、抑制されつつも煌びやかな、SynthWaveなサウンドが彼の持ち味だったように思います。しかしやはりElectronic musicの作り手の性とでもいいましょうか、前作“Precincts”や、より遡っての“Bird Blender C30”では、VaporWaveの影響を感じさせるサウンドに。特に前者では如実にその傾向が表れていました(否定的な物言いではありませんよ、念のため)。良くも悪くも器用貧乏と申しましょうか、バランス感覚が目立ってしまって、いまいち引っ掛かりを感じられない、ツルリとした聴き心地に、“玉に瑕”という言葉を使いたくなるような。

しかしここにきてVaporWave色は取り払い、原点回帰の様相。warmlyなアンビエンスとミドルテンポのビートでもって、これまでよりも、いっそうAmbientな方向に傾いています。電子的な響きも強くあるけれど、私の耳をとらえるのは、M-1やM-2において流れている、ノスタルジックで包容力のあるレイヤーなのです。あるいはM-4における、クリスタルライクなスローな瞬き、その音像が生み出す、チルな感覚。総じてドリーミィ。とってもチルアウト、なのです。

失礼ながら、こんなによかったけなあと思って、過去作を聴き返してみたのですが、今までの私にどんなバイアスがかかっていたのか定かではありませんが、問題なく“よい”と感じられるではありませんか。毎回特にコンセプトのようなものは明言されていないのですが、作品ごとに明らかに傾向に違いがあって、そういった作り分けっていうんですか、それはやっぱりテクニックというか、才能だよなあと、思います。派手さのあるサウンドではありませんが、よい作品だと思います。今作も、これまでの作品も。

当然ながら、というべきか、近作の方が確実にクオリティがあがってきてるので(特に音の立体感が好ましいです)、これから先にまだ脱皮を控えているのではないかと、楽しみにしてます。下に過去作からもいくつか-



 - Love Interest (from “Precincts”)



 - Mongoose Trax (from “Pineselect Day EP”)



 - Geiger’s Lawn (from “Genealogy Bytes EP”)



BITCH TSUNAMI – DEAD ビーチ

 BITCH TSUNAMI - DEAD ビーチ

 – Tracklist –
 01. SWALLOWED WHOLE
 02. THE TSUNAMI HITS
 03. KILL BILL
 04. BARE CALENDAR
 05. AMBROSIA
 06. TANK TOP
 07. SMACK
 08. DEAD BEACH



 - 01. SWALLOWED WHOLE


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2015.04.23
 Label : Not On Label

 Keywords : Danger, Electronic, Scream, Techno.


 Related Links :
  ≫ BITCH TSUNAMI on bandcamp


+ + + + + +


スクリーィィィィム!!! とはいってもKevin Williamson(ケヴィン・ウィリアムスン)脚本で人気を博したスラッシャー映画ではありません。でも“Scream 4”のEmma Rose Roberts(エマ・ローズ・ロバーツ)可愛かったなあ、主人公のNeve Campbell(ネーブ・キャンベル)とはやはり系統が違うというか何というか、しかし毎回犯行動機がよく分からない映画ですよねというかまあビックリできれば良いのかなとか思いますが、ええそんな話ではなくて、この作品について触れなければいけませんね。

といいつつ本題からは微妙に逸れるわけですが、スクリーム、叫び、悲鳴を日常生活で耳にする機会って、まあないです。ほとんどの方がそうだと思います。おそらくはこの作品名、アーティスト名(というと仰々しいでしょうか)の裏にあるであろう事件・事故を私も体験はしておりますが、誰かの叫び、悲鳴というものを聞いたかどうか、記憶は定かではありません。いや、でも聞いたな確か。今思い出しましたが。それで“これは今までのものとは違う”と実感できたのだった。でもそれは恐怖というよりも“これはどうするべきなんだ?”という構えを私にもたらした、一種の引き金のようなものだったと思う。だからこの作品のM-1を聴いたときに感じたような恐怖とは、ちょっと違うのです。

みなさんは“かまいたちの夜”ってプレイしましたか。リメイクされたものではなくて、スーパーファミコン用のソフト。のちのサウンドノベル拡大の起爆剤になった(もちろん初めに“弟切草”あってのこと)、記念すべきすばらしい作品ですが、後半に入ると人がボッコボッコ死んでいくじゃないですか。ルートによっては犯人以外皆殺しっていう・・・。若年層にはプレイしてほしくないような、非常にショッキングなゲームです。でした。ああ、で、悲鳴がね、リアルな声で入ってるじゃないですか、あのゲームは。男性陣の悲鳴もあるけれど、女性陣の悲鳴がだんぜん怖くて。当時実家でヘッドフォンを付けるでもなく、無防備でプレイしてたら、最初の最初、初めて聴いたときは、文字通り肝を冷やしました。ひっくり返るかと思った。しかも容赦なくボリュームが大きいから、別室の親が飛んできた気がする(笑える話のような笑えないような)。血だらけのバスルームとか、今思い返しても凄惨なシーンの多いゲームだった。

んー安心できるほどに話が逸れてますが、つまり!それと似たような恐怖を!この作品から感じてしまったという次第です。ほぼ全編が悲鳴で満ちているのです。簡素なビートと、エディットされた悲鳴の連打連打で構成されています。いわゆるTechno的なサウンドの中で、こんなに何ていうか、感情というか、それを直接的に喚起される作品というのもそうそうなくて、かなりユニークな作品なんじゃないかと思います(ちょっと受け取り方によってはかなりヘビーな気持ちになってしまうかと思いますが)。

でも1作目の“It’s coming​/​big wave”は、 BITCH TSUNAMI(雌犬津波)という名前に違(たが)わない、性的絶頂の到来と波の音を重ね合わせたユニーク(何かピンク映画っぽいイメージもありますが)なトラックもあって、あんまり気張らずに聴けるので、今作がちょっと・・・という人はそちらを聴いてみるのもよいかもしれません。



MIXTAPE : WEED ON PERSONAL COMPUTER


freakin-PC-grow-grass



( IMAGE from Fresh Infos : Lets Grow Wheatgrass On Computers, WTF?

listen on 8tracks
8tracks will no longer stream from their servers to listeners outside the US and Canada.
learn more…



– Tracklist –

 01. Berio & Is – regueifun
 from “Regueifa OS” [alg019] (2006)
 :: (CC) by – nc – sa 2.5 ::

 02. At Work – My Other Property
 from “My Property ” [PATH7] (2012)
 :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::

 03. Rez – D i g i t a l A g e
 from “Dial-Up Dreams” (2015)

 04. SERVICE AREA – Computer Entertainment System
 from “Computer Entertainment System” (2014)

 05. Oceania LTD – Existensial Crisis 切腹
 from “Tokyo Mall” (2014)

 06. Sonarius – Goodbye, Windows XP
 from “Goodbye, Windows XP – Single ” (2014)

 07. Famicom Fountains – 14.4 F O R E V E R
 from “砂漠のカメラレッスン” (2014)

 08. Berio & Is – regueiful
 from “Regueifa OS” [alg019] (2006)
 :: (CC) by – nc – sa 2.5 ::