ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: Censored Productions

NUBIFEROUS – Behind The Megalithic Walls [CP03]

 NUBIFEROUS - Behind The Megalithic Walls [CP03]
 NUBIFEROUS – Behind The Megalithic Walls [CP03]


 – Tracklist –
 01. Inshore Dolmen
 02. Breast From The Ancient Water
 03. Nightwalker
 04. Towers Of The Black Sea Dragon
 05. Into The Asylum Of Basatan
 06. Speos Of Deep Ones
 07. Yaddith Gho
 08. The Opaque Vision
 09. Behind The Megalithic Walls
 10. Nitrogen Narcosis (bonus)
 11. Creatures Of THe Void (bonus)



 - 04. Towers Of The Black Sea Dragon


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror ] Download Free!

 Release Date : 2010.05.10
 Label : Censored Productions

 Keywords : Ambient, Drone, Experimental, Field Recording.


 Related Links :
  ≫ Nubiferous
  ≫ NUBIFEROUS on MySpace / on Facebook / on SoundCloud


+ + + + + +


ハンガリー共和国のレーベル、Censored Productionsより。ロシアのDark Ambientプロジェクト、NUBIFEROUSの作品がリリースされています。ソロなのか複数メンバーがいるのか分かりませんが、プロフィールを見ると、NOAH’S FLOODというメタル・バンドの解散?のあとに始まったプロジェクトのようです。

たとえば、重々しいDoom/Death Metalが空間的広がりを得ようとしてDark Ambientと結びつく(ないしは必然的にそちらに傾いていく)、という流れもあるかと思いますし、私は熱心に探索していませんが、Ambientの要素を持ち込んだへヴィー・メタルを鳴らしているバンドも少なくないと思います。そういったこともふまえて、Doom/Death Metalに関わっていた作り手が、Ambientに関心を示すことはまったく珍しくありません。世の中にはそういった音もたくさんあると思います。このNUBIFEROUSの作るサウンドもそれと近しい―Doom/Death MetalからのAmbientへの流れを感じさせるようでいながら、けれど型にはまったものとはどこか違う、個性を感じます。

およそ音楽的快楽をもたらす要素はありません。メロディと呼べそうなものもほとんどありませんし、音の響きを楽しめる要素もない。ではいったい何が私をひきつけるのかを考える。まず、ジャケット画像からイメージされるような、”水”のイメージが強い(それも深海)。水の流れるような音や、遠くで波が砕けるような音が随所で用いられている。そういった水に関連したField Recordingに加え、まるで水面に向かう気泡だったり、秒速数センチメートルといわれるネットリとした深海の流れだったりが、アブストラクトな電子音で描かれる。さらには電子的な雑音や、暗い響きを持ちながら、かすかにゆらぐ持続音、ディレイするくぐもったエフェクトたちが絡まりあった結果、リスナーは想像上の海底探査に連れ出される―闇が支配し、光の射さない深海にそそりたつ、巨大な石壁の後ろ(”Behind The Megalithic Walls”)に果たして何があるのか。とすると、ここにあるのは、私をひきつけるのは、イメージの喚起。私の視界に広がるのは、人跡未踏ゆえに神秘性を保ち続ける深海に他ならない。

深海をテーマにしている、ないしは連想させる、リスニング志向をもつ広義の電子音楽は数あると思いますが、ほぼ音楽的要素もないままに(しかも暗い)、そこから立ち上らせるイメージだけでここまでひきつけられた作品もそうそうなく、これはかなり特殊な出会いでした。多くの人にとってそういった出会いになる、とは思いませんが、興味のある人は聴いてみて損はないと思います。たまには旅に出てみるのもいいでしょう。

そして気に入った方はQulture Productionから出ている前2作品もあわせて聴いてみてください。今作よりは重々しくないですが、やはりミステリアスな、まるでどこか未開の島を探索しているようなイメージをもたらす、イマジネイティヴなAmbient作品です。


 - Related Release :
  ≫ ”Under the Veil of Beshtau” [QULT MP3 #150]
  ≫ ”Winter Solstice” [QULT MP3 #159]




+ + +


source of information is experimentorg. thanks.



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。