ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: netlabel

mLaD3n° – UNKNOWN ISLAND [012]

 mLaD3n° - UNKNOWN ISLAND

 – Tracklist –
 01. #_Q
 02. !ERR
 03. (G
 04. )()()()()
 05. “¤{{ DD
 06. SS=W
 07. E#!.-



 - 02. !ERR


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.20
 Label : TV FEH

 Keywords : Ambient, Deep, Future City, Underwater, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ mLaD3n° on bandcamp


+ + + + + +


小さいころ、自分が雨の日を好きだったのは、それが外に出なくてよい口実になっていたから、かもしれない。“雨降ってるし”、という言い分。“お腹が痛い”とか“熱がある”とかと同じ理屈なんだろう。そうやって自分だけの空間、時間に逃げ込むことで、安心を手に入れていたのだろう。当然、大人になればそんな理屈は通りにくくなるし、それと合わせるように私は雨の日が嫌いになってきた。

今の私がたびたび逃げ込むのは深海、海中のイメージだ。その人知の及ばない神秘的なイメージに惹かれている人は多くいるだろう。そのある種の異世界は現実から自分を切り離し、身を沈めるのに打ってつけではある。しかし実際深海まで潜れるわけもないし、よしんば潜ったところで怖すぎるので(ワガママだ)、私が好むのはあくまでイメージに留まっている。

そう、水族館もその異世界感に近しいものを醸しているけれど、しかし周りに第三者がいるという時点で、少なからず現実は残ってしまう。・・・そういえば、自分の身の回りに水族館の年間パスを持っている人がチラホラといて驚いたことがあるが、案外その事実に潜んでいるのは、現実とは異なる世界を欲する心なのかもしれない。なんて。

深海や水中のイメージといえば、それをコンセプトにしたビデオゲームも存在する。“アクアノートの休日”…は、プレイしてないな。PSの“DEPTH”はよくやった。



最近だと“ABZÛ”が記憶に新しい。スリリングな側面もあるけれど、プレイヤーがデッドすることはないし、総じてリラクシンだ。独特のグラフィックも美しく、魅力的。



あとは“SOMA”もある。深海探索SFホラーアドベンチャーであるけれど、ストーリーは自己の在り方を問うような、悩ましいものになっている。ラストに待つ希望と絶望のコントラストに何を感じるかは人それぞれでしょう。これは恐怖も孕んではいるが、神秘的な世界観がもつ没入感は極めて強い。



と、遠回りをしていますが、音楽の存在を忘れてはいけません。水族館やビデオゲームも結構ですが、深海や水中のイメージをもった音楽も古今東西たくさんあるでしょう。いつも挙げるのは深海Dark Ambientの傑作、Nubiferousの“Behind The Megalithic Walls”ですが、ベクトルは異なりながらもこの“UNKNOWN ISLAND”もかなりの深海、水中感でもって、私を包み込んできます。没入。Discogsなんかでみると、アーティスト名がUNKNOWN ISLANDとなっていますし、レーベル側ではレーベル名のTHE FEHとなっているんですが、mLaD3n°のbandcampからもリリースされているので、ここではmLaD3n°名義にしております。

“UNKNOWN ISLAND”というよりは、個人的には海中に建設されたドームの中にある未来都市といったイメージです。ドームの天井に映されるのは架空の空。絶対的に地上とは何かが違っていて。そこにある悲しみやミステリーの気配。深海の閉塞感と同居する、奇妙な安心感。いいですね。頭の中に広がる世界。没入。M-2とか水中での目覚めみたいな、不思議なサウンド。音の揺らぎは水中を、鳥のさえずりが朝の訪れを、告げる。幻想的です。作中では長尺のM-6もよい水中感。鼓動と同期するようなリズムと、スローな音の波と、わずかな電子感。深海でパワースーツ着て機械端末いじってる光景。少し危険、みたいな。

mLaD3n°はTV FEHを基盤にして多くの名義を使って作品をリリースしている様子なので、気になった方はぜひ他の作品もチェックしてみてください。同名義の“(専用イダ)”も好きです。


+ + +


 Note :

SECRETS INSIDE THE CITY
UNKOWN ISLAND
RESORT



Light Pillar – Phantasmagoria [#389]

 Light Pillar - Phantasmagoria [#389] Cover

 – Tracklist –
 01. Shadowplay
 02. Cell Transplant
 03. Fallopia in the Sky
 04. Evolutionary Eclipse
 05. Evening Stars
 06. Phantasmagoria
 07. Lunar Storm
 08. If you were sound
 09. The Mondrian Cube (as a bonus on Bandcamp)



 - 05. Evening Stars


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! (* = pay what you wish.)

 Release Date : 2017.09.01
 Label : Kahvi Collective

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, Melodic.


+ + + + + +


秋の訪れとともに老舗ネットレーベルKahvi Collectiveより届けられたのは、オランダからの新星Light Pillarの手になる“Phantasmagoria”。

アーティストの意志を尊重するなら、1トラック目から聴くべきなんでしょうか。どうなんでしょうか。でも聴いてほしいトラックってのがあると思うし(たぶん)、今作の場合、bandcampのプレイヤーは2トラック目から再生されるのは、そういう意味だと思います。でもやっぱり古い体質―CD世代というべきか―の私としては、いややっぱり頭から聴くべきだよね、なんつって頭の‘Shadowplay’から再生するのですが、まあこれだけ11分という長尺なわけで、その長さは作中では異質。と思っていると中身も異質で、これだけアブストラクトなAmbientトラックなんですね。メロディというかフレーズはあるけれど、どちらかというと空間が優先されているように思います。

なるほどなるほど悪くはないけどちょっとピリッとしないかなあ、なんてボンヤリ聴いていたら、あにはからんや、M-2から広がるのは極上のMelodic IDM/Electronicaだった!という次第。Popにすら踏み込みかけたメロディと、ときに生き生きとした表情を見せるリズムがAmbientな空間にフィックスされて作られる、至高のひととき。個人的にはアーリーなElectronicaのイメージがあって、まっさきに頭に浮かんだのはスウェーデンのMosaik。M-2にあったりするちょっとAncientというか、雅にも通じる趣が、特にそう強く感じさせます。

メロディはミニマルなんだけどベースやドラムといったリズム、あるいはバックグランドの流れで変化、メリハリをつけている部分も散見されて、これがまたリスナーを飽きさせないわけです。リズムがメロディ化しているのってIDMのひとつの特徴にも思うんですが、今作の場合特にM-4‘Evolutionary Eclipse’とかどうですか。いいですよね。あとはM-5‘Evening Stars’にそこはかとなく感じられるChipmusic的なドライブ感、追憶感(記憶くすぐり感ともいう)もすばらしい。かと思えばM-6‘Phantasmagoria’では流麗なストリングスと浮遊感あるElectronicaを織り交ぜて、ドラマチックでコズミックな空間を披露する。

M-6でGlitchを効かせたちょっぴり硬質なサウンドを聴かせた後が、あにはからんや(2回目)、ヴォーカルトラックなのです!(ご本人が歌唱されているのかは分かりません)。加工はされていますが朴訥なその歌声は無機質でありながら温かみのあるサウンドに実にマッチ。Pop musicとは異なるけれど、ちゃんと歌になっている。なんとなくヴォーカルフレーズ入れてみました、的な感じではない。ただのコーラスじゃね?というものでもない。抑揚がありクライマックスがある。そういうところから考えても、きっとPop志向の人なんだと思います。

M-9はbandcampだけのボーナストラックです。ミニマルなメロディを繰り返しつつ、バックが不穏に歪んでいく、その中にも郷愁を感じさせる不思議なトラックです。せっかくなのでbandcampで入手、というのもよろしいかと思います。

ところでPhantasmagoriaの意味ってみなさんご存知でしたか(私はホラーな方向のイメージしか思い浮かぶませんでしたが)。いまどき調べればすぐに分かりますが、あえて書きましょう。日本語にすると“幻影”、”幻想”の意味になるようです。移ろいゆく景色。奇妙な幻想。現れては消える幻。ぴったりじゃあないですか。


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



MAREVICK – PERSONAL PARKWAY

 MAREVICK - PERSONAL PARKWAY Cover

 – Tracklist –
 01. Spontaneous Wish
 02. Ease
 03. Borderline
 04. Painted Scene
 05. Rosario
 06. Dust In Inhibited
 07. Veins Of Light Under Downpour
 08. Accidental Effect



 - 07. Veins Of Light Under Downpour


+ + +


 Release Page : Download Free! * = pay what you wish.)
   ≫ [ main ]  / [ mirror*

 Release Date : 2017.06.28 (2016.06.23)
 Label : Bestiar Netlabel

 Keywords : Acoustic, Instrumental, Jazz.


 Related Links :
  ≫ Marevick on bandcamp / on VK


+ + + + + +


どうやら“家畜”を意味するらしい“Bestiar”(カタルーニャ語?) Netlabelから。ロシアのミュージシャンMAREVICK の作品がリリースされています。レーベルからは2017年のリリースですが、もともとは2016年にリリースされていた作品のようです。

Internet Archiveって今どうなんですかね? 音楽を発表する場としては主流ではない? ネットレーベルが盛り上がっていた(ように感じられたころ)は、フリー音源と言えばInternet Archiveって感じ、ありませんでしたか(もちろんInternet Archiveの貯蔵は音源だけではないですが)。あとsonicsquirrelとか。Free Music Archiveとか。ついでにいえば(ってのも失礼だけど)Jamendoとか、Electrobelとかにも、頻繁にお世話になってた。その界隈の音楽は、今ではbandcampに集約されている感があって、そこにはいかがわしい雰囲気など微塵もないし―つまり開かれている―、検索も容易だし、ふと振り返ると、ああ、昔みたいな掘る楽しみってのはいつの間にかなくなったのかなあなどと、手前勝手なことを思ったりもします。でもアマチュアミュージシャンの方たちはたとえばbandcampを利用することによって、経済との結びつきを獲得できたりもすると思うので、良いことなんだと思います(日本ではまだ認知度が低い気がするけれど)。

まあそんなことを思ったのもBestiar NetlabelがリリースをInternet Archiveで行ってるからですね。ちょっとした物思い。でもMarevick自身はbandcampでリリースしてるので、一応時の流れには沿ってる。

おっと作品の話。アコースティックでリラクシンなサウンド。リバーヴとかディレイとか、多少はエフェクトがあるんだろうけれど、ギターの音のみで構成されています。私自身の問題なのかもしれないけれど、アコースティックな作品って、聴いていて途中でこう、申し訳ないんですが、飽きが来てしまうことが多いんですね。誰の何とは言いませんけれど。でもこの作品はそれがない。なんでかって考えると、1曲が短いってのがまずあると思います。あとメロディが抑制的。マイルドという言葉がよく似合う。バチーンとメロディがあるのも悪くないとは思いますが、ギター一本でアルバム全編通してやられると、さすがにしんどいかなと思いませんか。この作品では、現れそうで現れないメロディが、心地よい。変な言い方だけれど。ある意味Ambientというか。

完全に即興ではないと思いますが、即興的に感じられる部分もあって、そのテンションの流れが、タグに使われている“Jazz”の部分なのかなあと思います。メロディに捉われないというのも、Jazz的なのかもしれませんね。とてもリラクシンでカフェなんかでかかっていても違和感のない音楽だと思います。やさしい陽だまりとか、緑の植物とか、そういうイメージです。でもやっぱりどこかに感情性があるんですよ。先のJazzという部分にもつながるのかもしれませんが、ルースな部分というか、人間性。その一滴が、今作のスパイスになっているのではあるまいか。ふと玉手箱あけたら、中から懐かしい思い出の幻が出てきて、でもそこにぶらさがっている一抹の悲しさ。なぜなら、それは今はもうないものだと、頭のどこかで分かっているから。のどかでありながら、ちょっと悲しい。

空間を生かした余韻ある‘Spontaneous Wish’や、情景的な‘Veins Of Light Under Downpour‘が、よいですね。

bandcampで公開されている他作品は、ちょっとテイストが違うものもあったりるすので、興味がある方は是非―


+ + +


(CC) by – nc 3.0



quietest – chime [nvr048]

 quietest - chime [nvr048] Cover

 – Tracklist –
 01. chime01
 02. chime02
 03. chime03
 04. chime04
 05. chime05
 06. chime06



 - 03. chime03


+ + +


 Release Page
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2017.05.11
 Label : Noisy Vagabond

 Keywords : Ambient, Field Recordings, Meditative, Nature, Wind Chime.


 Related Links :
  ≫ Transient on SoundCloud


+ + + + + +


Noisy Vagabondはアメリカのプロデューサー、TransientことCarl Martinが自身の作品をリリースするために設立したレーベル。90年代初期から音楽を作り始めたTransientは、これまでに世界中の沢山の(ネット)レーベルから、多くの作品をリリースしてきています。Discogsを参照すると、そのリリース数は50以上、トラック数は500以上、再生時間は40時間以上にもなるとのことです。

そしてTransientといえば、Trip-Hop, IDM, Downtempoを基軸としたElectronic musicの作り手であり、私もそのような認識しか持っていなかったわけです。その頭で今作を聴いた私はいたく驚いたのです。何故かと言えば、ここにあるのは非常にリラクシンなAmbient musicだったからです。メディテイティヴといってもいい。彼は多くの別名義を使って作品をリリースしていて、このquietestもそのひとつということになりますが、quietest名義では今作のほかに“Cold”という作品が1作あるのみ。調べてみると、このquietestという名義自体が、Transientとしてリリースしたquiet trilogy(“quiet”, “quieter”, “quietest”の3作)と同傾向の作品をリリースするための名義になっているようで、Ambient、リラクシンなサウンドが意図されているようです。知らなかったなあ。

オーケストラルでシネマティック、ときにはピアノを用いた静謐でメランコリックなサウンドスケープを作っていたquiet trilogyと比較すると、このquietestという名義で作られるサウンドは、もう少しラフなイメージがあります。コンセプト、傾向性は確かに一致しているが、サウンドの幅がそこまで限定されていない。そう感じたのは、今作がこれまでのどれとも違う、Field Recordingsによる環境音を利用した、自然(ネイチャー)な感覚にあふれているからです。それに合わせて、各トラックでミニマルな持続音が散りばめられていて、たとえばそれはウィンドチャイムにインスパイアされたという今作の成り立ちと大いに関係があるのだろうけれど、私が勝手に水琴窟Ambient/Electronicaと呼んでいる、点在する電子音をディレイ、リバーヴさせて描くサウンドタペストリーは、ときにはリスナーを無我の境地(のようなもの)へといざない、またときにはリラクシンな瞑想気分へといざなうのです。

メロディを味わうという意味では、quiet trilogyや“Cold”には、まったく歯が立ちませんが、環境音楽、Ambient musicという点では、他のどれよりも圧倒的存在感(Ambientなのに存在感とはこれいかに)。いつになくストレートなジャケットイメージも好感触。緑の中にたたずむガールはそこはかとなく幻めいていて。ノスタルジアと共に。エバーグリーン。

1トラックほぼ10分。計60分=1時間の精神的逃避行。


+ + +


An album of generative ambient inspired by wind chimes.

(CC) by – nc – sa 3.0



Gossip Palace – Torsi

 Gossip Palace - Torsi Cover

 – Tracklist –
 01. Cloud Tube
 02. Ghosting
 03. Pepermint Peaks
 04. Firepower
 05. Izzy Black
 06. Jonquil
 07. White Flowers from a Saint
 08. Soda Rot
 09. Nap Aches
 10. Solar Powdered
 11. Vivite Somnia


+ + +


 Release Page Deleted!

 Release Date : 2017.02.17
 Label : Silver Throne Records

 Keywords : Electronic, Future Beats, Hip-Hop, Melodic, Swamp.


+ + + + + +


アメリカ合衆国はミシガン州デトロイトのレーベル、Silver Throne Records。前身はOCCULT DREAMSであると勝手に解釈しているが、間違っていたらスイマセン。

このあたりのBeats~Future Beats(と書いてはいるが、私はよく分かっていませんよ勿論)系のアーティストは、VaporWaveのそれよりはマシかもしれないが、やはり誰が誰やらよく分からない。聞いたことない名前だから新しい人かと思ったら誰かの変名とかは改めて書くまでもなくよくあるパターン(書くまでもなく、といいながら書いているが、ご愛嬌だ)。つまりこのGossip Palaceもよく分からないということで。

この金で作られた(あるいはゴールドプレート―金メッキかもしれないが)オブジェは何であろう。じっと見つめながら視点をあちこち彷徨わせてみるが、判然としない。何かのキャラクターのようにも見えるが、私の知っている中にはないようだ。ショーケース、ガラスケースに展示されている様子のそれは、衆人環視の状態でありながら、しかし意味を持たないようにも見える。意味のあるものを組み合わせたようで、それでいてその実何も表しておらず、あまつさえ“金”という、一般的には価値のあるもので仰々しく存在感を放ち、人目をひきつける。そう、それはまるで“Gossip”―噂話。

音楽的にも一言では表現できない、とは言っても複雑怪奇なものでもなく、Hip-Hopを下地にした、Melodicなフレーズが頻出する、聴きやすい作風ではないかと思う。シンセチックな電子音や、フワフワとしたAmbientな音色を使う一方で、ダビーに振動する‘Firepower’や、‘White Flowers from a Saint’が作品を引き締め(後者はSILENT POETSを想起した)、またラストの‘Vivite Somnia’ではメロディでもって幾ばくかの抒情性を漂わせる。アブストラクトな側面もあるけれど、トラック自体が決して長くないので、飽きずに最後まで聴けるというのも特徴だろうか。各トラックがフックを持っているというのもあるかもしれない。不思議と引き付けられる魅力がある。

さまざまなサウンドを用いたシンセサイズな音像が醸す冷たい人工感。そう、言いたかった言葉は“イミテイション・ゴールド”だ。だがここにある音楽がゴシップを揶揄する意味でイミテイション・ゴールドな佇まいを持っているのか、私にはよく分からない。こじつけすぎかもしれない。



Hana Sent – Lampoooni [51bts052]

 Hana Sent - Lampoooni [51bts052] Cover

 – Tracklist –
 01. Escape
 02. La Maison Démontable
 03. Kikiwon
 04. Wonderlust
 05. Hanarcade Summer
 06. Mooncup



 - 02. La Maison Démontable


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ main ] / [ mirror* ] Download Free! / * = pay what you wish.
  :: SUPER LIMITED CASSETTE EDITION AVAILABLE. ::

 Release Date : 2017.04.07
 Label : 51beats

 Keywords : Electronic, House, IDM, Synthesizer.


+ + + + + +


イタリアン・ネットレーベル、51beatsからリリースされたHana Sentのデビュー作です。彼/彼女は、イタリア基盤のアーティストであることが明かされていますが、他はいっさい謎。リリースページには“ghost electronic music composer”と記されています。

4つ打ちHouseなビートにチープなシンセをまぶした、あっさり仕上げのエレクトロニック・ミュージック。今どき(って言ってしまうと語弊がありますね。どこにおける今なのかって話ですが)のコテコテなシンセサウンドにはなっておらず、音数も少ないし、ゆえに(もちろんサウンドメイクもあるけれど)音の輪郭もはっきりしている。というように非常に簡素な作りになっているにもかかわらず、ここには心、そして耳をひかれる何かが存在している。

それは主に、チョイスされているサウンド、音色であり、またささやかに流れるメロディであると私は思っている。80sという形容も可能かもしれないが、何を以って80sかというのが、イマイチ説明できないのでこれ以上踏み込みませんが、Lo-bitでシンセ然としたサウンド、音色が呼び起こす(いつのものかも分からぬ)ノスタルジア。そして長閑ともいえる、おだやかで優しげなメロディ(強くはないが)、それは休日の昼下がりを思わせるほどにドリーミィ。その様子はIDM/Electronicaに通じるものだと思ったりもするのだけれど、Acid Houseなトリッピ―感もブレンドされており、硬派なファッションと可愛いメイクが同居しているような、不思議な聴き心地。

‘Wonderlust’ではパーカッシヴなリズムや民族音楽のようなコーラスが聴こえてきたりもするのだけれど、そういった部分からはChillWaveのエッセンスも感じたりする。また‘Hanarcade Summer’の冒頭、これはサンバのリズムにも取れる―すぐにほかの音がかぶさってくるので、そのイメージは消えてしまうけれど。そんなように、チープで簡素なサウンドの裏に潜んでいるさまざまなサウンドエッセンスが垣間見えるところも、興味深い。

頭の‘Escape’はわずか28秒のインタールードなのですが、このフレーズをラストの‘Mooncup’で使っているのも面白いです。リプライズ的な。


+ + +


余談。51beatsといえば、errnoisの“The Winter Season”、好きでした。Indietronicという言葉が相応しい素敵な作品でした。今ではこの名義はもう使っていないようですが。興味のある方はどうぞ。


+ + +


Credit :

Music and graphics by Hana Sent

Released by:
51beats
Release date:
7 april 2017
“Lampoooni” by Hana Sent is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License

(CC) by – nc – nd 4.0



School Of Crystal Healing – Lightworkers Delight [TNRFREE010]

 School Of Crystal Healing - Lightworkers Delight [TNRFREE010] Cover

 – Tracklist –
 01. Influx
 02. Boutique Sternway
 03. Parallax Oasis
 04. Seven Stages Of Empathy
 05. Lavender
 06. Cherry Blossom
 07. Lonely Planet
 08. Fruity Loom



 - 05. Lavender


+ + +


 Release Page :
  ≫ [ Ektoplazm ] / [ Troll N’ Roll Records* ] Download Free! / * = pay what you wish.

 Release Date : 2016.06.18
 Label : Troll N’ Roll Records

 Keywords : Ambient, Deep, Downtempo, Drone, Meditation.


 Related Links :
  ≫ School Of Crystal Healing on Facebook / on SoundCloud

  ≫ Gubbology on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


Troll N’ Roll Recordsというと(ちなみにスウェーデンのレーベルだ)、コテコテのトランス・ミュージックばかりだと思っていたのだけれど。それは私の勝手な思い込みだったようだ。レーベルでもありトランス・ミュージック全般のポータルサイトでもあるEktoplazmからもリリースされている今作は、実に私好みの、DeepなAmbient、あるいはDrone作品だった。

Gubbologyの名前でも活動するOlof Ejstesのもう一つの顔が、このSchool Of Crystal Healingで、2012年には同レーベルから“Form And Frequency”をリリースしている。そちらも今作に負けず劣らずよい作品なのだけれど、私の中ではこちら“Lightworkers Delight”に軍配が上がる。

それはおそらく今作の方がメロディに寄っているからだろう。Ambient/Droneの趣が強い作品について述べる言葉としては語弊があるかもしれないが、総じて聴きやすい。シンセティックな音色で作られる、ドローニングなレイヤーの起伏、またそのかすかな瞬きは、森林(あえて深林と書いてもいい)、あるいは深海のような、ディープ、深遠なイメージへと私をいざなう。この手の音楽だと、一本調子のように誤解されるかもしれないが、なかなかどうして各トラックはバラエティに富んでいて、そのこともやはり聴きやすさに結びついている―複数のレイヤーが絡み合うような音作りや、また鳥や獣の鳴き声、水音のような環境音を差し挟んだりといった細かい演出、さらには和楽器の音色やDowntempo的なリズムを用いたりと、Ambient/Droneで一本筋を通しながらも、そこになされる肉付けは多種多様になっている。

その結果、聴取感についても、トランシー、サイケデリックなものから、ドリーミィ、メディテイティヴなものまで幅広く、この一作でさまざまな効用、効能を得ることができる。トランス一直線なものは敬遠しがちな私が耳をひかれている理由も、やはりその辺りにあるのだろうと思う。どのトラックも好きなのだけれど、フェイバリットを挙げるのであれば、M-5‘Lavender’―この浮遊感、望郷感たるや、背後にたなびくスペーシーなオーラもいい、そして順番は前後するがM-4‘Seven Stages Of Empathy’―冒頭から続くシンギングボウルみたいな断続的な持続音がやたらとトランシーなくせに、そこに絡んでくるのが優美でエモーショナル、抒情的なシンセメロディっていう、この不思議な組み合わせ。そしてやがては冒頭のエスニックなイメージに回帰していくのだけれど、そのめくるめく精神世界的なイメージが好き。


+ + +


(CC) by – nc – nd 4.0



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。