ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: not on label

VIRTUAL PVNDA – POMONA LISA

 VIRTUAL PVNDA - POMONA  LISA Cover

 – Tracklist –
 01. Empty Feelings 空の感情 [Intro]
 02. Crystal Tears クリスタルティアーズ
 03. Ganesha High In School エレファント高校で
 04. First Romance 最初のロマンス
 05. Artificial LOVE バーチャルガールフレンド
 06. Pomona Lisa ポモナリサ
 07. Second Kiss セカンドキス
 08. Green Acre グリーンアウェイロード Road
 09. Sweet Dreams 良い夢
 10. Echos  アマルガム
 11. Her 彼女
 12. Emerald Carpet エメラルドカーペットの記憶
 13. Alone 単独で
 14. Metro Link AM Jam メトロリンクAMジャム [Outro]



 - 04. First Romance 最初のロマンス



 - 13. Alone 単独で


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.10.01
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, Melodic, Nostalgia, SynthWave, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ VIRTUAL PVNDA on bandcamp


+ + + + + +


子供の頃、夏休みのラジオ体操は近所にある神社で行われていた。歩いて3分もかからないところにあって、起きたばっかで顔も洗わず朝食も食べずに寝癖ついたまま、つまり寝ぼけマナコで、ちょっとだけヒンヤリした早朝の空気の中を、首からスタンプカードをぶらさげて、向かう。道中、友達の姿を見つけて、昨日のテレビの話とか、こないだの遊びの続きの話とか、しながら、歩く。形だけの体操をして、スタンプをもらって、すぐに帰る。陽が昇るにつれて、空気が少しずつ熱を帯びてきて、今日も暑そうだなあなんて思って、友達はあとでプール行こうぜっていうけれど、泳ぎが達者でない僕はちょっと及び腰で、いやお前も泳げなかったよな、なんて思って、じゃあいいかって思い直しながら、家に帰って、朝食の目玉焼きとトーストを食べる。そういえば今日は自治会対抗のソフトボール大会に備えての練習があることに気づき、不良の先輩がおっかないんだよなあと、怖気づく。太陽がギラギラと照り付け、熱気が立ち込める小学校のグランドで、汗だくになってソフトボールの練習を終えた僕は、無性にプールに入りたくなって、友達に声をかけるのもそこそこに、自転車の前カゴにグローブ突っ込んで、ペダルをこいで動き出す。水着とタオルは、もちろん持っている。

プールから出た後の、心地よい倦怠感。何もやることねえなあ、いややらなくたっていいんだ、だって夏休みだもんって、いやそんな気持ちすらなかったか。何やったってよかったんだ。疲れと心地よさが眠りを誘う。明日のことなんて考えなかった。

そんな、ドリーミィで、ノスタルジックで、サマー・ハズ・カムなサウンドです。VaporWave的な意匠をまとっているけれど、その手法ってのはほとんど感じられなくて、個人的にはIDM/Electronicaだと捉えています。とりあえず現時点で3作品が公開されていて、今作は2作目らしく、3作目も決して悪くないのだけれど、このノスタルジア、記憶くすぐり感が、何分ほかよりも勝っているのです。感傷にすぎる受け取り方だろうか。

その音の揺らぎは、水中にさす太陽の光のようで。そのメロディの反復は、当てのない思考のようで。キラキラとした、クリスタルライクな美しさをたたえている。一方で、腐りかけの記憶をあさるような、どうしようもない空しさがあるのは、私の精神状態のせいだろうか。あるいはジャケットイメージに滲む、喪失の気配のせいだろうか。美化された思い出の正体は残酷なもので。そう、私の思い出も脚色なしには組み立てられないくらいにガタがきているし、忘却の淵を転がり落ちていったものも多くある。古ぼけた音色のメロディとドリーミィな空間の裏にある、ノスタルジアの空しさが私を責めさいなむ。とても甘美だが、ここにとどまっていてはいけない、そんな気持ちにさせられる。あの夏に飲み込まれてはいけない。私はもうそこにはいないのだから。夏はまた来るけれど―



Micropolis A.D. – The Yotel EP

 Micropolis A.D. - The Yotel EP Cover

 – Tracklist –
 01. Yotel
 02. On Monday When I’m In My Hyundai
 03. Calamari
 04. After Hours
 05. Quantcast Strategies
 06. Softwear
 07. Yobot
 08. Mondria
 09. The Future
 10. Happy Midium



 - 01. Yotel


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.04.12
 Label : Unknown

 Keywords : Easy Listening, Electoronic, House, Midi, Smooth, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ The Pod Village on bandcamp


+ + + + + +


The Pod Villageというのがレーベル/コレクティヴなのか、はたまた一個人による複数名義の作品をリリースするための場であるのか、判然とはしませんが、私としては何となく後者ではあるまいかと思っています。まあ、そうだとしても、そうじゃなくても、何がどうなるわけでもないんですが。詳細は不明ですが、そんなThe Pod Villageのbandcampからリリースされているのが、Micropolis A.D.による“The Yotel EP”。他にMicropolis B.C.という名義もあるけれど、これは明らかに同一人物による別名義だろう。

ところでThe Pod Villageって何だろうなあと話を逸らしてみますが、このbandcampのヘッダー画像にある不思議な建築物、どこかで見た気がするなあと、調べていくと、どうやらこれは台湾新北市の区である三芝区(さんしく)に建設途中であったリゾート地“三芝飛碟屋”の様子。過去形で書いたのは、1970年代後半に建設が始まったものの、さまざまな理由により中途でプロジェクトが中断、結局そのまま放棄されてしまったからです。つまり廃墟。しばらくは放置されていたようですが、2010年には取り壊されて今は存在していないようです。UFO HouseやPod Cityと呼ばれ、オカルティックなうわさも手伝い、一時は注目も集めたようで、画像を目にした方も多いでしょう(気になる方はちょっと調べればいろいろな情報が出てきますので是非ご自身で)。

そんな廃墟と化した上で取り壊された近未来型建築物のイメージを利用したThe Pod Villageなわけですが、このイメージは今作のタイトル“The Yotel EP”にもつながってきます。私は知らなかったのですが、このYotelというワード、イギリスのYo!社(YO! Company)が日本発祥(諸説あり)のカプセルホテルを未来的に解釈、その形式を取り入れて運営しているホテルの名称だそうです。つまるところ近未来型カプセルホテルとでもいうか。で、どうですか、先のUFO Houseとカプセルホテル、蜂の巣じみた密集した居住空間というところで、何とはなしにイメージが重なりませんか。さらに言えばMicropolisというワードは、リアルタイム都市経営シミュレーションゲーム“SimCity”(シムシティ)をオープンソース化・フリーソフトウェア化したゲームに由来していると思われる。これまた都市の発展につれて建物は林立、高層になり、人口は増加…とイメージは先の密集感につながってはいかないだろうか。

そんなように近未来型都市的密集感、そして忘れてはいけない未来的でありながら廃墟という荒廃感・寂寥感あるいは郷愁、とくれば、ここから導かれる音楽性というと何が思いつくか、これはもうVaporWaveではあるまいか(いやそこに限る必要はないもちろん)。

といっておきながら、今作はそんなにコテコテとしたVaporWaveではない、どころか、VaporWaveを通過していない耳だと、その香りすら感じられないかもしれない(だったらここまでの道程は何だったんだとお思いでしょうかみなさん。そうですね、何だったのか自分でもよく分かりません)。Houseなリズムに、Easy Listeningともいえるスムースでrefreshingなメロディ。トラックによってはLiquid Funkな佇まいも感じられる。けれどちょっと待ってみよう、ときおりその音色に感じられる前時代なニュアンス、Midiというタグも使われているように、そこはかとなく漂うレトロスペクティヴな志向性。さらにいえばEasy Listening~NewAgeに一歩踏み込みかけたような、メロディに漂うリラックスでスムースな調子。これはまさにVaporWaveの何たるかに共振。

その上でサウンドを聴き直すと、スローなリズムが多いVaporWaveの中にあって、この音色、このメロディに、細かく刻まれたビートを組み合わせたスタイルというのもなかなかユニークな存在ではあるまいか(いやもちろんここにはミドル~スローなトラックもあるけれど)。センスという言葉を使うのが嫌いな方もいらっしゃるかとは思いますが、私はセンスという言葉を使いたい。ナイスセンスだ。でもほかの作品ではまた何か違うんですよねえ。もともとVaporWaveを標榜してたわけではなくて、作ってた音楽にたまたま重なる部分があっただけ、みたいな。そんな感じがします。あとpost-zooってタグはどういう意味なんだろ。


+ + +


(CC)by – nc – sa 3.0



CORPORATE災害 – エリカの歌

 CORPORATE災害 - エリカの歌 Cover

 – Tracklist –
 01. 結婚式は滝の下で開催された
 02. 月光の下でハネムーン
 03. 性交
 04. セールスマンの死
 05. 欲望と孤独
 06. 胎児の死亡
 07. 記念碑
 08. 沈む感じ
 09. すべてが寒い
 10. 彼女は自殺した。
 11. 最後のメモ
 12. 引導



 - 06. 胎児の死亡


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.04.09
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Requiem, Shoegaze, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ CORPORATE災害 on SoundCloud / on bandcamp

  ≫ ImCoPav on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


みなさんは、つのだじろうさんをご存知ですか。漫画家であり、心霊研究家でもある。“うしろの百太郎”や“恐怖新聞”が代表作でしょうか。1970年代~80年代に続く、心霊ブームの火付け役といっても過言ではないでしょう。

とまあ、つのださんの紹介はそのくらいで。ちょっとマニアックかもしれませんが、つのださんの書いた短編漫画で、“霊魂の唄が聞える”というものがありました。調べると、初出は月刊ムーの第11号なのかな。第13号まで続く“唄が聞える”シリーズの、第一作だったようです。私が読んだのはムーではなくて、コミックだったのですが、はて何に収録されていたのかが、うろ覚えです(“メギドの火”だったかなあ)。内容については“「ムー」ランド”さんが明るいので、気になる方はそちらを参照。

と、延々と遠回りしておりますが、何が言いたいのかという話ですね。このジャケットイメージ、ちょっと不気味でしょう? どっから引っ張ってきたのか分かりませんが、モデルさんと思しき女性たちが並べられ、その目元が隠されている。匿名性、隠すという行為から連想される、いかがわしさ。加えてこの題字。ちょっとヘタウマな感じからも漂う、歪さ。そんないかがわしさと歪さが結びついたおどろおどろしいイメージの中、タイトルは“エリカの歌”となっている。正直そこに秘められた意味は分からない。何の意味もないのかもしれない。しかし私の中では、ビジュアルから醸される気味の悪さと、“歌”という字面がドッキングして、果たして上記の“霊魂の唄が聞える”という作品の記憶が、遥かなる時を超えて掘り起こされたのだった。

作品としてはAmbient/Droneだし、あえてVaporWaveってカテゴライズする必要もないと思うけれど、何らかのサンプルをDroningしているという点では通じる部分もあるのだろうか(つまりそれほどその側面は強調されていない)。むしろ他作品―“孤独”の収録曲‘望郷’はAphex Twinの‘Rhubarb’を、Cyber Dream Recordsからの“仮想風景”は、Harold Budd & Brian Enoの“Ambient 2: The Plateaux of Mirror”収録曲を、それぞれメロディを保つ程度にChopped & Screwedして引き延ばしている―ので、そちらの方が、よりVaporWaveらしいと言えるかもしれない。

とまあ、“そう”であるかどうかはさておき、私はここに漂う“死”の気配に惹かれる。惹かれてしまう。並んでいるタイトルを見ても、あまり前向きに受け取れるものはない。いずれも抑うつ的なイメージをもっているように思える(そして何らかのストーリー性も予感させる)。そのものズバリ“死”に結びついているものも、いくつかある。そういうところも、上記のような気味の悪さを呼び起こした原因になっているのであろう。

ソフトなShoegazeともいえる、白濁したサウンドスケープは、mistというよりもfog、重さをもったウェットなレイヤーは沈痛のイメージを引き起こし、まるで鎮魂歌のようにも聴こえてくる。と同時に現実とは切り離された、浮世離れ、ドリーミィな側面も確かにあって、それが死を飛び越えた甘美な何か、あるいは飛び越える寸前の甘い誘い―死線―を感じさせるのです。

そういう死にまつわるエトセトラなサウンドイメージもあるのかな、私が今作を聴きながら読んでいたのは、法月綸太郎の“密閉教室”であった―


+ + +


 Note :

私は彼女を愛していた。
私は彼女を崇拝した。
しかし、最後には
私は彼女を捨てた。
そして、今私は価格を支払う必要があります。
私を許して。



Mikk Rebane – Pending

 Mikk Rebane - Pending Cover

 – Tracklist –
 01. Connected
 02. Misty Windows
 03. Pending Devotion
 04. Parallax Wizdom
 05. Shore of Singularity
 06. Ex Masha
 07. Groupshift
 08. Blind Fox’s Rain
 09. Hysterical Contagion
 10. Paper Home
 11. Premortem



 - 07. Groupshift


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2016.07.03
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, Glitch, IDM, Melodic.


 Related Links :
  ≫ Mikk Rebane on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


BFW RecordingsBump footからもリリースのあるエストニアのトラックメイカー、Mikk Rebane。2017年には“Margins”をリリースしていますが、こちらは2016年の作品。

正直もうリバイバル的にでもこの手の音にスポットライトが当たることはないのかなあと、思っていて、だから一定層にしか好まれなくてファンが拡大するってことはないのかもしれないけれど、私はこういうサウンドが大好きなのです。冷たいサウンドの中に滲む抒情性と言いますか。それはミニマルテクノとかに比べたらはるかに機械的な質感は薄いし、感情性もあるように思うけれど、それでもラップトップ特有の冷たさっていうのはやはりあると思う。その冷たいテクスチャーに差し挟まれるメロディが、私の場合は、肝になってくるのだけれど、このMikk Rebaneはこのメロディセンスが素晴らしい。

ネットリリースを行うこの手のサウンドのトラックメイカーで私がファンと公言できる人物は何人かいる。いつも挙げるのは、“Transhumante”も記憶に新しいCrisopaや、寡作ながらその才能は折り紙つきのMosaik、GlitchyにしてビューティフルなIDMメイカーEnabl.ed (aka iameb57)、この3人がトップ3だったわけですが、今作や最新作を聴いて、このMikk Rebaneもそこに食い込む勢いですね。コンスタントなリリースと、クオリティが押しなべて高いというのがポイント。

Ambientな包容力、あるいはGlitchの妙、というよりは、メロディに寄っている印象が強くて、それがこのMikk Rebaneのキャラクタ―であるようにも思います。あとは‘Ex Masha’に顕著なように、楽器音―ここではギター(シンセサウンドかもしれませんが)を使ったトラックメイクも披露している―というのも特徴かと。たぶんこういう形じゃなくても、ギターとかピアノだけでも素敵な曲を作れるんではないかなあと思ったりもしましたが、いかがでしょうか。

(自分の中で)ザ・エレクトロニカなイントロを持つ‘Groupshift’も素晴らしい。(これまた私の中で)深海IDM/Electronicaと呼ばれるカテゴリーがあるのだけれど、そこに属する。まあ深海なんて行ったことないわけだけれど、真っ暗で光もささず、何ら感情性のない冷たい流れがある中で、微細なクランプトンの死骸―マリンスノー―がゆるやかに舞い、降り注ぐ、冷たくて幻想的な、そして神秘的な風景。ロングトーンなシンセがコーラスと共にうねる‘Blind Fox’s Rain’も、陽光乱れる川面の流れにさまようノスタルジアなイメージでよい。

そして今作で(最も)特筆すべきはラストの‘Premortem’でしょう。ストリングスサウンドで以て繰り広げるドラマティックで壮大なサウンドスケープは作品の終幕にふさわしい。Classicalな気配もありながら、しっかり電子音もまぶしつつ、それまでのどのトラックとも違っていて、悲しみや別れ、何がしかの決意を感じさせるような、とても感動的、情動的なものになっている。

IDM/Electronicaが好きな方は、是非ぜひ、過去作も含めてどうぞ。


+ + +


(CC) by – nc – sa 3.0



Crisopa – Transhumante

 Crisopa - Transhumante Cover

 – Tracklist –
 01. Bird Song Reincarnation
 02. I am the lord of these ruins
 03. Fast Dive
 04. Serene Option
 05. Melting Wax Sculptures
 06. Fluorine Cold Flames
 07. Irradiating Nucleus



 - 03. Fast Dive


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.01.27
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, Melodic, Shoegaze.


 Related Links :
  ≫ Crisopa on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter


+ + + + + +


スペインのトラックメイカーCrisopa(Santiago Lizón)が、久方ぶりのネットリリース! 2010年に名作の誉れ高い“Last Membrane”をドロップしてからは、n5MDから作品をリリースするようになったので、まとまった作品をこうしてネット経由のファイル形式のみでリリースするのは7年ぶりということになりましょうか。

しつこいようですが、彼Crisopaは間違いなくネットレーベルというシーンの盛り上げに一役買ったと思っています。フリーでの配信でありながら、異常なクオリティを誇ったトラックたちは、こんな世界があるのかと私を驚かし、その世界に私を導いてくれたのです。そしてフリーの音源に対する偏見を打ち破った。その微細でドリーミィな音空間に魅了されたリスナーも数多くいるでしょう(おそらくいまだに過去作を経由する形でのファンは増えていると思う)。一時期は過去のネットリリースをまとめてZIPファイルで公開していたのですが、今は取り下げてしまったようです・・・、気になる方はDiscogsなどを参考にマメに手に入れてくださいね。

で、今作になるわけですが、これまでにちょっとずつSoundCloudで公開していたトラックたちをコンパイルしたものでして、ここで初出しというものはないようです。でも先に公開したときはダウンロードできる形ではなかったので、このリリースはうれしいですね。ジャケットイメージがコレなのは、何でなのか・・・、タイトルの“Transhumante”はスペイン語で“移住性の”という意味になるようですが、そこと無関係ではありますまい。自身のことを差しているのか、それともトラックたちに秘められたイメージなのか。

CrisopaらしくありつつもCrisopaらしさからの脱却を図ったような、n5MDからの“Biodance”、そして“A Lucid Dream Kit”。それらと聴き比べると(私としては、久々にその2作を聴き返したのである)、はるかにCrisopaらしさがカムバックしているように感じられ、すなわちn5MDからの作品にどうにも煮え切らなさを感じていたワタクシは、ここで留飲を下げたのである(えらそうだな)。ビートを携えつつもアブストラクトなAmbient空間が強調されていた件の2作では、Crisopa特有のドリーミィでコズミック、Shoegazeにも通じるDroningなレイヤーと、そこに流れるフックのあるフレーズ、メロディ―これらが廃されているように感じられたのだけれど、今作においては、少なからずその音作りが復活している。

夢幻のヴォーカルトラック、‘Bird Song Reincarnation’。ディレイを効かせたドラムがAmbient空間にエモーショナルに響き、ストリングスが優雅に舞い散る‘I am the lord of these ruins’は、どこか‘Last Membrane’を彷彿させる。これぞCrisopaな、IDM/Electronica~ShoegazeがブレンドされたAmbientなサウンドスケープ‘Fast Dive’‘Serene Option’

ちょっとダウナーな悲しみが漂う‘Melting Wax Sculptures’とか新しい気がしますが、こうして聴いていると、ドラムの音色にある生っぽさ(実際生演奏ではないと思う)が、これまでにはあまりなかった要素かなあと思ったりもする。でも電子的なリズムとの合わせ技なので、それ一辺倒というわけではない。あとストリングスが随所で使われているのもあって、今までよりも有機的なイメージが強いかもしれない。

総じて聴いてみると、往年(という言い方が正しいか分からないけれど要はネットレーベルで活動していた頃)のCrisopaと、n5MDに所属してからのCrisopaの、間に位置づけられるようなサウンドではあるまいか。現時点ではそんな印象が強い。とにもかくにも、ネットリリースからは足を洗ったと思い込んでいたので、この突然のプレゼントはうれしい限りではありませんか。みなさんありがたく聴きましょう。

ちなみにCrisopaの現時点で最も新しいトラックはPlataforma-LTW(まだ健在だったとは!)からのコンピレーション“A gift for Rec_Overflow”収録の‘Feed the Queen’。興味のある方はそうぞ。

―では最後に、私がCrisopaのトラックでいっとう聴いているものを、ふたつ(いっとうと言いつつふたつ)あげて、アディオス―



 - Matching (from “Last Membrane” [escala 1:6] )







 - Fibra De Carbono Y Cambios Automáticos (from “Filamentosa EP” [PIR02]) : このコズミック感、鳥肌立つわ。10年以上前だなんて!


+ + +


(CC) by – nc – nd 3.0



OVI – Artificial Sweetener

 OVI - Artificial Sweetener Cover

 – Tracklist –
 01. Lazy memories
 02. Busy Shiba
 03. Gold Watch
 04. My night in Shibuya
 05. Keiichi



 - 01. Lazy memories


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.02.26
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Chill, Downtempo, Hip-Hop, Lonely, Piano.


 Related Links :
  ≫ OVI on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


窓の外は雨。テーブルの上には未払いの光熱費請求書。回り続ける浴室の換気扇の音が、低く響く。

冷蔵庫はもうじき空で、けれど外に出るのも億劫で。

読みかけの文庫を開くが、すぐに閉じる。

訪ねてくるものもなく、予定もない。

心臓の鼓動だけが、生きている証のような。

静かな休日。

そんな“とき”に、似合いはしないでしょうか。

Pianoの澄んだ音色とメロディは漂白的で私の心を白く塗りつぶし懐かしさへといざなう。ルースなHip-Hopのビートはぼんやりとした憂鬱にピッタリだ。

と、うつつを抜かしていると、急に差し挟まれる日本語のセリフに目を覚まされる。“買いに行ったら売切れてたんだよね”と謝る男、“ボヤボヤしてるからでしょ”と怒る女。“ケンタくんはサキちゃんに何をお願いしてたかなあ?”という教育番組のようなナレーション。いったい何が示されているのかといぶかしんでいると、“焼きそばパン!”と声が上がり、“焼きそばパン終わっちゃったな、ゴメンね!”と別の声が答える。そして“売切れてたんだよね”、“ボヤボヤしてるからでしょ”という冒頭のやりとりに戻る。問があって、それに対する一応の答えは得られているわけだが、それがここにおいて何の意味があるんだろうか。甚だ疑問だ。

町の雑踏(ここも日本語だ)とChipsoundのような煌びやかな音色が組み合わさった‘My night in Shibuya’も不思議なトラックだ。ドリーミィでサイケデリックで、都会の夜の喧騒に包まれながら一人歩いているような、(仮想的)孤独感がよくあらわされている。にぎやかさとの対比で己の孤独感が浮き彫りになるのだな。だから都会の夜は奇妙に―真っ当にではなく奇妙に―さびしいのだ。その寂しさに侵食され、取りつかれた者たちが、知らず知らず、何かにおぼれていくのであろう―と、どうしようもない想像をしてみる。

ラストの‘Keiichi’もまた、古ぼけたエレキピアノのような音色に、サワサワとした雑踏の声(のようなもの)が、静かに絡み合う。足元のビートはトボトボとした家路への道だろうか。どこか夕暮れどきの住宅街が思い起こされ、我知らず、追憶。

そんな仮想的な孤独感と追憶が途切れたときに、己が実際部屋に一人であることに気づき、現実的な孤独感に襲われるのであった―いや襲われてはないけどな。

OVIさんがどこのどなたか全く存じませんが、なかなかに私の日常に寄り添ってくるではありませんか。短いけれど印象深い作品です。ちなみにタイトルの“Artificial Sweetener”(人工甘味料?)はDaisuke Tanabeさんのトラックから拝借しているそうですよ。


+ + +


Note :

Taking a name from a favorite song by Daisuke Tanabe, “Artificial Sweetener” is a vibrant EP that focuses on things in life we rarely remember. The small details in our routine that create such melody, yet we forget to listen.



Wondering Albatross – birch

 Wondering Albatross - birch Cover

 – Tracklist –
 01. Norilsk
 02. Ust’-Kut
 03. Nyurba
 04. Oymyakon
 05. Aykhal
 06. Gyda



 - 02. Ust’-Kut


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.03.24
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Beatless, Calm, Drone, Nature.


 Related Links :
  ≫ Wondering Albatross on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


ふとFacebookのタイムラインで流れ来たのが、この作品でした。ポストしてくれたのはricrdo。彼は頻繁に音楽関連の投稿をしている―日本の音楽も多く、Number Girlや横田進なんかもある―ので、これも他の人の作品、つまりレコメンドなのかなと思っていたんですが、どうやらご本人の別名義のようですね(違ったらゴメンナサイ)。そんなricrdoも日本のレーベルEasy + Niceから編集盤“Spica”を発売したばかりですが、それはここでは置いておいて―

このWondering Albatrossのサウンドが非常にいい! 言ってしまえばAmbient/Droneだし、そんなのみんな一緒じゃないかって思う人もいるんでしょうけれど、複数作品を(聴く耳をもって)聴いてくれば、そこに傾向性の違いがあるというのは感じ取れると思うんです。私の場合は手法ではなくて聴取感(聴いた感じ)で区別するしかできませんが、こういうピュアなトーンのAmbient/Droneにおいてさえも、やはり“トラック”ごとの違いというのはあるわけで。たとえばArcticology(おそらく活動終了してますね)とか、The Inventors of Aircraftとか、Kendall Stationとか、alessとか、netaudio界隈における私の好きなAmbient/Drone作家もいるわけですが、それぞれやっぱりちょっとずつ違う。そしてこのWondering Albatrossも同じく、やっぱりちょっと違う。

イメージでいうと、何にもない陽だまりっていうかね。制作者のイメージと異なるかもしれないけれど。あるいはあるがままっていうか。それは自然といってもいいのか、どうか、自分でもよく分からないのだけれど。まあ大きい目で見れば人間も自然の一部だとは思いますが、人の手が入っていない、そのままの存在というか―陽が上り、雲は流れ、木々は風にゆれ、やがて日が沈むと、空には月と星が輝き、草木も眠る―その何でもないサイクル、そこにおける思考の欠落、何者の意志も感じさせない、その在り様が、ただひたすらに、心地よい。ポジティヴな意味で空っぽなんですよ。無。into the void.

私の中で今作のイメージに非常に近しいのは、Aphex Twinの‘Rhubarb’なのですが、そちらはややドリーミィな調子があるのが違いと言えば違い。何もかもを曖昧な輪郭にして、過去へと(あるいはここではないどこかへと)押しやり、その結果、私の現在が(一時的に)空っぽになる。それは決して悪いことではなくて、その瞬間、まるで自分が自然の一部になったような、存在しながら存在していないような、不思議な錯覚に陥るのです。冷たくもやさしくもないその許容ですが、なぜだか私はとても安心するのです。

ということでせっかくなので、上に挙げた4者の、特に好きなトラックを以下に示して終わりといたします―



 - Arcticology – Polybius (from “Music For Daydreamers” [earman053])



 - The Inventors of Aircraft – A way in (from “As it is” [RB088])



 - Kendall Station – Mend (from “Mend” [tube233])



 - Aless – Like Looking Through Broken Glass (from “i’mmobile” [DIST017])


+ + + + + +


Cover photo by Oddbjørn Kvalvik

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。