ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: bandcamp

Strawberry Hospital – Grave Chimera

 Strawberry Hospital - Grave Chimera Cover

 – Tracklist –
 01. Memento
 02. Canary Mane
 03. Chimera
 04. Holoparasite
 05. Cherish
 06. Arowana’s Scarlet



 - 01. Memento


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.08.06
 Label : Not On Label

 Keywords : Alternative, Ambient, Emo, Noise, Screamo, Shoegaze, Pop, Punk, Vocaloid.


 Related Links :
  ≫ Strawberry Hospital on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


PURE AESTHETEにも所属していたトラックメイカーStrawberry Hospital。新しい作品が2018年に出ていました(そしてこれ以外の作品は消してしまった…のか?)。

紹介文には―

Grave Chimera is a 6 track autobiographical album that emulates the complex feelings that come with issues like childhood trauma, sexual dysfunction, suicide, escapism, and gender dysphoria.

―とありますが、そこからうかがい知れるように、以前よりも内面的、内省的なアルバムになっている印象です。以前のサウンドといえば、Vocaloidが歌うPopなメロディにElectronicなバックトラック、ドリーミィな空間づくりが特徴で、それは日本人のリスナーにもアピールする心地よいものでした。対して今作はというと、少なくとも表面的にはハードでアグレッシヴな部分が目立っています。Noiseという部分でいえば、以前の作品にもShoegazeな要素はありましたが、ここではもっとハードコアな方向に振っています(何ならジャケットイメージにあるタイトルロゴもハードコア系のそれ)。

ディストーショナルなギターサウンドに加え、メロディックなパートを歌い叫ぶ(ここがVocaloidなのかは不詳)という、いわゆるEmo~Screamoに近いサウンドを鳴らしているのが今作の最大の特徴でしょう。といってもバンドサウンドではないので、リズム面でマシーナリーなエディットもあるし、フワフワしたシンセサウンドも使われている。でもこういった電子的なハードコアサウンドと親和性の高いBreakcoreな方向にはいっていないのが、ユニークに感じます(一時期のMeishi Smileなんかを彷彿とさせますね)。

精神的な鬱屈とした部分をモチーフにしているのであればもっと黄昏たサウンドになってもおかしくないと思いますが、苦しいときに強い気持ちで何かを願うような、そんな思いの強さがこのサウンドを生み出しているのでしょう。否定したい自分や、打ち消したい過去といった、誰しもが心の中に持っている影の部分に思い切って立ち向かっているが故の、焦燥感、暴力性。しかし冷静さを失わずに過去を懐かしむような目線もあり、Ambientなワンミニット・トラック‘Holoparasite’などは作中随一の郷愁。続く‘Cherish’は過去作のファンも留飲を下げるであろう、ドリーミィなVocaloidトラックになっていて、サービス精神も発揮されている。M-1のMetalっぽい耽美的雰囲気も魅力的。

Vocaloidを使用しながら、Ambient~Emo~Screamo~J-Popを股にかけたドリーミィサウンドを作り上げるこの手腕、巧みです。ラストの‘Arowana’s Scarlet’のハードコアパートとドリームパートの自由自在感とか凄いですね。しかもAmbientな哀愁で終幕させるという力技。

The ultimate goal of Grave Chimera is to serve as a form of therapeutic musical catharsis.

という言葉を見て、よくよく考えると、Strawberryというキュートでドリームなイメージと、Hospitalという(メンタル)ヘルスケアなイメージを融合させたこの名義―Strawberry Hospitalの名前に、もっともふさわしい作品なのかもしれません、今作。


+ + +


Note :

Grave Chimera is a 6 track autobiographical album that emulates the complex feelings that come with issues like childhood trauma, sexual dysfunction, suicide, escapism, and gender dysphoria.
Drawing influence from metal, j-pop, VGM, and industrial, Grave Chimera is self indulgent, nihilistic, and intimate.
Merriam-Webster defines “Chimera” as both “an illusion or fabrication of the mind; especially : an unrealizable dream” and “an imaginary she-monster compounded of incongruous parts”.
Grave Chimera explores the long term effects of psychosis, fragmenting your identity and leading you through an altered state of reality in which everything wants to destroy you.
The ultimate goal of Grave Chimera is to serve as a form of therapeutic musical catharsis. This an album for trauma survivors, for trans folk, and for anybody who can find solace in being able to relate to my experiences.
Thank you.



VIRTUAL PVNDA – A.Bon.Danse

 VIRTUAL PVNDA - A.Bon.Danse Cover

 – Tracklist –
 01. Light Showers
 02. Faded Memory
 03. Her Tears
 04. Tsukiji Tuna Shop
 05. Noble Rot
 06. Weiss Endless Waltz
 07. Metro Transit Power Nap
 08. Forest Slumber Party
 09. Liquid Dream Ending Sequence



 - 02. Faded Memory


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.06.09
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Electronica, IDM, SynthWave, Trap, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ VIRTUAL PVNDA on bandcamp


+ + + + + +


まったくもって、素晴らしい。VIRTUAL PVNDAの作品は、いつだって私の琴線を揺さぶってくる。

とんとチェックを怠っているうちにリリースされていた最新作は“A.Bon.Danse”。全9トラック。

近作からの大きな路線変更はなく、アンビエントな空間に、スローなメロディ、ところによりトラップビートが入り込んでくる。メロディを奏でるのはシンセサイズな音色で、ディレイやリバーヴをかけられたそれはリスナーの中にノスタルジックな思いを引き起こす。今作は特にノスタルジャーな傾向が強いように思われます。“Light Showers”“Faded Memory”“Her Tears”“Liquid Dream Ending Sequence”といったタイトルも、記憶や思い出ににまつわるエトセトラを想起させ、すなわちシャイニング・メモリーなのですね。

スピリチュアルな話になるのかもしれませんが、心が帰る場所っていうのは、みんながみんな持っているものなのでしょうか。原風景、とは少し違うのかなと最近思い始めているのですが、郷愁と共に脳裏によぎるシーンとでもいうような。実際に訪れた場所というわけでもなく、いつかどこかで見た光景なのかもしれませんが、それほど具体的なものでもなく。テレビや映画でもよくあるシーンのような、川面に陽光が反射しているような、不規則なキラキラとした光の動き、光と影のコントラスト、うねり、けれどそこには8mmフィルムのような粒子の粗さがあって、ただそれが延々と、頭の中を流れ、私はそれを見つめ続けるという。そんな場所。それがなくなったからといってきっと困ることはないんだろうけれど、でもなくなるのは嫌だなあと最近思っているという、ああ、何かよく分からない展開になってきましたね。

この作品に限ったことではないんですが、そのシーンを脳裏に呼び起こす音楽作品というのが世の中にはあって、もちろん今作もそうなんですという話。M-2とかマジでたまらないのですよ。ちょっと音が割れ気味になるところもあるんだけれど、それすらもレトロ感の演出に一役買っている気がする。M-7の物憂げな休日感もいい。全編ビートがトラップ経由だけど決してそこに違和感はない。よくマッチしていると思うしそこが今様なのかなとも思う。でも前から言っているように、IDM/Electronicaの側面も相変わらず感じられるし(実際タグにも“Electronica”は使われてますね)、ビートがもっと複雑化したものだったり、あるいはノンビートのものも聴いてみたいなあ。まあそしたら、VIRTUAL PVNDAらしさは失われてしまうかもしれないけれど。

タイトルの意味をいまいち把握できていないのですが、もし“盆踊り”だとしたら、なかなか気が利いている。死者を供養するための踊りである“盆踊り”。死線を越えた向こうから現世を懐かしむかのような郷愁サウンドと、鎮魂の踊りというのは直接的でないにしろ、リンクすると思いませんか。いやそれよりも、もっと単純に、ここにあるサウンド自体が魂を鎮めるために鳴り響いている、そんな風にとらえることもできるのかもしれません―

だんだんとリリースの頻度が少なくなってきているのが気になるけれど、でも今作が素敵なのでしばらくはこれを心に沁み渡らせようと思います。


+ + + + + +


Volca FM + Novation Circuit + PO-12 + PO-20 + PO-14



ブルックル – discography 2018

 ブルックル - discography 2018 Cover

 – Tracklist –
 01. ひばりが丘 [dvdkm]
 02. im like so desperately social
 03. i dont even say a word
 04. memory…
 05. shes so cute
 06. she controls my emotion
 07. eternity【不安と短い金髪】
 08. me and you (it never works out)
 09. ピンクパラソル
(※私が初めて目にした時よりトラックが増えているので、今後も追加されるのかもしれません)



 - 08. me and you (it never works out)


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.01
 Label : Not On Label

 Keywords : Beats, Hip-Hop, Indie, Lo-Fi, Trap, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ ブロックル on SoundCloud / on bandcamp / on YouTube / on Twitter


+ + + + + +


ノスタルジアとグロテスクなイメージはこと私の中ではなぜか結びつきやすい。なぜか。そこに純粋な何かがあるからだろうか。ブルックル(あるいはブロックル)の作品にある、ノスタルジックで、でもグロテスクで(それは主に視覚的な部分による)、無垢なイメージは、私の中できれいに結びつく。そこに違和感はない。

抒情的なピアノの旋律を活かしたBeatsなトラックが主になっているようで、VaporWaveというよりはBeats/Hip-Hopに寄っているような気がします(チキチキビートはTrap経由だろうか)。でもこれまでの作品の中ではもっともVaporWaveに接近しているのかもしれない。nemuri winter系というにはちょっと煙っぽくて、memory cardsに近しいような気もするけれど、あんなにドリーミィではない。M-2なんか十分にドリーミィじゃないかって言われるかもしれないけれど、この日曜日の昼下がりに何もすることがないときの空気みたいな、ダルッとした調子、どちらかというと憂鬱ではあるまいか。M-3にあるような日本語のセリフをサンプリングしたスタイルも珍しくはないけれど、そこから醸される恋愛に関しての思い悩みは多分に思春期的で、やはりそこには無垢なイメージがよく似合う。

リノリウムの床と、ちょっと暗い体育館と、紺色のブレザーを着たあの娘と、いつも晴れない私の気持ち。頬杖ばかりつく机の上。正面玄関、下駄箱の前に植わっていたのはサルビアで、その蜜を吸っていたのは、もっと前の記憶か。懐かしいけれど、特別に楽しくはない記憶が、フワリとよみがえる―明るくもなく、ちょっぴり憂鬱な毎日。それを懐かしく感じさせてくれるのが、音楽の素敵なところ、かもしれない。いつか見ていた景色も、意味のあるものに、思わせてくれる。喜びも、悲しみも、やがて懐かしさに変わる、のか。しかしそこにあった無垢で、それゆえにグロテスクな憧憬はいずこへ――果たしてそれは、懐かしさと共に、蘇る、のか――


intentional.trauma / 君へ恋文



+ + +


 Note :

tracks i released by themselves or on compilations in 2018
please support the people who helped share my music by supporting the tapes im featured in
credits

dvdkm

Some rights reserved. Please refer to individual track pages for license info.



Aika – Neon Pink EP

 Aika - Neon Pink EP Cover

 – Tracklist –
 01. Hotline
 02. I Love You, Goodnight
 03. Neon Pink (ft. Hana)
 04. Lovestruck (Neon Edit)

 - 02. I Love You, Goodnight


+ + +


 Stream Neon Pink EP from desktop or your mobile device

 Release Date : 2018.03.16
 Label : Not On Label

 Keywords : Electronic, Dubstep, EDM, Future, Pop, Vocal.


 Related Links :
  ≫ Aika on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on Spotify


+ + + + + +


SoundCloudに現れた頃から耳の早い音楽ファンの間では注目されていたAika。ふと目と耳を話していたすきに、SoundCloudのフォロワーは1万人を超えているし、リリースもコンスタントに重ねているし、精力的な活動をしているではないですか。

そして相変わらず作品のクオリティが高い。

基本的にはEDMやDubstepなどを経由した―Future Bassとも無縁ではないだろう―今様なElectronic musicなんだけど、何といってもどのトラックにもメロディが流れている点が特徴です。M-2‘I Love You, Goodnight’なんてこのファンタジック/ノスタルジックなな出だしはどうですか。一発で引き込まれてしまう。ここではVocaloidかな、ヴォーカルを入れているけれど、EDM然としたハイプレッシャーな音像ながら、Melodicなウタモノとして機能している。どっしりしたリズムとシンセの絡みから立ち上る雄々しさ(のようなもの)、そこはかとなく滲む抒情。実にエモーショナル。鳥肌が立つ。

M-3‘Neon Pink (ft. Hana)’のこのロマンチックなイントロも好き。じきにいつものサウンドに移行していくのだけれど、ホントにメロディ指向、Pop指向だよなあと感じます。リズムとシンセの組み方だけでも十分に聴かせてくれるのだけれど、歌の力もあるし、またこのトラックに限ったことではないけれど、和楽器の音色や、Chipsoundをスパイス的に散りばめることで、雅な響きや煌びやかさがフワッと漂ってくる瞬間があって、(正直それらがなくても成立はすると思うんですが)、一粒で何度も美味しいトラックになっています。こういう情報量の多いトラックを作る人ってどういう頭になってるんだろうっていつも不思議です。試行錯誤の結果だとは思うんですが、音楽の作り手ではない私はいつも感心するばかりです。パズルのピースのように当てはめていくにしても音色のチョイスもあるでしょうし、どうやって組み立てるのか、気が遠くなりそう。

ラストの‘Lovestruck (Neon Edit)’のファニーなイントロもフックがあるし、どのトラックも傾向性は似てるんだけど、違った魅力を持っていて、器用だよなあ、才能だよなあ、これは沢山の人に聴かれるよなあと、人気獲得にも納得。でも正直もっともっと爆発的人気でもいいと思うし、プロフェッショナルな活動もできると思うんですよ。そうなってないのはやっぱり埋もれちゃってるってことなんでしょうか。私がこういう傾向の音楽にあまり執心していないので、気づいていないだけで、ジャンル的に観た場合は、特別に飛び抜けていないんでしょうか。そんなことないと思うんだけどなあ。いや逆に私の耳にも入るくらいってことは、やっぱりスペシャルなんだと思いますよ。

今後も要注目なトラックメイカーであることは間違いない。聴いたことない方はSoundCloudを訪れて色んなトラック聴きまくってください。全部良い。あと今作、FutureでサイバーでDreamなジャケットイメージもグッド。

 - Make Believe : 割と控えめだけどやっぱり雅でPopだし。いい按配。

 - Camellia : 走りながら、泣きながら忘れようとするような。加速するノスタルジア


+ + +


Artwork: TheRyDesign
twitter.com/TheRyDesign
www.therydesigns.com



kogane – 2017 Discography

 kogane - 2017 Discography Cover

 – Tracklist –
 01. Don’t Be Scared
 02. Bittersweet
 03. Stay Gold
 04. Everything We’ve Done
 05. Sapporo
 06. Spring
 07. Welcome Home
 08. Memory Box (Bonus)



 - 03. Stay Gold


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2017.12.07
 Label : Not On Label

 Keywords : Acoustic, Ambient, Dream, Electronica, Indie, Sad.


 Related Links :
  ≫ kogane on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter / on YouTube


+ + + + + +


タイトル通り、koganeが2017年にリリースしたトラック(プラス、ボーナストラック1曲)をコンパイルした作品になるようです。

こういうサウンドって何と呼称するのがよいんでしょうね。いや聴くのが一番早いんですけれど。なかなか一言でいえる言葉がないものかなあと、いつもモヤリとします。サンプルベース、なのかどうかは分からないんですけれど、感傷的なメロディに、Acousticな音色による装飾を施した、シンプルな音作り。使われている音色にはチャイルディッシュなムードもあったりして、どこかに可愛らしさもあり(強引に今風につなげるなら、そのキュートさはFutureBassのそれにも通じるのかもしれない。強引に、だけれど)。

音から立ち上がる風景は、個人的には北欧を感じるのです。Sigur Rósのような、悲しげな涼としたコーラスや、抒情的なPiano、ペダル・スティールのようなトュワーンとした音色など、透明感あふれるサウンドが盛り込まれていることが大きく影響していると思われます。加えて‘Sapporo’なんていうトラックもありますしね。雪景色が似合うサウンドです。そしてその寒さは心をキュッとさせるのと同時に、そこから少しの悲しみを漏れさせるのです。けれど穏やかなディレイは優しく降り注ぐ日光のようで。すべてをドリーミィに包んでいくのです。

凛とした空気、このファンタジックで、切ない調子。そしてどこかしらキュート。果たして何かに通じるなあと、一瞬思って、頭の中でそれを追いかけていったんですが、私の中ではCloud Rapだったんですねえ。FRIENDZONEとか、私の大好きなmemory cardsとかの遺伝子ってのは、どこかしらにあるんではないかなあ。そう思います。いやもっと直接的にシンパシー感じるトラックメイカーとしては、ollitatsumi portが、すぐに出てくるところではありますが。このkoganeも、その系譜に連なる素敵なトラックメイカーだと思います。koganeって日本語でしょう?、きっと。名前も何かよい。こんなんストリーミングでふいに流れてきたら堪んないよな。

力強いサウンドではないけれど、空間を作り上げる確かな包容力。◎。


+ + +


 Note :

Compiling every song I released in 2017 plus 1 bonus.

Thank you for listening. This year has been a very odd one for me. If it wasn’t for music, I have no idea where I would be.



Hevel – Insides

 Hevel - Insides Cover

 – Tracklist –
 01. Lines Run Through
 02. Curls
 03. In Springtime
 04. Throw Me High



 - 02. Curls


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.08
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, Memory.


 Related Links :
  ≫ Griffin Duffey on SoundCloud
  ≫ Hevel on bandcamp


+ + + + + +


技術的なことは詳しくないけれど、DroningされたPost-Rockともいえる音風景(それはおそらくギターにエフェクトをかけているという意味で)は、この界隈では私などはLowercase Noises(Andy Othling)が真っ先に頭に上ってくる。実際Hevel(Griffin Duffey)のSoundCloudでは、Lowercase Noisesがフォローされている。

warmlyなAmbient/Droneが4トラック。トラック間で大きな差異はなく、どこにおいても、春先の陽光のような、心地よい暖かさをもったレイヤーが、沁み渡ってくる。“Insides”というタイトルにどんな意図を込めたのか、分からない。けれどここには、たとえば我が家に帰りつき、その扉を開けた時のような、安心感というヤツが流れているように、私には感じられる。M-2が私にとってはクライマックスで、この何というんだろう、夏の日の夕暮(さっき春先とは書いたが、ココは夏が似合う)のような、ボンヤリとした、心地よい消耗感。それがどこか幼い日の記憶とリンクするのだろう。そしてそれが私の中の“ホーム”につながっていくのだろう(それはうがった見方をすれば“子宮”にもつうじるんだろうか)。だから私はここにノスタルジアを感じるのだろう。それは恍惚という言葉で言い表せるほどに、危ういバランスで、私の中に発生する。

Ambient/Droneを聴いていていつも思うのは、明確なメロディがあるわけではないし、エッセンスとして取り入れるならまだしも、そのサウンドがピュアなトーンに近づけば近づくほど、トラックごとの弁別は困難になる。にも関わらず、やはりそこには確かに違いというヤツがあって、たとえば私がどんなAmbient/Droneにもノスタルジアを感じて恍惚とするのかといえばそれは違うわけで。私の頭の中にどんなスイッチがあるのか分からないけれど、不思議だな、神秘だなと、いつも思う。昔エモいバンドをやっていた知人に“最近どんなん聴いてるの?”と聴かれて“Ambient”と応えたら、“あのタルいやつ?”と一笑に付されたので、どんな人にもこういうスイッチがあるわけではなさそうだ。

M-4などは中途から荘厳な様相をみせてくるのだけれど、前半部のこの間(ま)をたっぷりとったパート、余韻がもう、たまらない。呼吸のような、波のような。ディレイが消え去ったあと、一瞬の空白、静寂に、いつかの記憶がちらつく。つかめそうでつかめない。もう手の届かない思い出。



ppg choir – WINDOWS

 ppg choir - WINDOWS Cover

 – Tracklist –
 01. floater
 02. growing
 03. arrpps**
 04. haze tower
 05. plus/minus
 06. consciousness.rar
 07. EXE



 - 01. floater


+ + +


 Release Page Download Free! / pay what you wish.

 Release Date : 2018.01.13
 Label : Not On Label

 Keywords : Ambient, Drone, NewAge, Soundscape, VaporWave.


 Related Links :
  ≫ ppg choir on SoundCloud / on bandcamp


+ + + + + +


雑踏の中に、ふと面影を見出して、曳かれることがある。他人の後ろ姿に、見知った誰かが重なることがある―歩き方、服装、髪型、背格好、どこかが、私の記憶に触れ、私の視線を引き連れていく。そんなことがある。こんなとこにあの人がいるわけがない、それは分かっているのに、視線は正直だ。目は口ほどにものをいう、とはよく言ったものだと思う。視線は他人を追いかけ、それが知らない人だと明確になった時点で、私がガッカリしているのか、ホッとしているのか、自分でもよく分からない。諦めているのは確かだ。

同じ場所に立って、同じ景色を見ていても、心が違えば、見え方は違う(心って何だよってツッコミは却下)。私はいつか自分が見た、見ていた景色を、音楽の中に見出すことがある。言うまでもなく、音の中に景色はない。つまりは音から喚起される感情、それがいつか特定の景色を見ていたときの私の感情とリンクしたときに、私はその景色を、脳内に再び立ち上がらせる。ことがある。しかし明らかに、年齢を重ねるごとに、その景色が立ち上がる頻度は減ってきた。かつて心に焼き付けられた感情も薄れ、またこれから感じるであろう感情も、かつての比ではないのかもしれない。やはり多感な時期―思春期のような―はいつまでも続かないのだろう。か。

何となくボンヤリと、そのようなことを感じていたのだけれど、この作品を聴いて、久しぶりに、くすぶっていた感情を刺激されたのか、いつかの景色(のようなもの)が、私の中に立ち上がってきた。いやあるいは、どこにもない、“いつか”を、音楽の中に探し続けていた。そんな時間を、思い出す、ような。

ミニマルで、スローモで、ウェットなサウンド。モコモコとした耳触りと、フワフワとした浮遊感の中に、ときおりたなびく輝きは、とてもヘヴンリー。決してクリアにならない、くぐもった音像がまた、記憶の中のワンシーンのような、あいまいなセピア色のシーンを演出する。そこには思い出はなくて、ただ懐かしさだけがあって。天上に保管され電極につながれた脳が、電流を流されるたびに、ただただ懐かしさに打ち震えるような、空しさ。だがその感覚は嘘ではない。

私の大好きなmemory cardsの‘All The Things You Saw In Me’の中で、‘想い出に抱かれて今は’がサンプリング、エディットされている。冒頭に書いたような、雑踏の中で面影に曳かれてしまったとき、私はいつもこの歌の歌詞を思い出す。私はまだ想い出に抱かれているのかと。いやそんなはずが。いや、ここでこんな文章を書いている時点ですでに――

ppg choirはどこのどなかたまったく存知ないのですが、よい作品だと思いマス。明確にVaporWaveを標榜してはいないけれど、そっちのファン(特にノスタルジア指向のVaporWaveファン)にもアピールするサウンドだと思います。ボヤけたスカイな、思い出をくすぐるような、ジャケットデザインもハマってる。気になった方はほかの作品も是非。


+ + +


 Note :

all tracks produced by nicholas hohn in

grand rapids, mi
traverse city, mi
eugene, or