ABRAcaDABRA

Netaudio explorer

カテゴリーアーカイブ: Palettes

Elevation – No DnB in the 音楽室

 Elevation - No DnB in the 音楽室 Cover

 – Tracklist –
 01. Professional People Watching ft. Shanic 
 02. Auricom Labs
 03. I’ll Be Beautiful ft. Selerac
 04. Still Playing Pointless Newgrounds Games
 05. Honda



 - 03. I’ll Be Beautiful ft. Selerac


+ + +


 Release Page : Download Free! (* = pay what you wish.)
 ≫ [ SoundCloud ] / [ bandcamp*

 Release Date : 2016.10.24
 Label : Palettes

 Keywords : Drum’n’Bass, Electronic, Fantasy, Melodic, Sample-Based.


 Related Links :
  ≫ ☁Elevation☁ on Facebook / on SoundCloud / on bandcamp / on Twitter
  ≫ Pursuing Paradise on Facebook / on SoundCloud / on YouTube


+ + + + + +


アメリカのトラックメイカーElevation(Pursuing Paradiseの名義も持っています)の作品です。2014年に設立されたレーベル/コレクティヴ、Palettesからのリリース。レーベルはbandcampも持ってるんですが、そちらはなぜかコンピレーション・シリーズのリリースしか掲載されておらず、他の作品たちは異なる場所からリリースされています。crapfaceの“:):):)”(これもすばらしい)は特設ページおよびmediafireからだし、今作もSoundCloudのみでリリースされている様子。なので熱心に追っている人しか耳にできないような気がして、そこはちょっと気になるところです(追記:2017.01.22 現在はbandcampでも公開中)。

business casualBedlam TapesからリリースされたPursuing Paradise名義の作品もこれまで紹介してきましたが、そちらはコラージュ感覚の強い―VaporWaveにも通じますが、私の中ではちょっと違う―、アブストラクトで混沌とした音像が特徴的でした。全編地続きの一大混沌絵巻という表現をしたかと思います。

対してこのElevationではより分かりやすい、メロディに傾むいたサウンドを作っている印象があったのですが、今作もそこから外れておらず。しかし確実にPursuing Paradiseも垣間見せる個性的なDrum & Bass(Drum’n’Bass)だと思います。ストレート、ストイックなDrum’n’Bassが苦手(かといって享楽的なのもちょっと敬遠)な私のアンテナが受信した時点で何か他とは違う部分があるのでしょう。それをとらえてみたいと思う次第―

M-1のJazzフィーリングなPianoやブラスと高速ブレイクビーツの対比、というのは珍しくないと思うんですが、このどこかしらに滲むドラマチック、ファンタジックな空気、伝わりますでしょうか。M-2も回転する高速ビートがカッコいいのはいわずもがなで、中盤のベースとブラスとドラムを交えたこのシリアスなムードから、何か木琴みたいなチャイルディッシュな効果音やディレイの効いたヴォイスのサンプリングで醸される密かな狂気性、そのコントラスト。そしてM-3が私の中ではもっともPursuing Paradiseらしさを感じるの白眉のトラックなのですが、冒頭のこのファンタジー感たるや。VaporWaveからの影響も見えるスローモかつディレイなサンプリング・ヴォイス、しかしそれはメロディを湛えていて、リスナーを包み込むようで、また、Aphex Twinを想起させる優雅なストリングスとBreakbeatsの対比もトラックタイトル通りに、実にビューティフル。楽園を追及するPursuing Paradiseのエッセンスが濃度高めで注入されています。すごく好き。

硬派な展開の中にしっかりMelodicなフレーズとアクセントを入れたM-4や、Ambientな包容力と豪快なアタックが同居するM-5も、やはりそれぞれユニークで、EP全体でバランスに優れた良作だと思います。編集感覚、編集センスの賜物かもしれませんが、繰り返し聴いても飽きがきにくい。狂気性からくる美しさ、のようなものがチラチラと瞬いていて、非常に魅力的。惹きつけられるのです。あとタイトルもイイ。ネットリリースだから、いつ消えるやもしれないし、ダウンロード不可になるかもしれないので、入手は早めが吉だと思います!

ちなみにPursuing Paradise名義で11月にリリースがアナウンスされている“Lust and the Downward Spiral”のティザーもあるので、以下に―


Lust and the Downward Spiral coming November



そしてついでに、ちょっと変則的ですが、レーベルの紹介ということで、上で触れたcrapfaceの作品から、crapface x Zack Bruceによる‘U & Me’も貼らせてください。Nightcoreっていえばそうなんだけど、IDM/Electronicaっぽさもあって、Popなフィーリングも一緒にあって、作中でいっとう好きです。たまらん。



 - crapface x Zack Bruce – U & Me (from “:):):)”) :: (CC) by – nc – sa 3.0 ::


あと、まだある。日本のtoiret status(!)と組んだFlamebaitからの“T​.​D​.​I​.​M”もすばらしいので是非! Breakbeats/Hip-Hop/Sample-Basedなコラージュで、メカニカルな躍動感がめちゃかっこいい。熱い。



 - Elevation X Toiret Status – ET03 (from “T.D.I.M”)



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。